サイファーの開催場所と参加方法は?素人初心者でもラップが即興でできるコツ

スポンサーリンク

テレビでもとりあげられるほど、ラップが一般的になってきたって、よく考えたらすごいことです。今や街のあちこちでサイファーと呼ばれるラップの集会が開かれています。駅前や公園などでラップを楽しむ人達に混じってみたい人もいるかもしれません。気になったのでメモしておきます。

Sponsored Link

サイファーとは?

聞き慣れない言葉ですね。英語?もはや何語かもわからない…。

もうこれだけでラップには独特の感性と世界があるように思います。

アメリカ合衆国のヒップホップ文化から派生したもので、公園や広場などでラッパーが集まり、円になりフリースタイルラップをし合うというもの。フリースタイルラップ(アドリブで行われるラップ)スキルを鍛錬したりラッパー同士の交流などを目的に行われる。

基本的にはラジカセやスマートフォンなどから音を流し、そのビートに合わせ順番にラップを自由にしていくが、決まったルールはなく、割り込み型で行われたりと様々である。音がなくてもヒューマンビートボックスなどに合わせて行うこともできる。

日本国内でも行われており、近年では駅前などでも定期的なものからゲリラ的なものまで行われている。

Wikipedia

通りすがりの誰でも参加できそうな感じですよね。フラッと輪に入って、上手ければその日からヒーローって感じになれそうで、それもいいのかもしれません。

サイファーってなんだ?言葉の由来もいい感じ。

サイファーはアラビア語で「ゼロ」という意味であり、ゼロ(0)は輪っかのため、「みんなで輪になっている」という姿を、ゼロに見立てたとされる。

輪っかの意味もいいですが、ゼロってだけで、原点とか、始まりとか、かっこいい意味がいっぱいですから。サイファーという響きも相まってラップ文化の広まりに一役買っていそうです。

サイファーはどこでやっているの?

近年は、かなりサイファーを開催している場所も増えたようです。SNSの普及も手伝って、開催場所や日時の周知が簡単に、かつ即時的にできるようになっていることも、気軽に開催、気軽に参加というスタイルを作り、ストリートでの開催という文化的背景に構造的にマッチしているといえます。

サイファーがどこでやっているかなどは、ツイッターなどリアルタイムで情報を得られるツールでの案内が多いです。ツイッターでサイファーやサイファー 場所などと検索すると…

こんな感じにいろいろ案内が出ています。

見てみたいっていう方は場所と合わせて検索してみてはいかがでしょう?

現在不具合で調整中のようですが、サイファーbotというのがそこらあたりの情報を集約しているようですね。

サイファーbot(一時更新停止中) (@cypherbot)さんの最新ツイート。全国のサイファー情報を共有する為のbotです。 サイファーとはラッパーが輪になってフリースタイル(即興)でラップをする事です。各地のサイファー情報やサイファーに関するツイートをRTしていこうと思います。

開催されるとこんな感じ。オープンですよね。

新橋の看板男(笑)

サラリーマンもラップが上手ければ、明日から有名人になれるというのもいいです。

サラリーマンのYシャツラッパーもいいですが、ファッションも追求すればもっとかっこいいですね。イケメンであればなお…。

普段、本業が様々だったりすることも、ラップの内容やパフォーマンスに影響するのでそういったラッパーの個性や背景を知ることも楽しみのひとつではないでしょうか?

Sponsored Link

ラップって難しい?コツはあるの?

でも、あれだけたくさんの言葉をしゃべるだけでも難しいのに、リズムに乗せて、ある程度意味もあって、韻を踏んでいたりと、かなり難しそうに思うんですが…。

気軽に参加、といっても周りで見ているだけ、になりそうですよね。

ラップのコツってあるの?って調べてみたら、ありました。さすがです。なんでもある。

練習用ビートっというものがあり、まずはそれを聞き、なんでもいいから韻を踏んでみるっというのが初心者向けのスタートだそうです。

お手本となるMC・ラッパーを真似ていく…。

フリースタイルラップの練習に欠かせない物、それはビートだ。色んなビートに対応できるようにならないとプロのラッパーにはなれない。YouTube以外でもかっこいいビ...
アツい言葉と言葉、パッションとパッションのぶつかり合い!そのMCバトルをやってみたいなら是非読んでほしい!

そして、最終的には即興ですることが目標ですから、言葉をたくさんストックして、聞いて、実際にやってみて、と慣れていくしかないのではないでしょうか?

それと、個人的に思うのは、結構肺活量も必要ですから、運動して肺を鍛えたり、呼吸のコントロールなどもしたほうが、うまくなるのでは?っということですね。

でも、素人や初心者がうまくなるコツって、実際のサイファーの場に参加して、とりあえずなんでもいいからやってみるって度胸では?とちょっと思います。

見たもの、思ったもの、気持ち、素直に出してみればいいのではって思いますが???

最後は、本人の思想や人となりがにじみ出てくる…そこがファンのたくさんできる人も生まれてくるポイントですね。単なるファッションや言葉遊びでない、人間性を垣間見ることができるというラップの面白さではないでしょうか。

もし、サイファーを見かけたら、じっくり聞いてみて、リズムのよい言葉の中にある、その人の背景や深みなどを感じ取ってみるというのはどうでしょうか?

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク