映画ドラゴンボール超ブロリーの強さは?父パラガスとはどうなる?

スポンサーリンク

ブロリー?朝ねぼけながらニュースを見ていると、今年の映画ドラゴンボールは超(スーパー)ブロリーっというタイトルであることが書いてありました。

映画ドラゴンボールに何度も登場するブロリーは大人気ですね。気になったのでメモしておきます~。

 12月14日公開のアニメ映画「ドラゴンボール」の新作に、映画オリジナルキャラクターとして過去の劇場版に登場してきた“伝説の超サイヤ人”ブロリーが登場すること… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
Sponsored Link

ブロリーって?悟空との関係は?

ドラゴンボールに登場する架空のキャラですが、劇場版のみでTVアニメなどには出てきていないプレミア感のあるキャラです。

悟空と誕生日が同じで、隣の保育器で育てられていたのですが、悟空の泣き声がうるさくて憎しみを持っていたそう。そして悟空と戦って負けた時にも、その頃悟空に泣かされたことを思い出していたという因縁の仲でもあるんですね。

サイヤ人はみんな野菜の名前、ブロリーはやはりブロッコリーですね。

声は島田敏さん。

島田敏のブロリーのカカロットォが新録で聞けると思うとテンション上がってきた

とりあえずブロリー映画ならブロリーを島田敏さんが演じれば成功すると思うよ
というか観に行く

島田敏さんがキャストにいるってことはブロリーは島田敏さんで間違いないかな〜声優さん変わらないっていいよね〜だいたい「カカロット」しか言ってないけど、キレたあと饒舌になるとこがまたええんや〜( *¯ ꒳¯*)

ベテラン出演の安心感も期待感につながっていますね。

ブロリーは1993年ドラゴンボールZ劇場版の「燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」で「伝説の超サイヤ人」として初登場しました。

映画になんども登場するということは、魅力的なキャラクターであることは間違いなく、「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」ではクローンであるバイオブロリーとなって登場。死んでしまったかと思えば再登場させたくなる、何度でも立ち上がる不屈のキャラです。

それだけに、期待するファンも多いのですが、作者にはなんと忘れられていたというのも面白いです。

みなさん、ブロリーって知っていますか?」と問いかける鳥山氏は「昔のアニメ映画にだけ登場した、とんでもなく強いサイヤ人でデザインだけは僕が描いたらしいのですが、当時、アニメにはほとんどノータッチでしたので内容はすっかり忘れていました」と告白。

映画.com

赤ちゃんの頃から強かったために、息子ベジータを守ろうとしたベジータ王から、父親もろとも狙われるなどベジータのことも恨んでいるので、悟空、ベジータ、ブロリーがどのように映画で激突するのかが見どころですね。

もちろん、すさまじい闘いを見せるだけではなく、悟空、ベジータ、ブロリーの3人がどのような運命をたどって出会うことになるのか、そしてそこに大きく関係してくるフリーザ軍とサイヤ人の歴史も描いており、とてもスケールの大きな、そしてドラマチックな内容になっています

映画.com

ブロリーの戦闘力は?強さはどうなのか?

生まれた時から戦闘力は10000を越えていたブロリーですが今はどうなの?

戦闘力とは、ドラゴンボールのキャラクターの強さを数字で表したものですが、だんだんと数字が大きくなっていて、もはやわからなくなっています(笑)

フリーザが戦闘力53万と言ったあたりから数字で表すことができなくなってきたようで、いまではそういったことを言わなくなったみたいですね。

しかし、勝てるようにするのが、勧善懲悪作品のカタルシス。その後、第二形態、第三形態、最終形態と変身し、戦闘力数百万レベルに達したフリーザを倒すべく、悟空は「超(スーパー)サイヤ人」へと超変身。見事、フリーザを撃破するのですが、もはやインフレし過ぎた「戦闘力」の概念は、このフリーザとの戦いをもって作中から実質退場となったのでした。

 あなたにとって「懐かしい」とは、どんな情景でしょうか? 1970~90年代の「懐かしい」を集めたメディア「ミドルエッジ」。あなたの記憶をくすぐる「懐かしい」か…

ブロリー登場作品の脚本を書いた脚本家の小山高生さんによると

「最強」「ブロリー以上に強い奴はTVアニメも含めて世界に存在しない」

Wikipedelia

数字では表せませんが、とにかく超強いということです。どんな戦いになるのかワクワクしますね。

Sponsored Link

父パラガスも出演?

ブロリーのお父さんのパラガスも出演するという声がありますね。息子をおいて1人逃げようとした父との再会?なんだかもうそれだけで感動のストーリーになりそうです。親子がどう描かれるのかも楽しみです。

時間の流れについてのこんな予想もあります。映画ドラゴンボールの歴史とスケールの大きさを感じさせますね。

意外!まさかという人が多いだけに、映画への期待が高まります。

ブロリーのファンをブロリストというそうですが、みなさんも楽しみにしているようです。

映画「ドラゴンボール超ブロリー」はこの冬12月14日公開です。

これから続報が出てくることでしょう。楽しみです。

Sponsored Link
スポンサーリンク