eスポーツでオリンピック選手に?プロゲーマー専門学校や賞金・収入についても

スポンサーリンク

eスポーツって知ってますか?

競技としてゲームでの対戦を行うことのようですが、近年プロの選手、ゲーマーとしての活動をする人が増えたり、それを後押しする組織も発足するなど日本でも盛り上がりを見せつつあります。

プロゲーマーとして活躍できる場面が増えれば、ゲームばかりしているお子さんを叱ったりしなくてよくなるかも?気になることたくさんあるのでメモしておきますね。

Sponsored Link

eスポーツとは?意味・何の略?

eスポーツとはエレクトロニックスポーツ、の略だそうです。

「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

スポーツというと、体育の授業でやるようなこととかを思いますよね。

でも英語のスポーツにはもっと広い意味があるようなのです。

日本国内では「運動・体育」と捉えられるが本来のスポーツ(英:sport)の意味は「楽しむ・競技」という意味があり、欧米ではチェスやビリヤードも「スポーツ」として認知されている。

チェスやビリヤードもスポーツなんですね。というと日本で話題になる囲碁や将棋もスポーツになるんでしょうね。確かに何時間にも渡る対局は体力がいりそうですものね…。

この分野では海外の流れが速いようで、欧米では1990年代からゲームのプロが存在したようです。日本では2015年に一般社団法人 日本eスポーツ協会が設立されました。

また、このほかにもいくつか存在したeスポーツ関連の団体が統合して、2018年2月、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)となり、今後の日本のeスポーツの発展に力を合わせていかれることになりました。

eスポーツにはどんな種目があるの?

◆FPS(First Person shooter)

プレイヤーの視点から見たアクションゲーム。武器を取って敵を倒す。代表的なゲームにカウンターストライク、Call of Dutyなど。

◆MOBA(Multiplayer online battle arena)

プレイヤーはキャラを選択し、味方と協力して相手チームと戦い拠点を奪い合う。代表的なゲームにLeague of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)やモバイルMOBAのArena of Valor(アリーナ・オブ・ヴァラー)

◆RTS(Real-time Strategy)

プレイヤーが指揮官的視点で他キャラクターを動かす戦略ゲーム。スタークラフトなど。

◆格闘ゲーム

その名の通り戦いゲームですね。ストリートファイターシリーズなどが有名です。

◆スポーツゲーム

スポーツジャンルのゲーム。有名なものにプロエボリューションサッカー(ウイイレの海外版タイトル名)。

◆モバイルゲーム

ゲームのジャンルというより、機器のことですが、PCや据え置き機以外にもスポーツ化の流れがあるようです。有名なものにクラッシュ・ロワイヤルなど。

◆パズルゲーム

テトリス、パズドラ、ぷよぷよなど。おなじみのジャンルかもしれませんね。

◆オンラインカードゲーム

トレーディングカードゲームのオンライン版。代表的なものにハースストーンなど。

どのジャンルやゲームタイトルが選ばれるかはその都度によるようですね。

8月に開催されるインドネシアでのアジア大会(オリンピックのアジア版と言われています)の公開競技となっているeスポーツ。

その種目が先日選ばれたとのニュースがありました。そこで発表されたタイトルがこちらです。

プロエボリューションサッカー(ウイイレの海外版タイトル名)2018

リーグ・オブ・レジェンド(ライアットゲームズ)

アリーナ・オブ・ヴァラー(テンセント)

スタークラフト2(ブリザード・エンターテイメント)

ハースストーン(ブリザード・エンターテイメント)

クラッシュ・ロワイヤル(スーパーセル)

 8月にインドネシアで開催されるジャカルタ・アジア大会の公開競技として採用される「eスポーツ」の競技ゲーム6タイトルが発表された。選ばれたタイトルについて関係者はおおむね順当と評価する一方、ゲーマーや関係者の間からはコナミデジタルエンタテインメントの「ウイニングイレブン」(ウイイレ)が国産ゲームとし

ウイニングイレブンという日本のゲームが選ばれたことと、FPSジャンルのゲームが選ばれなかったことが話題になっています。

FPSが選ばれなかったことについて、ニュースでは

これについて、関係者は入らなかったのは当然だとみている。昨年8月、中国メディアに掲載されたインタビューで、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長はeスポーツの五輪種目化の可能性について言及しながらも、暴力的なゲームについては排除する方針を示しているからだ。将来的に五輪正式種目化を目指す業界としても、武器や素手で倒し合うFPSが排除されたのは順当な流れだった。

 8月にインドネシアで開催されるジャカルタ・アジア大会の公開競技として採用される「eスポーツ」の競技ゲーム6タイトルが発表された。選ばれたタイトルについて関係者はおおむね順当と評価する一方、ゲーマーや関係者の間からはコナミデジタルエンタテインメントの「ウイニングイレブン」(ウイイレ)が国産ゲームとし

と解説されていました。

選手たちはこちら。

2022年の中国でのアジア大会では正式競技として採用される予定です。

さらには2024年のパリ五輪では正式競技になる可能性があるそうです。

あくまでも競技ゲームですから、今後、オリンピックの種目になるには喧嘩しているように見えたり、興奮して暴力行為を誘発しそうな要素はなるべく避けたいということなのですね。

eスポーツはスポーツなのか?

スポーツというにはまだ馴染みがないような気もしますが、たまたま読んでいた新聞にeスポーツの大会出場者を取材した記者さんがこう書いておられました。

(選手名)さんは、対戦中に集中力を維持するには体力が必要で、毎日のようにランニングをしているそうです。コントローラーの操作を繰り返すため、手はマメだらけ。「戦術の研究も欠かせません」との言葉からも、「間違いなくスポーツだ」と感じさせられました。

(読売新聞 2018年6月3日 地域面 東京春秋132)

体力と集中力、瞬発力が要求されるのはもちろん、勝負ですからメンタル面のコントロールも必要ですね。やはりスポーツかも。

アメリカのチームにはこんなトレーニング施設も…。

うーん、アスリートだ~。

eスポーツ選手になるには?

ひたすら腕を磨いて大会に出て名を挙げるほかにどんな方法があるのでしょうか?

専門学校もあるようです。

◆北海道ハイテクノロジー専門学校 eスポーツ専攻

プロゲーマーを目指せる道内唯一の学校。今、世界で注目されているeスポーツに関わる新たな職業を目指します!

◆東京アニメ・声優専門学校

日本初!プロゲーマーになるための専門学校! 東京アニメ・声優専門学校は、esports業界の最前線で活躍する講師陣をはじめ、最新のゲーム機器を揃えた施設など、esportsを総合的に学び、腕を磨く抜群の環境を備えています。今なら学校の全てがわかるパンフレットを無料でお届け!

◆大阪デザイン&IT専門学校

西日本初!プロゲーマーを目指せるe-sportsの専門学校。大阪から世界最強のプロゲーマーを目指そう!資料請求受付中!!

日本でもこれから増えていくかもしれません。大学などに学部ができるかも?

ゲーム好きなお子さんには夢が膨らむいい時代、ですね。

企業も応援に乗り出しているようです。

プロゲーマー育成道場、企業が続々 礼儀も技も

ゲーム対戦競技「eスポーツ」で活躍するプロゲーマーの支援策をゲーム会社などが相次ぎ打ち出している。サイバーエージェントのインターネット広告子会社、CyberZ(サイバーゼット、東京・渋谷)は交流サイト(SNS)の使い方などを学ぶ研修を開始。カプコンはゲーム練習場を開いた。

 ゲーム対戦競技「eスポーツ」で活躍するプロゲーマーの支援策をゲーム会社などが相次ぎ打ち出している。サイバーエージェントのインターネット広告子会社、CyberZ(サイバーゼット、東京・渋谷)は交流サイ

eスポーツマガジン(専門誌)・eスポーツカフェも

専門誌もあるようです。

eスポーツが体験できる施設もできています。

◆LFS(ルフス)池袋esuports Arena

東京・池袋に誕生した都内最大級のeスポーツ施設「LFS 池袋 esports Arena」。本格的なeスポーツ大会から、コミュニティーイベントまで、ひとりでも仲間とでも楽しめます。

◆esports sqare AKIHABARA 秋葉原

◆E-SPORTS CAFE 新大久保店

最高のゲーミングデバイスを取り揃えたe-Sportsゲーミング専用のネットカフェが都内にOPEN!誰にも邪魔をされず最新のゲームが最高のデバイスと共に思う存分遊ぶことができます。今までのネカフェとは一線を画する新時代のゲーミングネカフェとしてご利用ください。
Sponsored Link

eスポーツ選手・プロゲーマーの収入は?

プロリーグはKDDIや吉本興業などがスポンサーを務める4つのプロチームが対戦する。各チームは所属するプロゲーマーに月額30万円を支払う。リーグからはチームの戦績に応じて合計で年2000万円支給する。プロゲーマーは賞金などに加えて動画配信などで収入を得ることができる。

 ゲーム対戦競技「eスポーツ」で活躍するプロゲーマーの支援策をゲーム会社などが相次ぎ打ち出している。サイバーエージェントのインターネット広告子会社、CyberZ(サイバーゼット、東京・渋谷)は交流サイ

世界の大規模な大会では賞金が数億~数十億円になるそうですから、サッカーや野球の世界的に有名な選手などと同じような感覚ですね。そのあたりやはりスポーツといった感じもします。

まだまだ日本ではこれから伸びていく分野で、夢がありますね。プログラミングなどと並んで、子どもの習い事にゲーム…という時代も来るかもしれません。

うちの子もゲーム大好き。叔母からプレゼントされたニンテンドースイッチで毎日遊んでいます。eスポーツマガジンを注文したので、届いたらまた感想など追記しますね!

Sponsored Link
スポンサーリンク