幼稚園・小学校の保護者会で一言あいさつが嫌!欠席するのはあり?

スポンサーリンク

幼稚園や小学校の保護者会、苦手な人も多いと思います。私も毎回憂鬱でしたね。

それも学期の始めと終わりと2回ずつあったりもして、結構回数多かったりもするんですよね。

嫌な理由はいくつかありますが、なかでも重荷なのがあいさつなんです。必ずといっていいほど毎回ひとことどうぞがあります。そんなときどうするといいかについてちょっとふりかえって考えてみました。

Sponsored Link

座る位置に気をつけよう

保護者会のような会だと、先生のいる教卓付近を真ん中にぐるっとコの字型に机が並べてあることが多いと思います。

そしてたいてい端っこの人どうしでじゃんけんしたり、先生が適当に決めたりでどちらかの端の人からあいさつを始めてくださいというのがほとんどです。

最初に話してさっさと終わりたい!

という場合は端っこに座って、先生がどちらからしましょうと聞いたときに

「では私から」と言ってしまうのもいいと思います。

最初も最後も嫌という場合は、真ん中にするか、端を避けて座っておきましょう。

幼稚園・小学校保護者会一言あいさつで注意するポイント

・長すぎず、短すぎず

たぶん、聞いている側になるとわかるのですが、話が長すぎると何を言っているのかわからなくなります。順番を待っている人は早く終わらないかと思っているでしょうし、次に話す人もこんなに話さないといけないのかと思ってしまうでしょう。

かといってあまり短いのも無愛想な感じがしてよくはないので、なんでもほどほどがいいでしょう。

・早口すぎず、ゆっくりすぎず

しゃべるのがうまくなくてもいいのです。聞き取りやすい速さであればまったく問題ないです。

しゃべるのがあまり流暢すぎてもちょっとびっくりするので、アナウンサーよりちょっとゆっくりくらいがいいですね。考えながら話す感じも好感度は高いです。

・自慢をしない

取る方が自慢に思うかどうかはわからないので、どこまで、何が自慢かは難しいですが、同年代の子どもができないようなことをできるようになったとかはあまり言わない方が無難ではないかと思います。

とくにものすごいことではなくても、走るのが速くなったとか体育や運動系はそれほどでもないですが、勉強系は反感を買いやすいので注意が必要です。

子どもについてももちろんですが、家庭事情や自分のことも要注意です。

・関係のないことは話さない

たまに、話を面白くしようとしてなのか何なのかはわからないのですが、昨日スーパーで…などと話しだして子どもに関係のある話なのかな?とずっと聞いているのですが最後まで何の話しかわからなかったという人がいるのです。

別の意味で印象に残るのであまり関係のない話はしないようにしておきましょう。

幼稚園・小学校の一言あいさつでは何を話す?

コーヒーと吹き出し

・季節のあいさつ

新年度はもちろん、夏休み、冬休みも暑さ寒さについて話しておくのは無難です。導入の部分であたりさわりなく季節や天気の話をすると気持ちもほぐれます。

大きな行事があるならそれを楽しみにしていますなんていうのも共感されます。

・子どもについて

子どもが最近どんなことに興味を持っているとか、どんなものが好きとかあたりさわりのないことにしておきましょう。

マイナスのことはあまり言わない方がよいですね。

避けられるか、言い訳と取られてしまいます。

あまり深刻な悩みも聞いている方が困るので、こういった場ではくすっと笑える程度の話が一番です。

・自分について

普段どんなことをして過ごしているとか、最近のエピソードなどちょっと人柄が知れるようなことを話しておくと、その後声をかけられやすかったり、親しみを持ってもらえていろいろな場面でやりやすくなりますね。

・質問もあり

せっかく他の保護者の話を聞ける機会ではありますから、わからないことや聞いてみたいことがあったらたずねてみるのもありだと思いますよ。

きょうだいとの生活時間の合わせ方はどうしていますかなど他のお家はどうなのかなと思うようなことでもいいですね。

もっとも内容は深刻ではない事柄に限りますが。

また単に持ち物のことで気になることがあるなどだと、担任に個別に聞くのもいいですが他にも知りたいと思っている人がいるかもしれないので有難がられたりしますよ。

幼稚園・小学校の保護者会を欠席するのはあり?

一年間に最低でも3回、多ければ5,6回もあるので、すべて出席する必要があるかというと、ないかもしれないです。

けれど、すべて欠席というのもなんだか気が引けると思うので年度初めと、行事などの説明など大切なことがあるときは出るなどと決めて回数を絞っておけば気が楽になるでしょう。

とくに、年度初めはこれから1年間の顔合わせということもありますし、PTAの委員決めなどもあったりするのでできるだけ出席しておくとよいと思います。

もちろんどうしても予定が合わない、仕事を休めないという場合はその限りではありません。そういう場合も一言を担任に託しておくと、先生がその場で読み上げてくれますし好印象です。

Sponsored Link

気楽にやりましょう

正直なところ、それほど聞いてません…。

よほど変なことを言わない限り、覚えてもいないし、自分の番が済むまでは何を話そうかとそれで頭がいっぱいで他の人の話は頭に入っていないことも多いです。

そんなに覚えてはいないけれど、自分が話すのは嫌でも、他の人の話を聞くのは楽しかったりもしませんか?多分みんな同じなので、あたりさわりなく、可能ならちょっとだけ面白いことをサラっと話してしまえばいいのです。

適当で大丈夫ですので気楽にやりましょう。

Sponsored Link
スポンサーリンク