梅満開!大田区立池上梅園への最寄り駅からの行き方【写真付き】

スポンサーリンク

2月も半ばを過ぎ、少ししのぎやすい日も増えてきました。

梅の花がきれいな季節です。大田区にある大田区立池上梅園では梅の花まっさかりの、一年で一番賑わう季節を迎えています。

とてものんびりした良いところなのですが、最寄り駅の東急池上線池上駅からはちょっと距離がありまして、道のりがわかりにくいのです。

でもお話しながら歩いていけばちょうどよい感じです。

定期考査前でちょっと運動不足の長男と気分転換に出かけてきました。

駅から徒歩で行かれる方のために、散歩がてら撮ってきた写真で道案内をいたしますね。

Sponsored Link

池上駅から池上梅園への徒歩の道のり

駅前です。右手のバス道を行きます。

駅前

大きな交差点に出ます。五叉路になっていてわかりにくいのですが赤い矢印の道を目指します。

交差点→付

本門寺通りという道に入ります。三角の看板が先程の赤矢印のところです。

本門寺通り

まっすぐ行くと三叉路に突き当たりますので、右折します。

右折

右折してさらにすぐの角を左折すると大きな通りに出ます。

この突き当りが池上本門寺です。

突き当り

本門寺の門前に宝屋さんというおせんべい屋さんがありますので、その角を左折します。とても美味しいですので、お帰りにお土産にもおすすめです。

宝屋

左折後はまっすぐな道ではありませんが、道なりにずっと行きます。

左手にレトロなお菓子屋さんがあったりします。

レトロ菓子屋

ひたすら歩いて、看板が見えてきました。

緑の高架は東急池上線の線路です。

それは越えないでくださいね。

看板

高架の手前を右折すると梅園の自転車置場があります。

ここまで池上駅からゆっくり歩いて徒歩20分です。

ここでご注意!

ここまで歩いてくると結構のどが乾いてしまうのですが、梅園の中には自動販売機がありません。

お飲み物が必要な方は道中の自動販売機で買っておいてください。

日にもよりますが梅の時期は園内で甘酒などを販売しています。

自転車置場

正面から入ったところです。左手人だかりが出来ているのが受付です。

入園料をここで支払います。

梅園正面

受付の横にベビーカーを並べて置くことが出来ます。

園内は斜面に階段をともなう遊歩道が設置されています。

ベビーカーでは登ることが出来ませんので、赤ちゃんはここで抱っこです。

ベビーカー

少し登ると満開の梅をみることが出来ます。

梅

園内ゆっくりと見回ったら、トイレもあります。

トイレ

Sponsored Link

池上本門寺にて野生のインコ?に遭遇

番外編…帰りに寄りました。池上本門寺です。

本門寺

石段横の河津桜が満開でした。

…インコ?が群れで花をつまんで落としまくっていたのです。

インコと桜

東京の街に野生のインコが群生というのはニュースでは聞いていたのですが、本当にいるんですね。

結構な数いて、群れて飛んでいました。

桜の花をプチプチくちばしでついばんでは落としていて、様子はかわいいのですが、木にとってはちょっと心配な感じでした。

池上駅はただいま再開発の改築工事中ですので、ご利用になる際はお足元など注意してくださいね。新駅舎は2020年完成予定です。楽しみですね。

【大田区立池上梅園】

開園時間:午前9時~午後4時30分

休園日:2月・3月を除く毎週月曜日および年末年始

(月曜日が休日のときは次の平日)

入園料:大人(16歳以上65歳未満)100円

小人(6歳以上16歳未満)20円

各種障害者手帳をお持ちのかたは持参くださいね。無料になります。

東京都大田区池上2-2-13

3753-1658

Sponsored Link
スポンサーリンク