クールジャパンパーク大阪の名前がダサい?場所はどこなのかや由来についても

スポンサーリンク

クールジャパンパークというものが大阪にできると聞きました。

施設内の3つのホールに命名したのは明石家さんまさんというので話題です。

大阪城公園内にできるそうですが、どこにあるのか?どの会社が関係しているのか?

クールジャパンパークの名前について、そしてそもそもクールジャパンとは何なのか?気になったのでメモしておきます。

Sponsored Link

クールジャパンパークとは

2019年2月に大阪城公園内に開業する「劇場型文化施設」です。

WWホール(大ホール)、TTホール(中ホール)、SSホール(小ホール)のつのホールを擁し、大阪から「新たなエンタテイメントを発信」するとのこと。

世界に通ずるエンタテインメントの発信をテーマに、大阪城公園への訪日外国人をはじめとした国内外の来園者をさらに増加へつなげ、世界的な観光都市・エンタテインメントシティ大阪の魅力の向上と大阪および関西全域の経済・産業の成長に貢献するとともに、大阪城公園の自然・緑との調和を図り、皆様に愛される施設運営を目指してまいります。

劇場型文化集客施設が2019年2月に開業!世界最高峰のステージエンタテインメントショーが大阪で上演!

WWホール

1,138席+車椅子6

wwホール外観

wwホール中

TTホール

702席+車椅子4

TTホール外観

TTホール中

SSホール

300席 オールスタンディング:400~500人

SSホール外観

SSホール中

(画像はすべて公式サイトより)

ホールの名前は明石家さんまさんが付けたみたいですが、意味については「永久に答えは出ない。見る人、使う人で考えて」って、さんまさんらしいですね。

WWホールのこけら落とし公演は「KEREN(ケレン)」。殺陣や振り付け、音楽に和の味わいを取り入れながらプロジェクションマッピングなどを取り入れて、大劇場いっぱいを利用した10景のショー形式とする。

脚本・演出の高平哲郎さんは「日本語のけれん味とは、はったりごまかしの奇想天外な世界。おかしく不思議で格好いい日本を表現する」と説明した。物語性はなく、映像と出演者が絡んだ言語的説明不要の内容となる。

大阪日日新聞

言語的説明不要とのこと。興味がわいてきますね。

オープニング公演は1日だけの開催。TTホールで、さんまさんとナインティナインの岡村隆史さん主演の実演「花の駐在さん」特別編を上演する。

こちらはとても貴重なのでは?見られる方はラッキーかも?

クールジャパンパークはどの会社がやっているの?

運営会社はどこ?というのも気になります。

クールジャパンパーク準備会社として、吉本興業が中心となり14社で構成されています。

1.   株式会社MBSメディアホールディングス
2.   朝日放送株式会社
3.   関西テレビ放送株式会社
4.   讀賣テレビ放送株式会社
5.   テレビ大阪株式会社
6.   株式会社エイチ・アイ・エス
7.   株式会社JTB
8.   株式会社NTTぷらら
9.   株式会社KADOKAWA
10. 株式会社滋慶
11. 株式会社電通
12. 株式会社UFI FUTECH
13. 吉本興業株式会社
14. 株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000029501.html
民間13社と官民ファンドの協力体ですね。どのような企画がされていくのか楽しみです。

クールジャパンパークの場所

大阪城公園東側、環状線の線路側です。

この写真のちょうどPARKの文字の下あたり、線路の上あたりの緑のところですね。

木々を切ったことに怒っている人もいるようです。

近くには大阪城野外音楽堂もありますので、そのあたり一帯が文化発信施設となるのでしょうね。自然との共存については課題はあったでしょうけれど、なんとか成功してくれればいいなと思います。活気のあるゾーンになってほしいです。

クールジャパンパークの名前がダサいとの声

誰もが思ったことでしょうが、やはり名前がダサいとの声がたくさんありました(笑)

でも3月のニュースの時点では仮称ということでしたし、名前を嘆くのはまだ早いかも?

でも公式サイトがクールジャパンパーク大阪ってなっているけれど…ちょっと不安です。

Sponsored Link

クールジャパンパークの由来は?

名前がダサいと評判のクールジャパンパークですが、由来はなんでしょう?

クールジャパンとは、近年よく耳にする言葉になりましたが、そういえばどういう意味なんでしょうか。

日本の文化やサービスなどが、海外でも大人気になっていることだよ。日本のカッコいい(かわいい)ファッション、マンガやアニメ、ゲーム、食べもの、おもてなしなど、みんなの身近にもたくさんある、日本の魅力的なものはぜ~んぶ“クールジャパン”だよ。

このサイトは、経済産業省の役割や未来への展望を、子どもたちに自分の生きる未来についてイメージしてもらうことで理解してもらうサイトです。

今回の準備会社にも入っているクールジャパン機構は、2013年に設立された株式会社海外需要開拓支援機構法を根拠法とする官民協同体です。

「クール・ジャパンというのは日本の良い物を海外の消費者に届けることで、世界中の人々の生活を豊かにしていくというものです。その結果を甘受して、日本も成長していくということ。アニメ・漫画に限らずに、B級グルメやファッションなど外国人の消費者の視線から見て『あ、こういう物もあるんだ』と気づいてもらえるものを発信していきます。日本ならではきめ細やかなサービスを海外を発掘して、輸出してくれるというものになります」

国会で6月12日に可決・成立した「クール・ジャパン法」。正式名称は、株式会社海外需要開拓支援機構法と漢字だらけ。何かの機構を作るようだが、字面だけでは、どんな法律なのかよく分からない。エヴァ風の啓発動画ばかりが話題になっているが、果たしてどんな法律なのか。詳しい話を経済産業省の担当者に聞いてみた。 クリエイティブ産業課...

という経済産業省の担当者(2013当時)の言葉だそうです。

大阪城のそばに作ったのもそういった意図があるでしょうね。期待通り海外からの観光客に、日本の文化を知ってもらえる施設になるといいですね。

ともかく、楽しみですね。

Sponsored Link
スポンサーリンク