小学生のお小遣いで千円はあげすぎ?相場といくらがいいの?

スポンサーリンク

子どもが成長してくると、「そろそろお小遣いをあげたほうがいいのかな」とか「あげるならいくらくらいがいいかな」と考える時期がきますよね。

成長に応じて、よりよいお金の使い方やお金そのものへの考え方を、子ども自身で考えられるようになるために、子ども時代のお小遣いはどのように考えていけばよいのでしょうか。

Sponsored Link

お小遣いをあげる意味

お金を遣うことは社会に参加することです。

子どもにお小遣いをあげられるようになるというのは小さな成人であると私は考えています。

もちろん自分で稼いだお金ではありませんが、その一歩として、お金を使うことで社会のしくみに興味を持ち、将来への希望や見通しを持たせることができる素晴らしい出来事なのです。

子どもにも、単に欲しいものが買えるということだけではなく、生きる意味、働く理由、さまざまなことを教えられる方法のひとつだと言えるでしょう。

それだけに、小さな成人、小さな社会人のスタートは大切にしたいと思います。

いつから

前提として、数字がわかって、簡単な計算ができてからになると思います。

うちの小3次男は今年のお年玉からお金に興味を持ち始めました。

それまでは貰っても置きっぱなしだったのが大事にしまって、数えたりなどしていましたので、そろそろ検討しようかなとも思っています。

もっとも、それが何が買えて、どのくらいの額なのかは具体的にわかっていませんが、トミカ何台分というとぼんやりイメージしたようです。

どこまでが親の買い物の範囲か

おもちゃ屋さん

額を決める前に、どこまでを親が買い与えるもので、どこからが子どものお小遣いで買うものなのかを大まかに決めておかないといけません。

おやつは家にあるもの以外を食べたいなら自分で買う、ノートなどの文房具や、必須のものは親が買うなどということです。

ノートでも学校で使うものは親、キャラクターやファンシーなノートは子どものお小遣いで、などとあらかじめ子どもと話し合っておくことが必要です。

きっちり決めるのは難しいと思いますので、例外はその都度検討するくらいでよいと思います。

いくらくらい?

額はどのくらいがいいのでしょうか。

自分が子どものころ、初めてお小遣いを貰った時は1年生は1日10円✕30日で月額300円という感じで貰っていました。

2年生では1日20円月額600円、3年生では1日30円月額900円というふうに増えて行き、6年生では1800円になりました。

当時との物価は違うと思うのですが、駄菓子屋以外のスーパーやコンビニでのお菓子の額はそれほど変わっていないと思います。

小学生にお小遣いをあげているというママ友さんたちに聞いたところ、低学年で月1000円、高学年で月1500円~2000円と言ったところでした。

次男にお小遣いをあげるときがきたら、平均額にとらわれず、テスト月を設けて額を決めるという方法を取ろうと考えています。

方法

・必要な時に

長男のときはこうしていました。なかなか自分からお小遣いを欲しいとも言わず、あまりお金に関心があるように見えなかったのです。

遊びに行く時や欲しい物があるときに相談して渡していました。

本人が言い出すまでこの方法をとっていましたが高校2年生になって初めて、小遣いをくれと言ったので、定額で渡しています。

額は自分で計算させて月額6000円と言ってきましたのでそれを採用しています。

高校生はアルバイトをしている子も多いと思いますので、高校2年まで必要な時だけ渡していたうちの長男の場合は特殊だと思いますがこんな例もあるということで…。

・定額制

決まった額を定期的に渡すことですが、この方式が一般的だと思います。

決まった額を一定の期間でやりくりする方法を知ることは今後最も必要なことですからね。

最初に使いすぎてあとで困る経験も、子どものうちにしておくのがよいと思います。

・報酬制

頑張ったり、特別なことがあればお小遣いがもらえるというのも、定額とは違った良さがあります。頑張る気持ち、努力が実る経験になります。

大人でも、仕事で頑張ってボーナスがもらえると嬉しいですものね。

ただし、頑張った成果がお金でしか測れなくなったり、お金がもらえないと頑張らない人になったりしないように、どんなことでどのように報酬を決定するのかは注意が必要です。

テストの成績などの成果報酬型と、お手伝いなどの実行報酬型を組み合わせるのがよいと考えています。

・組み合わせがよい

さらに、定額制と報酬制を組み合わせるといいでしょう。

お金の入り方に変化が生まれて、計画的な使い方と、頑張った成果や行動した結果がお金につながることの両方を理解できるようになると私自身の経験からは思います。

Sponsored Link

お小遣いは親の社会観を映している

金銭感覚というのは単なる価格の高い安いではなく、社会への考え方や生き方を反映しています。

お金についての考え方を押し付けてしまわないように注意が必要です。

お金がもたらしている社会や生活への影響、人の暮らしと労働との関わり、対価を得る喜び、そういった人間社会の営みの基本的な考え方を正しく伝えていかねばなりません。

子どもたちが社会の一員となる第一歩であるお小遣い、親子でゆっくり考えてみるのもよいですね。

Sponsored Link
スポンサーリンク