PTAの意味と必要性は?委員の役職はどんな種類があるの?

スポンサーリンク

子どもが入学すると、PTAにも入会することになる保護者の方も多いと思います。

PTAって何?どんな仕事があるの?

出来る仕事があるかなど色々不安に思っていらっしゃる方のために、各役職や委員の仕事をご紹介します。

どんな委員があって、どれならできそうか、あらかじめ知っておきましょう。

委員決めの保護者会の心の準備にぜひ参考にしてください。

Sponsored Link

PTAって?

PTAとはParent(保護者) Teacher(教職員) Association(団体)の頭文字をとって略称としたものです。

おもにPTAの目に見える仕事をふだんやっていくのは保護者が中心だったりするので意外と忘れがちですが、先生たちも会員なのですね。

保護者と先生たちで協力しあって、子どもたちのために、学校と家庭、そして地域社会との連携をよりよくするために活動していく組織のことです。

ここではおもに小学校のことについて書いていますが、中学高校も基本的には同じようなものだと考えてよいと思います。

どんな仕事があるの?

学校によっていろいろで、呼び方もちがっていたりはありますが、おおむねこのような感じです。

組織としては会長・副会長を筆頭とする本部役員(執行部員などと言ったりすることも)、各委員長をリーダーとするそれぞれの専門委員会委員にわかれます。

各委員会には保護者がクラスや学年ごとに所定の人数ずつ、学校からは先生たちが1~2名ずつ選出されて担当につきます。

【校長】
校長先生はすべての代表として独立している場合も多いです。赴任されたばかりのころは地域のことに詳しい会長経験者などが顧問につくこともあります。

【本部役員】
PTAの予算や行事など活動のとりまとめを行うところです。

・会長
PTAの代表者です。

自分の学校のPTAのみならず地域の連合会議などさらに上部組織へのつながりをもつ役割もありますので、お仕事は大変多く、多忙です。

たいていはその地域に古くからいらっしゃるとか、またはその地域での関わりの深い方などが任せられていることが多いですね。

・副会長
副校長先生、教頭先生と、保護者から1~3名ほど。

会長を補佐し、本部役員の仕事を実行し、各専門委員会の取りまとめ役を行うなど管理職的な仕事も担います。

・事務監査、会計監査
事務や会計が適正に行われているかのチェックが仕事です。

そのためには仕事や流れに詳しくないといけないので、ある程度の経験者が引き受けることが多いです。

・会計
PTA会費の管理です。決して合計は小さな額ではありません。

その上出費は細々と多かったりで管理は大変です。

数字やお金の計算が好きな方のほうが向いているでしょう。

・書記
議事録の作成、その他書類の管理などが主な仕事です。

会長や副会長の補佐も行うことがあったりと柔軟な対応が必要なこともあります。

PTAのノート

【各専門委員会】
各クラスから選出される下部組織で、活動内容によっていくつかにわかれます。

・学級委員、クラス委員
学校行事の学年ごとのとりまとめや、各クラスの茶話会や懇親会を計画、実行したりします。

クラスの保護者や担任の先生と接する機会が多くなったりするので、学校やクラスのことがわかると人気の委員です。

・広報委員
学校の広報誌を作成します。学校行事だけでなく、PTA主催の行事、地域のお祭りなどのときも取材に行きます。

年中を通して仕事があるので、発行回数は年数回でもわりと忙しいかもしれません。

広報誌を楽しみにしている人も多いので、やりがいはあります。

・地区委員、郊外委員
登下校や学校行事、地域の行事やお祭りのさいなどの安全を見守り、交通安全や防犯などのパトロールをしたり、その分担部分の保護者への割り当てなどを行います。

子どもたちを守っているという実感が得られ、地域のことに詳しくなれます。

早朝や夜間の見守り、見回りなどもあるのでお仕事のある人も参加しやすいと思います。

・体育委員、保健委員
運動会のさいにお手伝いの中心となったり、健康関連のイベントの実施などを担当します。

運動会が好きな方やパパにも人気の委員です。

・文化委員、教養委員
講演会や手芸や料理などの参加型イベントを計画、実施したりします。

親子で参加できるものや、保護者向けの厚生行事などを行います。

ママさんたちの得意分野も活かせるので人気のある委員です。

・選考委員
推薦された方に次期のPTA委員を引き受けてもらうためのお願いをしたり、適任者を探してきたりする仕事です。

連絡が取れるまでお電話をかけたりなどなにかと気を遣うことが多いと思いますが、行事の主催など年間を通した仕事はない場合もあるので交渉事が得意な方にはよいかもしれません。

・ベルマーク委員
ベルマークを回収、集計して財団に送ったりする担当です。

ベルマーク委員として独立して存在する場合や、どこかの委員会の担当の仕事のひとつであったりは学校によります。

意外なものにベルマークがついているのかと再発見したり、作業は細かいですが面白いですよ。

そのほかに、PTAとは直接かかわりのないけれど大切な仕事としては卒業の年に謝恩会や記念品の準備などをする委員、父親メインの保護者の集まりなどがあったりします。

Sponsored Link

自分にあったものを楽しくやってみよう

子どもの在学中に1~2回は必ず引き受けることになるPTA委員ですが、ちょっと億劫だなと思う方もいらっしゃるかもしれません。

最初はそう思っても、学校のことがよくわかって子どもの意外な面が見られたり、先生と仲良くなれたり、地域のことで発見があったりなどいろいろ面白いこともあります。

お仕事や家庭の事情などは理解を得られることも多いですので、出来る範囲で、無理しないで楽しく参加できるとよいですね。

Sponsored Link
スポンサーリンク