カット野菜は身体に悪い?消毒薬や洗剤の危険と食中毒防止のメリットどちらを取る?

スポンサーリンク

カット野菜、使っていますか?うちは結構使っています。身体に悪いのだろうなと思いながらも便利さと清潔さについての安心からついつい使ってしまいます。でも果たして本当にカット野菜は身体に悪いのか?ニュースを読んであらためて使うメリットについて考えたのでメモしておきます。

最近、爆発的に売れている「カット野菜」。スーパーやコンビニで扱う種類も増えてきま - Yahoo!ニュース(レタスクラブニュース)
Sponsored Link

カット野菜は洗剤で洗ってある?

洗うものと洗わなくていいものがあるようですが、私は、切ることの手間を省くと言うよりもどちらかというと食中毒防止のために使っているので、洗わなくていいカット野菜について考えていきます。

洗わなくていいのは、すでに洗ってあるから…しかも洗剤で洗ってある、というのはなんとなく知っていました。

洗剤で洗っていることに多少の不安を感じながらも、泥付きの野菜を家できれいに洗って、清潔な状態で食卓に出すほうが難しいと感じていたので、すでに洗ってあるカット野菜は、私にとっては助かるものです。

洗わなくても食べられるカット野菜サラダはやはりすでに洗ってあるからなのですが…。

しかし、それがどのように、どんな洗剤を使って洗ってあるのかまではあまり深く追求しないことにしていました。見てみぬふりをしてたんです。

「野菜を洗う際に使用している薬剤は”次亜塩素酸ナトリウム”です。水道水の殺菌に用いられているものと同じのもので、行政より使用を認められています。野菜の表面を殺菌することが目的であり、漂白するものではありません。また、保存料、添加物は不使用です。製造工程の最後に冷水でよくすすぎ洗いを行っており、塩素濃度は水道水レベルであることは確認しています」(サラダクラブ)

ヤフーニュース

次亜塩素酸ナトリウム、これは日常的によく使う、漂白剤だってことはわかります。

洗剤で洗ってあるんだろうなって思ってはいましたが、漂白剤の仲間とは…。

確かに、菌を減らそうと思ったら、そうなりますよね。油汚れじゃないんだから、食器洗剤みたいなのではないので、当然といえば当然かもしれません。

考えることを避けていましたが、あらためてコップやふきんの消毒、プールの塩素と同じなんだなあ…と不安なような安心したような複雑な気分です。

もちろん、水でも仕上げ洗いをしてあるそうですし、水道水と変わらないレベルの濃度なら、家で洗うのと変わりませんよね…。

うーん…。そうなんですけれどね…。

目に見えない細菌、微生物、目に見えない消毒薬の影響、どちらも怖いですが、どちらを取りますか???加熱しないで食べるものなら、私は細菌や微生物のほうがコワイです。

Sponsored Link

カット野菜を使うメリットはやはり食中毒予防

私は、泥付き野菜というのが苦手です…。洗ってあるものしか買えません。

キッチンのシンクで泥を落とすことにまず抵抗があり、あたりに飛んだり、他のところに泥の中の細菌が付着していないかとかが気になるからです。

泥をきれいに落として、生で食べる野菜を上手に仕上げる自信もありません。

じゃがいもの泥も苦手ですが、じゃがいもは加熱することがほとんどなのでなんとか食べられますが。それでもじゃがいもを洗ったあとのキッチンが気になります…。

家で育てているとか、身近に野菜を作っている人からもらうのでなければ、店舗で購入する野菜に家庭に届くまで泥がついていることのメリットってないような気がするって思っていたら、そういう記事もありました。

「泥付き野菜かどうかは、野菜を洗ったか洗わないかのちがいだけです。数十年前に泥付き野菜がブームになったころは、市場で売れ残った野菜にわざと泥を付け、高値で売っていたという噂を聞いたことがあります。でも、本当の農家なら、わざわざ泥を付けて売ることはないはずです」

毎日の食卓に欠かせない野菜。土の付いた野菜は、「鮮度がいい」とか「風味がいい」などのイメージで捉えられがちだが、はたしてそれは本当なのだろうか。

日本人は土は良いものというイメージを持っているため、野菜についた泥を歓迎し、よく洗わないで食べてしまうこともあるということ。

そして、やはり土には細菌や微生物がたくさんいます。

さらに畑には堆肥や野生動物などに由来するさまざまな微生物がおり、食中毒菌も少なくない。野菜が原因で消費者が食中毒になられたら困るので、洗って出荷するのだ。それに洗ったほうが菌が減り、野菜の保存性もよくなる。

同上

泥付き野菜を上手に保管して、洗って、切って、食中毒を出さないようにする自信がないなら、いっそ洗剤で洗っていようがカット野菜でいい…と思ってしまうのです。

畑で採りたての野菜を日々料理できるならともかく、スーパーでまとめ買い、気密性の高い住居、高温多湿の夏、とくると、泥付き野菜の新鮮さより、目先の食中毒防止に気が行ってしまいます。

とりあえず、自分にとって都合がいいこういう話を信じておきますが、本当は私がきちんとできればいいだけなんですけれどね。

そこまでして野菜食べる必要ある?って気もしますが、野菜はやっぱり癒やされますので。

カット野菜に限らず、選択肢が多いぶんメリットとデメリットを吟味しなければいけない時代ですね。

Sponsored Link
スポンサーリンク