育児中に太る理由と原因は?解消の仕方と改善方法について

スポンサーリンク

子どもを生んで、子育てを始めてから、徐々に太りだした…という方はいらっしゃいませんか?

私も次男の授乳が終わってからじわじわと来ていまして、年齢的なものもあるのかもしれませんが、気になっているので見直せるところは見直して、なんとか食い止めたいと思っているところです。

そんなわけで、育児中になぜ太るのか、どうしたらいいのか?ちょっと考えてみます。

Sponsored Link

育児中になぜ太ってしまうのか

自身の1日や食事についてよく思い返してみると、どうも自分の意思で食べていないのです。子どもの食事の残りを食べたり、付き合いで食べたり。

また、食事そのものが家事という仕事の一環になっていたりと食事を楽しむことができていません。

そしてやはり、育児にはストレスがつきものですから、これが大きな原因でしょう…。ストレスを感じるとコルチゾールというホルモンがたくさん分泌されてしまうらしく、これには脂肪を蓄える作用があるとか…なんと恐ろしいことでしょう。

ストレスはやはり太るもとになってしまうのですね。ストレスをためないようにするか、ストレスをうまく解消できないと、いくら食べるものに気をつけていても太っていってしまいます。

また、太ることを気にして食事を思うように取ることができないとそれがまたストレスを生むという悪循環になってしまいます。

私の場合、食事についての自律のなさと、ストレスが2大原因とわかりました。

Sponsored Link

育児中に太らないための対策

・付き合い食べをやめる

子どもと食事すると、残り物が出ますよね…。ついついそれを無意識に口に入れてしまったりしていたのですが、もうあるときそれをやめました。

捨てるのはもったいないので旦那の皿に乗せます。旦那が残すかもしれませんが、それならそれでよいのです。食べ物はもったいないことには変わりませんが、自分が残したという罪悪感からは解放されます。

美味しそうな食事

ママ友とのランチも、わりと大変です。おしゃべりはしたいけれど、昼ごはんをガッツリ…というのはあまりしたくなかったので、メニューが選べるなら軽めにしたり、みんなと同じでないといけないなら、ご飯少なめにしてもらったり、場合によってはこっそり容器に持ち帰るなどしていました。

持ち帰ったものは腐敗していないかチェックして、夕飯に食べていました。そして帰宅の遅い夫に食事を用意するとなんだかお腹が空いてしまって、つい一口、とかやっていたのですがこれはやめたほうがいいです。

・バタバタと食べない

バタバタと用意して、子どもと食べていると、なんだか食べた気がしないんですよね。でもそれなりに一人前食べている。

味わって食べられないから、あとで何かあらためて食べたくなってしまって、残り物をつまむと美味しい…なんてことはよくありましたし、いまでもありますね。

なので、今やっている対策としては、揃って食べるときには半分位の量にしておくということにしています。

慌ただしく料理して座ったばかりで、あとも片付けをしないといけないと思うとなんだか落ち着けず食べた気がしないので、とりあえずみんなと一緒に食べなければならないときは量を減らしています。

どうも私の場合、家で料理しての家族との食事のときは、食事をゆっくり楽しむというより仕事の合間に急いで食べるみたいな感じになってしまうのです。仕事になってしまっていてリラックスできてないんです。

・自分のペースで動く

…といっても無理ですよね。赤ちゃんが泣いたら対応しなくてはいけませんし。でも家族のペースで変わる自分のスケジュールにいつもてんてこ舞いなんてもう嫌です。私は使用人ではありませ~ん。

ひとつ方法があります。自分が何かをしている時に呼ばれたりしても、即座に反応する必要はありません。

電話や来客にはすぐに応対しなくてはいけませんが、それ以外の家族はたいていみんな自分の呼びたい時に呼んでいるだけなのですから、なにも用事の手を止めてまで相手をすることなんてないです。私は洗濯機のピーピーも無視です。

以前はすぐ干さないとシワシワになってしまう!と急いで干しに行っていましたが、いまは「わかりましたよ~どうもね~」と返事だけして、家事の都合の良い時に干してます。

・15分でもいい、完全にひとりになる時間を

毎日数時間なんていうのは無理ですが、15分ならなんとかなるでしょう?

しかしその15分は完全シャットアウトです。私は瞑想と称して部屋にこもるか、それが無理な場合はお風呂に入る時に電気を消して入ります。

買い物もすぐにスーパーに向かうのではなく、公園でもなんでもいいからひとりで15分座ってから行ったりとか、もうあえて意識的に、必要であろうとなかろうと時間を取ることにしています。

何をすることもなくていいのです。ただひとりで座っている、それだけですが全然違いますよ。お金もかからないし、お試しくださいませ。

・映画やドラマを見て泣く

重症の時はこれです。映画やドラマを見て泣いたあとなぜかスッキリという経験はみなさんしたことがあると思いますが、日々の生活でそんなことも忘れてしまってはいませんか?

映画やテレビのフィクションの世界で遊んで、感情を解放してみると忘れていた自分の気持ちや、生活のひとつひとつが新鮮に感じられたりしますよね。

しばらくしたらまたそんな感動も忘れてまたイライラしてきたりしますが、そのときはまたその都度解消すればよいんです。

育児中って本当に時間も心もなにもかも自分の思う通りにはいきませんよね。

せめて食事くらいゆっくり取らせてよ…と思いますが、できる範囲でやっていくしかありません。かわいい子どものため、大事な家族のためと思ってなんとか折り合いつけてやっていきましょうね。

Sponsored Link
スポンサーリンク