本を読まない子どもはどうする?何をやってもダメな時は?

スポンサーリンク

子どもの成長にとって、本を読むことはとても大事だと言われていますよね。

実際に私も小さい頃は本を読むのが好きでしたので、1人絵本の世界に入っていたりしていて、その時間が今でも楽しかった思い出になっていたりするものです。

しかし、いくらこちらが働きかけても本を読まない子どももいます。うちの2人がそうでした。長男は本好きになりましたが、次男は今はまだ読みません。

長男が本好きになったきっかけと、子どもと読書についてどう考えるかを少し書いてみました。

Sponsored Link

本を読ませようというプレッシャー

近年とくに、子どもに読書をさせようとする活動が多くなった気がします。

学校でも長期休暇のみならず、読書マラソンみたいな企画はしょっちゅうあって、本を読まないうちのような子どもを持つ親にとっては苦痛でイライラの種です。

一冊をじっくりならまだしも、本をたくさん、100冊でも読みましょうみたいな感じなので、本当に私にとってはプレッシャーです。

子どもも勝手に図書室で借りてきたりもしてくれませんし、一緒に図書館や本屋に行っても興味がないようで、結局私が選んで、無理やり読んで、最後には読んだふり…なんてことにも。

いっぱい本を読む子は素晴らしい、それは間違いないのですが、私からしたら、なんだか自分が母親として至らないような気持ちがしていつも憂鬱です。

読み聞かせをしようとすると逃げる子ども

うちは特に2人とも言葉が遅かったものですから、あちらこちらから「本は読んであげてる?」「読み聞かせはいいよ」などというありがたいお言葉をいただきました。

読み聞かせが良いことなんて百も承知ですから、私もあの手この手で子どもを誘い、読み聞かせをしようとやっていたのですが、私が本を読んでやろうとすると子どもは逃げていく始末。

挙句の果てに耳をふさいだり「お母さんうるさい」と言われてしまうのでした。私の方に問題があるのかと思いましたが、自分でもそんなに押し付けたり怖い顔して読んだり、勉強のためと思ってやったりはしていなかったつもりなのですけれどね。

あくまでも普通のお母さんが選ぶ普通の絵本を、普通に読んでいたのですけど…。

じっとして聞いているのが嫌いだったんでしょうね。そんな2人でも、夜寝る時だけは聞いていることがありました。ただ、すぐ寝てしまうのであまり読書としての効果はなかったのが残念ですが。眠くて逃げる気力がなかっただけでしょうね。

いろんな対策はしたけれど

図書館

子どもの目につくところに面白い本を並べておく、好きな分野の興味のひくような本を読んでやる、まずは親が本を読んで見せるなど、ゲームを隠してみたら暇を持て余して本読むよとか、いいと言われていることはしましたが、思うようには行きませんでした。

絵本よりも車や電車が好きな子どもたちだったので、そういった図鑑は見ていましたが、いわゆる読書のようなことはしなかったです。読まないより読んだほうがいいのは確かに言えることですので、焦りもしましたし、次男については今でもこれでいいのかとも思っていますけれど…。

読書の宿題が苦手だった

そんなですから、夏休みの読書ノルマも毎回大変で、毎年同じ本が入っていたり、いかにも年齢不相応な幼児向けの本も数のうちだったりと、いつも苦し紛れになっています。

感想文は、読みたくないのだから書けるわけもなく、私があらすじを説明して、組み立てをして無理やり書かせているのです。

長男も小学校の間は本当に大変でしたね。まだまだ次男は読みそうもありませんのでまだ続きますが。

長男が本好きになったきっかけ

そんな長男ですが、中学生になってから、急にたくさん本を読むようになりました。きっかけは通っていた中学校で朝始業前に朝読書の時間というものがあったからです。

そこでは自分の好きな本を15分ほど読むのですが、みんながシーンとして読んでいるので、自分も読まないと仕方ないから何か読むわけですね。

最初はしぶしぶだったようですが、徐々に友達の読んでいる本が気になりだして、借りてみたら面白かったとか、そういうことから自発的に読むようになり、部屋に本棚を置くほどになりました。もう内容はともかく読んでくれるだけでよかったです。

読み始めれば作者やシリーズからの横展開でどんどん数は増えていきますので、最初のきっかけが大事かなと思います。

Sponsored Link

自発性が大事

読み聞かせがきっかけになって興味を持って読み始める子はそれで大成功ってことでいいと思います。けれどうちの2人みたいにそううまく乗ってくれない子もいるでしょう。いつかは読むかもしれませんし、一生本はあまり読まないタイプになるのかもしれません。

しかしこれって、親がどうこうできる問題でもないですね。環境とその子の時期がマッチすれば読むようになるのだと思います。長男はたまたまそれが中学の朝読書だったということでしょう。

次男はそこでも読むようになるかはわかりません。たぶん本を開いて読むふりをしているだけかもしれません。なんでも自分からやる気にならないと身につくのは難しいものです。

本を読まない子に本を読ませるという働きかけではなく、本を読んで欲しいという以前に、なんでもいいので自分から楽しんでするような促しが必要なのではないでしょうか。

そのためには興味、関心のあることであれ本人が自発性を持ってやるような声掛けがいいのかなと思います。もちろんその子その子の人生時計がありますので、時期を待つことも大事です。焦らず見守りたいものですね。

Sponsored Link
スポンサーリンク