限界団地6話あらすじ!自費出版の費用の相場や寺内の手紙全文も

スポンサーリンク

限界団地6話見ました。団地取り壊しの危機に寺内さんが暴走しそうですね。穂乃花ちゃんの様子もおかしいし、心配事だらけのあやめ町団地です。団地は?寺内さんは?これからどうなってしまうのでしょうか?

Sponsored Link

限界団地6話あらすじ

遠くをみつめ、ママ、パパといいまともに話をしなくなってしまった穂乃花。

江理子さんにママになってほしいと土下座する寺内さん。

穂乃花のためになるなら、と家族ごっこをする江理子ですが、二宮に対する敵意をむき出しにする寺内に我慢ならず、二宮と江理子、寺内とで口論に。

もう家族ごっこはやめにしたいという江理子。

失意の寺内に追い打ちをかけるように、ふらっといなくなった穂乃花が橋から川へ落ちてしまう。なんとか駆けつけて助けられたが、冷えた身体を抱いて泣いている寺内。

夜…走って寺内家の墓へ向かう寺内。

妻美佐子に語りかける…。

君を疑ったりしない僕だから「こんな僕だから夫として必要としてくれたんだよね?」

墓から息子夫婦の骨を取り出し、燃やす。

もう一度殺したのに、まだ父母が見えている様子の穂乃花。

墓で骨を燃やす異様な光景を見ていた二宮にすぐに逃げろと言われる江理子。

江理子に自費出版の絵本をプレゼントする寺内。

そしてついに江理子に

・穂乃花の両親はぼくがやりました

・お風呂場で足を滑らせた松本も事故ではなく故意

・ご主人の愛人、あれも僕がやりました

・加代子さんの部屋にはなくなったご主人の骨、あれも僕がやりました

・向こうのお母さん(史代)もあれは病死ではなく…

と次々と人殺しの事実を告げる寺内…。悪魔、人殺しと叫ぶ江理子。

寝ている颯斗を起こし、団地から逃げる江理子…。

寺内さんは江理子にどうして欲しかったのでしょうか。すべてを知った上で受け入れて穂乃花の母親になってほしかったのでしょうが、どう考えても無理ですよね…。

自費出版の費用の相場は?

気になったのが、江理子の作品を勝手に自費出版で絵本にしていましたが、あれって高いんではないの?ということ。

ちょっと見てみたら

新潮社は一例ですが、300部以上で、約200万円くらいしますねえ。

文字だけの本でA5サイズでこれですから、絵本でもう少し大きいからもっと高いですよね。寺内さんは保険金がいっぱいあるようなので、出せるのかもしれません。

もう少し手頃な値段だと、10冊20万円くらいからあるようですね。

自費出版の会さんサイト

まあでも、なんでも極端な寺内さんですから、目的のためならいくらでもお金出してしまいそうですが。

Sponsored Link

限界団地7話はどうなる?

二宮に手伝ってもらってホテルに逃げ込んだ江理子ですが、なぜか颯斗がいない。

近くのコンビニに…と言っていたので嫌な予感がしましたが、やはり寺内に先回りされていたのか、

寺内は携帯型ゲーム機を使って江理子の息子を巧みに操り、手紙を渡すことに成功する。その手紙には、寺内が団地の住人と最後の親睦会を開き、一致団結して“一団心中”するという内容が書かれていた。限界にまで追い詰められた江理子は……。

2018年6月2日(土)よる11時40分 放送スタート

やはり江理子さん、どこか抜けていますね。

寺内の手紙の内容は…

江理子さんへ

江理子さんがこれを読むころ、僕はもう生きてはいないでしょう。

愛する人と死にたいといった父の気持ちが今わかります。

でも僕が愛するのは、穂乃花だけではありません。

この団地がなくなり、不幸になる人たちを放って死ぬわけにはいきません。

だから決めました。最後の親睦会を開き、一致団結して死にます。

一団心中です。

江理子さん、あやめ町団地での思い出を胸に生きてください。寺内誠司

相変わらずの狂気っぷりに、予告を見る限り江理子さんは団地に戻るようですね。

団地の行く末を巡って寺内さんの行動はもう止められない感じです。

もう隠すことなにもないですものね…。さて来週も楽しみです。

Sponsored Link
スポンサーリンク