赤ちゃんの名付けのコツと適切な画数は?後悔しないために注意すること

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれたら、まず最初にしてあげる大仕事がありますね。

そうです名付けです。

一生気に入って使ってほしいから、素敵な名前を考えてあげたいですよね。

赤ちゃんの名付けのときに、注意したいポイントをいくつか考えてみました。

Sponsored Link

赤ちゃんの名付けと手続き

・いつ考える

名前はいつから考え始めるのが良いでしょうか?

早ければ早いほどいいと私は思います。

最近はお腹の中にいるずいぶん早い時期から性別もわかるようになっていますので、確定したらすぐに考え始めましょう。

一生使うのですから、考えて考え過ぎということはないですよね。

もちろん、思いつかないということもありますが、そういうことも含めて時間はたっぷり取りましょう。

・出生届

出生届は出生の日から14日以内に提出することとなっています。

遅れた場合、戸籍届出期間経過通知書に理由を書いて提出しなくてはならず理由次第では戸籍法の決まりにより罰せられる(5万円以下の過料)場合があるそうですので、考えすぎて遅れてしまうことのないように早いうちから考えておきましょうね。

名前を考える時に使える方法

・好きな響き

強い、やさしい、かわいい、さわやか、かっこいい…など人それぞれ好みがありますよね。

お子さんになってほしいイメージを想像しながら、考えてみましょう。

・好きな漢字

お気に入りの漢字、ありますか?使える漢字かどうかを確かめて、好きな漢字を色々ピックアップしてみましょう。

・意味や願いをこめる

ご両親の希望をこめて、由来を語ってあげられるような名前も、お子さんの宝物になると思います。

あまり高すぎる理想は重荷になるかもしれませんが、夢のある名前を考えてみるのもよいでしょう。

・あやかり名

憧れ、尊敬の人、好きな有名人、芸能人からヒントをもらったり、音や字をあてたりしてもよいですね。

ただ、まるで同じにしてしまうと、何かと話題にされたりその人のイメージがついて回りすぎて困ることもあるかもしれませんので使い方には気をつけましょう。

・家族やきょうだいの名前と関連させる

ご両親から一字とる、祖父母から字をもらう、きょうだいでお揃いの音や字を使うと、連帯感や思いが感じられてよいですね。

姉妹やきょうだいでしりとりになっているような仲良し名もあってそれも面白くて素敵だなと思います。

名前を考える時に注意すること

・使える漢字か

名付けに使える漢字というのは決まっています。

常用漢字と人名用漢字です。法務省のサイトに一覧表がありますので確認しておいてください。

・読みやすいか

一度で読んでもらえること、これは大事です。

何万回と呼ばれることになる自分の名前をずっと訂正し続けなくてはならないとなるとかわいそうですよね。

・漢字の意味、由来

よく知っている代表的な意味ではとくに気になるものがなくても、漢字辞典や字源辞典で調べてみると思わぬ意味や由来が隠れていることがあります。

あとで気になりだしてもよくありませんので、使いたい漢字の意味や由来は辞典で調べておくことをおすすめします。

・書きやすいか

自分で書く時はもちろんですが、ワープロ、パソコンで入力しやすいこともこれからは重要です。

何百回、何千回と名前を入力するでしょう。

自分で入力する場合は登録しておけばよいですが、他者が入力することもありますので、変換が面倒だと誤字や誤記載の原因になったりしますので、スマホ、ワープロともに入力してみて確かめておきましょう。

・名字と続けて読んでしっくりくるか

フルネームで読んでみることは大事です。

何がいけないということもありませんが、響きはチェックしておくことに越したことはありません。

・湯桶読み、重箱読み

何気なく名前を読んでみると

湯桶読み(「ゆトウ」のように、訓読み+音読みになる組み合わせ)

重箱読み(「ジュウばこ」のように、音読み+訓読みになる組み合わせ)

になることがあります。使っていけないことは全くありませんが、気にする人もいるので念のために書いておきました。

姓名判断はどうする?

姓名判断には本当に色々なやりかた(流派というのでしょうか)があります。

こちらでよくてもあちらではだめということがままありますので、すべてのやり方でオールOK!ということはまずありません。

また、ひとつのやりかたに決めても、すべての画数を吉画数にすることは名字の画数にもよりますが、不可能なこともあります。

また、漢字の画数だけではなく、ローマ字に直したときの画数だとか、音の響きによるものとか、生年月日に合わせたものとか、とてもたくさんの種類があるので、どれから見てもいいものというのは不可能だと思ってください。

やっとのことでひとつのやりかたに決めても、出生届を提出したあとになって知ったことなどでまた不安になることも考えられます。

姓名判断を使用するならひとつのやりかたに決めて、ひとたび名前が決定したら、ほかのやりかたは一切気にしないという強い気持ちが必要です。

画数を考慮して名前を決めると、自由度が下がるので、好きな響きや、好きな漢字などこだわりたい部分のどれか他のところを妥協しなくてはならない場合があることも頭に入れておいたほうがよいですね。

Sponsored Link

色々な人の意見を聞こう

ご両親だけで決めてももちろんよいのですが、祖父母や友人などたくさんの方に相談してみると自分たちだけでは思いつかなかった視点から意見をもらえたりします。

最終的に決めるのはご両親でよいのですから、色々な人から赤ちゃんへの思いを聞いてみるのもよいかもしれません。

ゆっくり、時間をかけて素敵な名前を考えてあげてくださいね。

こちらもどうぞ

子どもが生まれるとなったら、出産準備よりもなによりももっと大変なのが名前を考えることですよね。 大切な我が子が一生使うものだから、いろ...
赤ちゃんや子供の名付けに後悔して、改名したい。でも理由はどうする? 具体的に何をすればいいのかわからない。手続きはいつするのがいい? ...
Sponsored Link
スポンサーリンク