限界団地7話あらすじと洗脳された江理子が最終回でどうなるか予想

スポンサーリンク

限界団地6話見ました。もうめちゃくちゃになってきましたね。ラストはどうなってもおかしくない感じです。寺内さんはもう止められないし、自治会長は悪すぎるし、夫高志は戻ってきて穂乃花を誘拐するわでこんな展開になるとは。

Sponsored Link

限界団地7話あらすじ

颯斗をゲーム機の通信機能で潜伏先のホテルから呼び出して、手紙を渡させる寺内。

団地住民もろとも心中すると脅して、江理子を団地に呼び戻すことにまんまと成功。

最後のはずの親睦会の準備で、なんだか様子がおかしいことに気づいた自治会長でしたが、結局親睦会では何事も起きず…。

穂乃花の母親になってくれれば団地の住人も無事だと脅し、颯斗の命とひきかえに、穂乃花の母になることを誓わせられる江理子。

団地取り壊しに反対する寺内に賛同させられる自治会長と江理子。

自治会役員も次々解任…?

自治会長も江理子も寺内の恐怖支配から逃れられないのか…?

団地・家族…団地の神様、異常な執着っぷりと振り回される周囲にモヤモヤします。

二宮を陥れて団地取り壊し計画を白紙にすることにまで成功。さらに二宮の元恋人を使って怪我を負わせ二宮を退場させてしまいます。

颯斗の命がかかっていますから、江理子は逆らえず寺内の意のままに操られてしまいます。

でも、どこかでまだ支配されきっていない江理子の逆襲が最後の鍵を握っていそうです。

寺内VS夫高志VS自治会長

そんなとき、行方不明だった夫高志が戻ってきます。

土下座して寺内家の一員にしてくれと頼む高志。それはもちろん芝居です…。

会社を首になり、貯金も使い果たし、家族も失った高志。

この3人の三つ巴の戦いが面白いですね。

「団地の中心で罪を叫べ」

穂乃花を人質に自分の犯したことを団地のスピーカーで白状するように寺内を脅すも、盗み聞きしていた自治会長のこずるい立ち回りにより計画は失敗。

穂乃花を隠している桜井家の壁を破って現れる寺内…。

映画シャイニングに似ているともっぱらの評判です。

ひょっこりはんかもしれません。

Sponsored Link

最終回寺内とあやめ町団地はどうなる?

あやめ町団地の取り壊しが迫る中、寺内さんの暴走は止まらないわけですが、団地がなくなることは寺内さんの死を意味するのでしょうね。

でも寺内さん死んじゃったら穂乃花が救われないし、円満に終わるのかな?

予告では住民とともに団地を守るために立ち向かうようですが…。

団地とともに消えるのかそれとも?

どうなるのか予想が難しすぎるのもこのドラマの面白いところです。

基本的にどうなってもいい感じですし。

来週最終回予想したかったけれど、できない(笑)

でも、自信がなく弱かった江理子が颯斗を守るため、洗脳から解けて夫や寺内から自由になり、1人の強い女性として立ち上がり再生するというこのドラマのもう一つのテーマを実現するんだろうなとは思います。

限界団地最終回楽しみです。

Sponsored Link
スポンサーリンク