子どもだけの電車での外出はいつから?持ち物のチェックリストと注意点

スポンサーリンク

子どもだけで電車で出かけられるようになるのは何歳頃からでしょうか。

私立の小学校に通っているお子さんなどは、小学校1年生から電車で通学されていますが、家の近くの小学校に行っていて、普段電車に乗る機会のない子どもであれば、いつから?どうすれば?というのは気になるところだと思います。

子どもだけの電車での外出について長男の経験をもとに考えてみました。

Sponsored Link

子どもだけの電車外出のめやすは?

・子どもの性格、発達、成長

自分から行きたいと言い出したのか、やむを得ず用事で出かけるのか、もともと出かけるのが好きなのかという性格など時と場合によります。

長男は鉄道好きで小学校5年生くらいからお友達と電車に乗って出かけるようになりました。電車に乗ることが好きなので、切符のことや乗り換え、ルートのことなどはわかっていたのですが、それはそれで移動距離がどうしても長くなるなどの心配もありました。

また身体も小さめでしたので、どう見ても子どもが乗っているという感じになるのも心配でした。しかしもっとも大事なのは、不測の事態での対応が出来そうかです。そのあたりを目安に判断するとよいと思います。

・目的、頻度

習い事など定期的な目的であれば、だんだん慣れてきますし、時間通りに行動させることである程度の安全は保てるでしょう。たまに遊びに行く場合は、当日のスケジュールを親子で必ずできるだけ詳細に確認、共有しましょう。

・1人なのか、複数人なのか

1人だと心配かもしれませんが、お友達通しなら安心とも限りません。子どもどうしではしゃいでしまって思わぬ危険に遭うかもしれません。1人でもお友達と一緒でも、電車に乗るさいのマナーや注意点は同じなので、きちんと伝えましょう。

その場合、親から言うだけではなく、子どもに復唱させるようにします。例えば、駅では走らない、列の先頭に立って電車を待たない、何かあったら電話をするか、駅員さんを頼る、携帯電話には必ず出られるようにするなどの具体的な注意事項を、メモをして持たせ、さらに言えるようにしておきましょう。

子どもだけの電車外出の注意点

・ルートを確認

習い事などの場合は、教室についた時と電車に乗る前は連絡を入れるようにさせるなど節目の時間にはきちんと連絡が取れることを確認しましょう。遊びの場合も、目的地についた時、帰りの電車に乗る前に連絡を入れさせるようにしましょう。

習い事の場合などは大丈夫かもしれませんが、お友達と遊びに行っている場合などは楽しくて忘れてしまうかもしれませんが、そのようなときはこちらから連絡して、必ず連絡をしないと次回は行かせないくらいの注意をしたほうがよいでしょう。

長時間の移動や乗り換えが多い、移動範囲が広い場合は、拠点駅や乗り換えの駅などのおおまかな通過時間をメモして共有しましょう。だいたいこの時間にこのあたりにいるということを把握しておけば、電車のトラブルなどのときも巻き込まれていないかの確認がしやすくなります。

・GPS

今は便利なものがありますね。これはあるとよいと思います。うちの場合は居場所をチェックされることを少々嫌がっていましたが、小学生でしたら仕方ないと思います。なぜチェックするのかを説明して、理解させましょう。

・緊急時の行動を決めておく

改札

電車には遅延や運転見合わせなどのトラブルがつきものです。大地震などで帰宅難民になってしまう可能性も少なからずあります。子どもだけの外出でもっとも起きてほしくないのはそういった不測の事態です。携帯電話での連絡を取れるとも限りません。

電車に乗っている場合は職員の方の指示に従い、助けを求めること、駅にいる場合は駅職員の方を頼ること、と伝えて起きましょう。目的地があり、そこでトラブルに遭った場合はそこにとどまること、そして職員の指示に従うことです。

うちでも、子どもだけの勝手な判断であちこち行かないようにと伝えていました。ルートのどこかの駅にいる、目的地にいる、とはっきりしたほうが探しやすいですよね。

外出時の持ちものや服装

そういった事態も踏まえて、急なトラブルで足止めをくったときに困らない持ち物を持たせていました。

・水筒やペットボトルの水

・携行食、チョコなど

・ハンカチだけではなく、タオルも

・入金できるカード以外に、小銭

・替えの下着や靴下

・絆創膏

服装は、どこかで長時間過ごしたり、歩いて移動することになったりしてもよいように女の子も靴は丈夫で歩きやすいスニーカーにスボンがよいでしょう。

子どもだけで新幹線はどうする?

時には、新幹線に乗るという場合もあるでしょう。これも、いつならOKということははっきりとあるわけではありません。長男は6年生から新幹線で2時間半の実家に行っていましたが、最初は駅まで大人が送り迎えしました。

また、座席指定はしておくようにしましょう。通路側か窓側か、トイレに近い席が良いかは、子どもの好みでよいと思います。

Sponsored Link

良い経験になるように

最初は緊張して、注意もするかもしれませんが、慣れてきた頃に要注意です。どんなお出かけも子どもにとって成長できるチャンスなので、準備と心構えはしっかりして、子どもとは注意事項を確認して約束させましょう。良い経験になるとよいですね。

Sponsored Link
スポンサーリンク