淺井カヨさん(モダンガール)が素敵!小平新文化住宅の見学予約についても

スポンサーリンク

ヒルナンデスに淺井カヨさんが出ていました。モガ(モダンガール)っぷりが素敵すぎて、凄いなと…。こだわり抜いて新築されたご自宅「小平新文化住宅」は趣味の域を超えて、文化・教育的にも価値のあるものだと思いました。服装・ファッションだけでなくライフスタイルも徹底している姿は尊敬に値します。気になったのでメモしておきます。

Sponsored Link

淺井カヨさんプロフィール

生年月日 昭和51年1月16日

出身地 愛知県名古屋市

出身校 東邦高等学校普通科美術・デザインコース(現・美術科)一期生、愛知県立芸術大学美術学部デザイン・工芸科デザイン専攻卒業

平成19年 「日本モダンガール協會」設立。

著書「モダンガールのスゝメ」に記載されているものということ。

音楽史研究家の郡修彦(1962生まれ)さんと2016年ご結婚されています。

ご夫婦で小平市にて大正末期から昭和初期の暮らしを実践されています。

細い通りが入り組み、時折子どもたちの元気な声が響く東京都小平市の住宅街。一般的な住宅が立ち並ぶ中、和風の木造建築に青緑色の三角屋根の洋館が付いた一戸建てが異彩を放っています。表札は「小平新文化住宅」。

淺井カヨさんと郡修彦さんが、2016年の秋に建てたご自宅です。古い建築物への造詣が深い2人が熱望したのは、1920年代から30年代にかけて流行した和洋折衷の「文化住宅」でした。現在は、当時の文化を伝えるため、随時見学会を開催していらっしゃいます。

【連載】 ひとつのテーマで住まいをつくりあげた方たちにインタビュー。自分らしい空間をつくることになったきっかけやそのライフスタイル、日々豊かに過ごすためのヒントをお伺いします。 1920~30年代に流行した「文化住宅」を…

小平新文化住宅を見学してみたい

今年度、秋からの見学予約が受付開始になっているようです。

ご自宅を見学させてくださるなんて…感動。

外観もすごく目立ちますから、いつもこんなふうに思っている人は多そうですね。

実際お住いになっている貴重なお家、それを公開してくださるのですから、凄いです。

小平新文化住宅の予約方法は?

東京都小平市「小平新文化住宅」「蓄音機鑑賞会&建物紹介」としてこのように案内されています。

予約するには、希望日時、人数と全員の名前、メールアドレス、代表者を記載してメールで連絡すると、折返しに詳細をご連絡くださるようです。

メールアドレスなどは公式ブログに掲載されています。まずはメールで連絡するようです。

淺井カヨさん公式ブログ

Sponsored Link

まとめ

ここまで徹底しておられると、単なるファッションや趣味ではなく本当に文化だなあと思います。それを惜しげなく公開してくださるのも尊敬です。

電気に頼らない生活、この度の災害やそれに伴う停電で考えることもありました。

コンロの火もマッチで点けるなど自分の手でする動作ひとつひとつが新鮮でした。

いつかお邪魔してみたい憧れの場所です。

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク