歯医者で子供が暴れる時どうすべき?虫歯で歯が欠けて後悔したこと

スポンサーリンク

子どもをいつから歯医者さんに連れて行くのか…。

お子さんのタイプにもよりますが悩みますよね。

これは私は大失敗をしています。とても後悔したので、少し書いておきたいと思います。

Sponsored Link

子どもの歯が欠けた?!

次男が5歳、幼稚園年中のときのことです。食事をしていると次男が何やら渋い顔をして口から何かを出してきました。

「歯がとれた」え??なんか抜けそうな歯あったかな??と見てみると、下の奥歯が見るからに欠けています…。

しまった…やってしまった…。

次男については、かなりやりにくい子どもだったので、歯磨きはしていたものの、歯医者さんなどとても無理な様子で、お恥ずかしいことではありますが5歳のそのときまで連れて行ったことがなかったのです。

長男も採血で暴れてぐるぐる巻きで看護師さん数人で押さえつけてやっとのような、たいへんな怖がりだったので、初めて検診で小さな虫歯が見つかり歯医者さんに連れて行ったのは小学生になってからでした。

長男は小学生まで大丈夫だったのだから…と、次男のときには完全に舐めていて、多分大丈夫だろうとタカをくくっていたのでした。

しかしこうなってしまっては放置するわけにもいきません。「この子を歯医者に連れていく…」考えただけでぞっとする。

もはや無理ではないかと頭を抱えてしまいました。

全身麻酔でやってくれる歯医者はないかと真剣に検索していたものです。

そんなとき、近所に歯医者さんがオープンしていたことを知りました。

それもなんと小児歯科。

「ああ、これなら…いやコイツだぞ、そんなに甘くない」と思いましたがもうどうしようもありませんので予約を取って行ってみることにしました。

見た目から入りやすい外観、出てきたのは優しそうな男性の先生。

そこでは診察室に親は入らないことになっていて、先生が子どもを呼ぶと、絶対嫌がると思った次男はさっと入っていくではないですか。

びっくりして「いや、歯医者さんの椅子になんて座れないぞ、すぐに出てくるかも」と思って身構えていましたがいっこうに出てくる様子もなく、どうもきちんと着席したようでした。

その後レントゲンを撮って、初回の治療を済ませるまで泣き声も叫び声も聞こえることなく、笑顔で出てきたのです。

あまりにもびっくりしたので「先生何か魔法使いました?」と聞いてしまいました。

子どもはお母さんが思っているほどできなくはないんですよというようなことを仰っていたように思います。

本当にできない場合はどうするのかと聞いたら、そういう場合は進行止めの薬を使って出来るようになるのを待つというようなお話でした。無理にはしないんですね。

抱きかかえて羽交い締めかなと覚悟もしていたので拍子抜けして、「すごいのは先生で君ではない」とも思いながらも、とりあえず子どもを褒めておきました。

そして問題の歯は大変なことになっていて、乳歯ではあるものの神経に届きそうな大きな虫歯になっていました。

しかもそこだけではなく他にも数本虫歯があるとのことで、かなり責任を感じて落ち込んでしまいました。やはり歯医者さんにはちゃんと行かないとだめですね。

Sponsored Link

歯医者さんには何歳から連れていく?

これはもう歯が生え始めた頃から、歯医者さんに行く習慣をつけたほうがよいでしょう。

もしやり直せるなら、長男も次男もそうしたいと思います。

3歳くらいだとかえって怖がる子もいるかもしれません、小学生になってからだともう虫歯ができているかもしれません。

歯や口の中の状態を定期的に診てもらうことはもちろん、赤ちゃんのころから通うことで歯医者さんに慣れてもらうことが大切だと思います。

虫歯になってからでは遅いのもありますが、虫歯になって初めて歯医者さんに行くのでは、痛い、怖いというイメージを持ってしまってこの先長い人生で、歯医者さんが怖いところ嫌なものと考えてしまうようになっては本人のためにもなりません。

自分が子どもの頃は歯医者さんが怖くて、それこそ問題のある時しか行かなかったので嫌なところになっていました。

たまたまかもしれませんが、私の通っていた歯医者さんがとっても厳しくていつも怒られていたこともあり私も歯医者さんに行くことをハードルが高いと感じていました。

今では私も子どもたちもかかりつけ歯医者さんを持って定期検診に行っています。

口の中の掃除も定期的にやるようになって、風邪をひきにくくなった気がします。

歯は永久歯になってから70~80年くらいも使うものです。

「毎日必ず使うものなのに、なぜ一度しか生えてこないでこんな長い間使うんだ、サメみたいに何度も生えてくれないと困る!」と思っていましたが、一度しか生えてこないということは、大切にすればそれだけ長く使えるということなのですね。

赤ちゃんのころからかかりつけ歯医者さんを持って、歯医者さんは怖くないと知らせて、大人になってからも気軽になんでも相談できるようにしておくことが必要です。

うちの次男のような暴れる子どもほど、身体が小さくて抱っこできるうちに、慣れさせるために遊びに連れていく、だけでもしておいたら良かったなと思っています。

歯だけではなく歯茎や口の中は自分でもなかなかケアしにくいものですし、「歯を長く大切に使うこと」を早くから子どもには教えてあげることはその後の人生に大きく影響すると思います。

いつから、と思っているならぜひ早めに試しに連れて行ってくださいね。

Sponsored Link
スポンサーリンク