中学生が塾に行くタイミングや費用は?3年間の総額を計算してみた

スポンサーリンク

子どもが中学生くらいになってくると、勉強を親がみてやるのも大変になりますよね。勉強の内容もさることながら、素直に親の言うことを聞くような年齢ではなくなってきます。

塾はいつから通うと良いか、また費用はどのくらいかかるのか?うちの場合を振り返りながら考えてみます。

Sponsored Link

中学生の通塾開始のタイミングはいつ?

・子どもが学校生活に慣れてから?

ただでさえ環境が変わって、部活動も始まったりで大変な時期に、塾通いの負担まで負わせるのは…とも考えました。しかしうちは狭い上騒がしい弟もいるものでしたから、勉強する時間もスペースもないなと思ったので、中1になったタイミングで通わせ始めることにしました。

最初から生活の中に組み込むことで、学校から帰って夜は塾へ勉強しに行くのが当たり前、そういうものだと身につくようにという思いもありました。中1~中2の間は週2回、2時間で5科目ミックスの公立高校受験コースでした。

・受験を意識するようになってから?

お友達の中には、中3になって受験のことを考えるようになってから通い始める子も多く居ました。そういう子のほうが、気合が入ってぐんと伸びる印象でした。

うちの場合は行くことが習慣になっていただけに、緊張感もなく中3になってものんびりしていました。子どもの性格にもよるかもしれませんが、ダッシュして伸びるタイプは中3になるタイミングでも良いと思います。

費用的にも結構かさみますから、短期間で伸びてくれるならそれに越したことはないですね。中3の間は前半が週3回、後半は週4回の2時間、5科目をカバーするコースでした。

何のために通うのか?

勉強する人

進学校に合格するためなのか、日常の授業の補習のためなのか、どちらも満たす塾もありますが、大事なのは子どもとの相性です。

うちではたまたま中学3年間を同じ塾で過ごしましたが、部活動などとの両立もありますから、中学3年間ずっと同じ塾でなくても中1~中2は補習塾、中3で受験のための塾に変更することも選択肢に入れてよいでしょう。

塾選びのポイント

うちで重視したことはいくつかありましたが

・通いやすいこと

行き帰りは夜になりますから、自転車であまり危ない道を通らなくてよいところを選びました。結果的にバス通塾となり、バス代が結構かかってしまいました。

・高校受験コースが充実していること

公立高校受験の制度や情報に詳しいところで、進路相談にも乗ってもらいたいと思っていたので、中学受験や大学受験の塾のおまけではないことを重視しました。

・学校の友達がいるか、いないか

うちは通いやすさで選んだために、かえって遠いバス通塾の距離になり、隣町まで行く感じでした。ですので、同じ中学の友達がいませんでした。それがうちの場合は、良かったようです。

昼間は中学の友達と部活まで過ごして、夜の塾では違う環境で気分転換が出来ると言っていました。ほかの中学の知り合いと話ができて、学校とは関係のない関わりが気楽で楽しかったようです。

逆に、友達がいたほうがよいという子は、学校の校区内にある塾を選ぶとよいでしょう。塾が第二の居場所になることもあるようで、勉強だけでないポイントも重要です。

・集団か個別か

本人が、集団での授業についていけて、友人との関係から刺激を受けるタイプであるなら集団でよいと思います。うちの場合、長男は集団でよいですが、将来もし次男を通わせるなら個別指導でないと無理だろうと思います。

やる気がすぐ途切れてボーっとして、友人を見てもやる気が出るどころか、自信をなくすタイプだと思えますので。

Sponsored Link

中学3年間の塾費用総額は?

塾と言えば「月謝」のイメージですが、基本的な月謝✕12のつもりでいると、大きく想像を超えます。春期、夏期、冬期は講習費用として数倍かかりますし、教材費もあります。

塾のサイトや広告を見ても、詳細な費用はわからないことが多いです。うちに残っている記録ですべての費用が把握できましたので、ここで記しておきます。

中学1年 120分✕週2回(5科目)   ¥421,861

中学2年 120分✕週2回(5科目)   ¥436,860

中学3年 120分✕週3~4回(5科目)  ¥814,000

3年間の合計 ¥1,672,721

実は、合計は今初めて知ったんですが、結構してましたね…。今となってはどうやって支払っていたのかわからないです。これでごく平均的な塾だと思います。

教育費って本当に大変ですね。次男のときには正直出せないかもしれません…。塾にかかる費用のリアルな記録です。何かの参考になれば幸いです。

Sponsored Link
スポンサーリンク