スイミングは週1か週2どっちが上達する? 週2で2年通った長男の事例紹介

スポンサーリンク

子どもをスイミングスクールに通わせようと考える時、ちょっと悩むのが週何回にするかということですよね。

子どもの年齢や下の子の都合など、送り迎えが要るのか、出来るのか、他の習い事との兼ね合いもありますし、事情は色々あります。

週1か週2かで悩んだ末、カウンターで相談して、週2で2年間通わせた長男のことについて書いてみます。

Sponsored Link

スイミングデビューはなんと小5

長男は耳と鼻が弱かったのか、幼稚園の頃から、プールに入るたびに中耳炎になるような子どもでしたので、なかなかスイミングに通わせることが出来ませんでした。

幼稚園もせっかく温水プールのあるところを選んだのに、ほとんど入れなかったりしていました。

小学校低学年の間もずっとそんな調子だったのと、次男が生まれたので私が送迎をしにくかったこともあり、1人で通えるようになった小学校5年になる春休みから通うことにしました。

「週1にするか、週2回にするかで迷っています」と言ったら、「中学ではどうしますか?部活などでやめてしまう子が多いですから、小学校の間にある程度出来るようになりたいなら、週2の方が上達は早いですよ」とのことでした。

そして会費は週1と週2では2000円ほどしか変わらないので週2にしたほうがよいかと考えました。

週3コースもありましたが、それは多すぎて忙しいし、お友達と遊べなくなるかなと思ったので考えていませんでした。

スイミングスクール

それにしても、場所にもよるのかもしれませんがあまり小学校高学年の子はいなかったです。

幼児さん~小学校低学年の子が多く、長男が入会した頃は、同級生はもうとっくにやめていないか、入れ替わりにやめていく感じでした。

中学受験とかで塾に行き始めるんですね。それを知ったときはちょっと寂しそうでした。

開始級は幼児さんと同じ

入ったばかりのときのクラス分けテストは13級。

クロールで25メートルが泳げないという、他の子は幼児さん、小学校1、2年の子ばかりのクラスでした。

それでももともと水に入るのは好きだったので週2回楽しく通っていました。

小4 3月  13級 スタート
小5 6月  12級 クロールで25m完泳できるようになった
小5 8月  11級 背面キックで25mができるようになった
小5 11月 10級 背泳ぎ25m完泳できるようになった
小5 3月   9級 平泳ぎ25m完泳できるようになった

ここまでで1年ですね。

わりと大きくなってから始めるとこんなものだそうです。

標準的な進み方ということでした。

小6 6月   8級 クロール25m及び背泳ぎ50m完泳できるようになった
小6 9月   7級 バタフライ25m完泳できるようになった
小6 2月   6級 個人メドレー100m完泳できるようになった

という感じで、ギリギリ小学生の間に四泳法できるようになりました。

本人が結構楽しんで通っていたので、私はこのまま続けてもよいとも思っていました。

しかし「中学生になっても通う?」とは聞いてみたところ、部活で違うことをやりたいのでやめると言いましたので中学生になる前に退会しました。

退会したけれど、バタフライまで出来るようになっていたので、中学や高校の体育の授業で困ることもなく、水泳は通ってよかったと本人は言っています。

Sponsored Link

次男の場合…

小3次男もここ1年あまり、週1で通っていますが、風邪を引いたら1週間、下手したら2週間とか空いてしまいます。

振替制度はありますが、休んでもあまり使っていません。

やはり週2にしたほうがよいかもしれません。

開始時は級なし。1年経ってもまだ25mクロールが泳げません。

次男については楽しければよいという感じなので焦ってはいませんが、もう少し様子を見て増やそうと思っています。

単純に比較することはできませんが、長男も週1だと2年間で四泳法マスターは出来なかったと思いますので、ずっと通い続けたいというのでなければ週2以上の方がよいかなと思います。

参考になりましたら嬉しいです。

Sponsored Link
スポンサーリンク