公園デビューのタイミングはいつ?怖いときはどうすれば良い?

スポンサーリンク

子どもが生まれて、本当に小さい赤ちゃんのうちは、しばらくはお家の中ですごしますが、ちょっとずつ日光浴をしたり、お庭やベランダで遊んでみたりしていると、だんだん気になってくるのが

「公園にいつから連れて行こうかな?」

ということですよね。

「公園デビュー」にまつわるコワイ話も見聞きしたりして何かと身構えてしまいがちな人もいるかもしれませんが、まったく気負う必要はありません。

「公園デビューはいつ?」

なんて悩んでいる方も多いようなので、少し書いてみますね。

Sponsored Link

いつから?

別にいつからでもいいと思います。

季節や天候、赤ちゃんの様子などから見計らって、ママが「そろそろかな?」と思った頃がはじめどきです。

私はベビーカーでねんねの頃から、ぶらぶらと散歩したりしていました。

まだ何もできないけれど、空気や光を味わっているし、ときどきいろんな人や子どもたちがかまってくれるので、そんなときはニコニコと喜んでいましたよ。

首がすわって縦抱っこできるようになったら、抱っこひもで出かけていきました。

まだ歩いたりはできなくても、一緒にブランコに座ってちょっと揺れてみたりくらいは出来るので、それはそれでとても楽しいものでした。

赤ちゃんが小さければ小さいほど、砂ぼこりだとか花粉とか、暑さ寒さなど気を遣うことは増えますが、周りの人も声をかけやすいようで、たくさんの人が話しかけてくれました。

短時間で帰る口実にもなるので、ちょっと身構えてしまうママほど低月齢からがおすすめです。

「デビュー」とか考えるとプレッシャーになるので、「お散歩」だと思って、まだ早いかな?と思わずどんどん行ってみましょう。

最初はいろんな公園に行こう

不思議なことに、近所の公園でも、公園によってそれぞれ雰囲気が違うものです。

行ける範囲のたくさんの公園に行ってみましょう。

時間帯によってもまた違います。

何度か行っているうちに公園や時間帯ごとの様子がわかってくるので、居心地のよい公園や時間帯を見つけてみましょう。

「自分の気持ちを優先していいの?」

と思うかもしれませんが、子どもはどの公園でも楽しいものですから、ママの基準で選んでいいと思います。

雰囲気になじめず我慢しながらじゃ楽しくないし、行きたくなくなってしまっては元も子もないですからね。

焦らずお気に入りの公園を見つけてください。

あいさつだけしておけばOK

公園に誰かいたら、どんな場合も、まったく知らない人でも、あいさつはしましょう。

それだけでいいのです。

相手が話しかけやすそうな人なら、天気の話でもしていればそこから会話も出来ることがあります。

最初から喋りすぎたり、自分のことを話しすぎたりしないほうがよいですね。

疲れない程度で行きましょう。

公園

知り合いはそのうちできる

赤ちゃんの場合でも、少し遊べるようになったころでも、最初は知り合いがいなくて当たり前です。

ママが子どもと楽しく遊んでいれば、そのうちよく顔をあわせる人、ちょっと話ができる人が自然にできてくるので、無理に話そうとかママ友を作ろうなんて思わなくていいですよ。

子どもにお友達を作ってあげたいと焦る必要もありません。

たとえ、知り合いが出来てこなくても、お友達となかなか一緒に遊ぶ機会がなくても、子どもは外に出ていろんなことを見て、感じています。

外に出るだけでもじゅうぶんです。歩ける子、走れる子なら、一人で歩いて走っているだけでいいのです。

他のことで疲れて出かけられなくなる方がもったいないので、周りは気にしないで、お子さんとの時間を楽しみましょう。

Sponsored Link

知り合いやママ友を作りたいなら

もし、本当に普段からのお付き合いもできて、一緒に過ごしたり話たりする知り合いやママ友を積極的に作りたいなら、公園だけでなく、地域の児童館や子育てセンターなどに出かけていくのがおすすめです。

月齢別や年齢別の時間が設けてあったり、イベントをやっていますので、そちらの方が、学年が同じになるお子さんをお持ちの人とも知り合いになりやすいです。

公園デビューが不安な人は、こちらで知り合いやママ友を作ってから、一緒に出かけるのもよいかもしれませんね。

いずれにしても、焦らず、ゆっくり、子どもとの時間を楽しみながら、居心地のよい場所を見つけていきましょう。

Sponsored Link
スポンサーリンク