迷惑行為で電車を止めると損害賠償請求される?賠償額はいくらなの?

スポンサーリンク

電車を止めてしまうと賠償金を払わなければならないの?埼京線の線路を逃走した男にJRが損害賠償請求ってニュースを見ました。もし支払い義務があるなら、賠償額はいくら支払うことになるの?一般の乗客も損害賠償請求できる?っというのを夕方のテレビでやっていましたので、気になることをメモしておきます。

Sponsored Link

線路逃走でJRが賠償金請求を検討

JR埼京線の車内で、女性を盗撮しようとして見つかった男が、駅のホームから線路に降りて走って逃走するという事件がありました。

男は30分ほどして、付近を歩いていたところを確保されましたが、電車は15分ほど運転見合わせとなりストップ。利用客に影響が出ました。

そして、JR東日本はこの男に損害賠償を請求することを検討しているということなんです。

迷惑防止条例違反で逮捕されたカラオケ店アルバイト・野崎芳正容疑者(45)は9日、JR埼京線の車内で会社員の女性(29)の体を盗撮しようとして、女性に気づかれたため、線路に降りて逃走。
新宿駅近くで身柄を確保された。

野崎容疑者は、職務質問の際、号泣して取り乱し、「捕まって悲しくなって泣いた」、「お尻を撮りたくて埼京線に乗った」などと供述しているという。

今回の逃走で、JR東日本が野崎容疑者に対し、損害賠償の請求を検討していることがわかった。

JR埼京線の車内で9日、女性を盗撮しようとしたあと新宿駅のホームから線路に下りて逃 - Yahoo!ニュース(フジテレビ系(FNN))

なんとまあ…ということですが、自らの勝手な欲望のせいで迷惑をかけたのですから仕方ないかも知れません。

線路逃走で電車を止めると賠償金はいくらになる?

これまでにも、同じような痴漢・盗撮疑いで線路上を逃げてしまうケースはたくさんあります。

2017年3月には、これも埼京線で午前9時頃のまだ通勤通学の客も多い時間帯、痴漢を疑われた男が線路上を逃走する事件がありました。こちらはまだ捕まっていません。

今年の6月にも、痴漢を疑われた男が線路上を逃げた挙げ句、駅構内の鉄塔によじ登り2時間あまり降りてこなかったという事件がありました。

このせいで、3時間近く電車が運転を見合わせることとなり、JRは損害賠償を検討するということになっています。

これについて、弁護士さん(アトム法律事務所高橋弁護士)は、賠償額は300万円以上になるのではないかと言っています。

賠償金の計算方法は?

迷惑行為で電車を止めてしまった場合の損害賠償、賠償額はどうやって算出するのでしょうか?その算出方法、計算式はいったいどういうものなのでしょう?

まず、計算する項目としては

・振替輸送費

・列車遅延による払い戻し金

・対応するための人件費

・駅や車両に故障がある場合の修理費用

・駅や車両に汚れがある場合の清掃費用

などがあるようです。

また、その列車の乗客や、影響を受けた人数がどのくらいかによって

人数×数百~数千円(1人あたり)

として損害賠償額を計算するそうです。

電車を止めてしまうと影響は時間帯にもよりますが数万人に及びますので、大変なことに…。

今回のケースでは、少なくとも100万円以上(さきほどの弁護士さん)ということです。

一般に電車を止めた場合の損害賠償額というと数千万をイメージする人が多いようですが、額についてはそこまでではない?といった印象ですね。

全く払えないような金額ではあまり意味もないからでしょうか?いずれにしても高額ではありますので、人に迷惑をかけないようにしないといけませんね。

一般の乗客も損害賠償請求できる?

JRなど鉄道会社が、迷惑行為を行った乗客に対して損害賠償を請求することがあるというのはわかりました。

では、その列車の運転見合わせや、遅延によって不利益を被った乗客は個人で損害賠償請求をして認められることがあるでしょうか?

さきほどの弁護士さんによると…

「これは大変難しい」

ということでした。人生の一大事を迷惑行為による運転見合わせで列車遅延、おかげで遅刻なんてことになっても、賠償請求しても認められることは難しいんですね…。

Sponsored Link

まとめ

毎日多くの人が利用する列車、止まると大混乱になってしまいます。

痴漢や盗撮を疑われると、どうしても逃げてしまいますが、線路を逃走するとこれだけの損害賠償を支払うことになりかねないようです。

痴漢や盗撮に限らず、喧嘩や置き石なども同様です。

迷惑行為についてはJRなどの鉄道会社も「毅然と対応する」ということなので、くれぐれも列車を止めてしまうような迷惑をかけることはないようにしたいですね。

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク