子連れでの外食って疲れる?マナーや注意点について

スポンサーリンク

子どもとの外食はいろいろ大変ですよね。

それならやめておけばいいのにと言われてしまいそうですが、たまにはしたいものですし、やむを得ない時もあります。

それに、たまにしかしないから子どもが興奮するということもあるので、回を重ねれば慣れてきてうまくできるという可能性もあります。

子どもと外食することに厳しい意見も多いですが、配慮さえできていればかまわないと私は思うのです。

子どもにとっての社会経験にもなり、成長のきっかけにもなります。

どのようなことに気をつければ子どもと食事を楽しむことができるでしょうか。

Sponsored Link

対応策

・店は選ぶ

外食はかまわないといってもお店はよく選ぶ必要はあります。

静かに食事をしたい人のための店など、明らかに子ども連れには向いていない店というのもありますからね。

事前に、ベビーカーの置き場はあるか、子ども用椅子があるか、授乳室はあるのか、子ども向けメニューがあるのかなどは調べるか聞いておくかしておきましょう。

逆に言うと、このような用意があるお店は、原則連れて行ってもかまわないということでしょう。

・時間帯に気をつける

混んでいる時間帯はやはり避けておきましょう。

ランチタイム直後~夕食時間帯までの間などは比較的空いているでしょう。

店によってはその時間帯は閉めているところもありますが、それは仕方ないので諦めましょう。

もっとも時間帯だけでは一概に言えませんので、人出の様子や状況に応じてその都度考えていきましょう。

・事前に相談しておく

前もって子どもを連れて行きたいことを相談して予約などをしておくと、端の席や、広い席などを用意しておいてもらえることがあります。

お店側にとっても心構えができますし、こちらも必要以上に心配しないでリラックスして訪れられますよね。

・食事持ち込みはひっそりと

お店に確認することはもちろん、周囲のお客さんによっては、子どもの食事を持ち込むことに良い思いをしない方もいます。

あまりおおっぴらに持ち込んだものを広げてしまうと印象が悪くなりかねませんので、コンパクトにまとめて、匂いのしないもの、こぼれにくいものを選ぶようにしておきましょう。

一口サイズで食べやすいものにするのもよいでしょう。

お菓子は粉がこぼれたりガサガサと音の鳴る物は避けたほうがよいですね。

・飽きさせない

お子様ランチ

子どもは料理が来るまでもなかなか待てませんし、自分が食べ終わってしまうと飽きて騒いでしまうことも…。

子どもが遊んで待てるグッズはあったほうがよいですね。

お絵かきするなら周囲を汚さないように気をつけましょう。

音の出るものは極力避けましょう。

・一旦外に出ることも

あれこれ気を配っていてもやはりダメなときはダメですよね。

あやしてもなだめてもご機嫌とってもダメなときは一旦退出することも選択しましょう。

かまってほしいだけのこともありますので、ママが自分のことを気にしてくれたというだけで満足したり、少し外の風にあたれば落ち着くということもあります。

・つねに対応する

少し様子をみてから、ひどくなれば対応する、というのではなくて、その都度すぐに対応するようにしましょう。

家では様子見でいいことも、周囲には見知らぬお客さんがいますので、配慮はしてしすぎということはないですものね。

・大声で叱らない

子どもの行動に対応するのはいいですが、大声で叱ると今度はそのことに不快感を占めされてしまいます。

子どもにだけ聞こえるように、そっと注意しましょう。

またそのときも、あまりやさしい口調でも対応が甘いと言われてしまいますし、言い方に気をつけないとそこにクレームが来ます。

例えば「あのおばさんが怒ってるよ」とかは絶対NGですね。

・散らかしたものは片付ける

当たり前のことですが、持ち込んだ食事のごみや、子どもがこぼしたもの、汚したところはきちんと片付けていきましょう。

これが意外とできていない人は多いです。

持ち込み食の空容器は結構そのままになっているのを見かけますが、持ち帰った方が絶対によいです。そのためにもゴミ袋は持参しましょう。

どこならいいということはない

子連れOKな店なのだから何でもいいということはありません。

スーパーのフードコートでさえも、子連れが嫌な人は一定数います。

外食するということは、大げさなようですが社会に出ることなので、どこにどんな人がいるかわかりません。

実際、私もここなら大丈夫だろうとフードコートで食事中に子どもが騒いだのですが、そこまでの大騒ぎでもなかったのに隣のテーブルの人にかなり注意されてしまったことがあります。

きちんと対処もしていたつもりだったのですけれどね…。

ここならいい、これくらいならいいというのもあってないようなものなので、どんなことがあるかわからないとは思っていた方がよいです。

Sponsored Link

行動次第でこれからが変わる

そこまでしてなぜ外食しなければならないのか…と思ってしまいますが、子どもが小さい間は数年一切外食しないというのが当たり前とも思えません。

また子連れの客がいなければいないほど、そのハードルは高くなってしまいます。

そういうことも少子化の原因のひとつですよね。

子どもだって社会の一員なのですから、一緒に外食することがいけないなんてことはないのです。

配慮さえきちんとしていて、そういう子連れが増えていけば、周囲の考え方も変わって、もっと気軽に楽しめるようになるのではないかと思います。

これからの子どもたちのためにも、気配りをしながら食事を楽しんでいきたいですね。

Sponsored Link
スポンサーリンク