上の子供と二人目の年の差のベストは?理想的な年齢差と育てやすさは?

スポンサーリンク

子どもを一人生んでみたら、次は二人目をどうしようかな…と考える時が来ますよね。

年子は大変だとか、2歳差がいいよとか、色々な意見がありますね。

理想的な年齢差ってあるのでしょうか?

7歳差で8学年差の兄弟を育ててみながら、周りの方なども見てみて、思ったことなどを書いてみます。

Sponsored Link

二人目どうするの?

子どもを連れて歩いているとよく聞かれますよね。

赤ちゃんを連れて外出しやすくなってくると、年齢差以前にまず二人目を生むか生まないかの質問もされることも増えてきます。

一人生んで慣れない育児にいっぱいいっぱいで考えられなくても、そんな質問をきっかけに、「そうだなそろそろ考えないとな…ではいつ生もうかな」と考え始めることもあるかもしれませんね。

そんなわけで、では二人目を生もうと思った時、どのくらいの年の差がいいでしょうか。

きょうだいの年齢差別にお知り合いのママさんたちにメリット・デメリットなど、お伺いしたことをまとめてみました。

子ども自転車2台

年子の場合

メリット
・上の子がまだ赤ちゃんだったり小さかったりもするので、お腹に赤ちゃんがいても抱っこもしやすいし、検診などにも連れて行きやすい。

・妊娠中で体調がすぐれないとき、上の子の用事や行事などで出かけなければならないことがあまりない。

・まだそんなによくわかっていないので、赤ちゃん返りとかをしにくい。

・サイズが近いのでペアルックがしやすい。

・物心ついたときからお互いが居るのが当たり前なので、関係が対等になる。

・一緒に学校に通える期間が長くなる。

・大変な時期が一度で短くなる

デメリット
・上の子がまだ自分では歩いてくれないので、お腹が大きくなって辛くなってきても、抱っこしてあげないといけない。

・赤ちゃん返りはしないかもしれないけれど、赤ちゃんが二人いるような感じ。

・月齢差によってはベビーカーに二人乗せることになる。双子用のベビーカーを買ったという人も。

・同様に、ものや服をお下がりとして使うことが出来ず、同じものを2つ買う羽目になる。

・大変すぎて記憶がなくなる。「もっとゆっくりかわいがってあげたかった」との声も。

・将来受験で上の子が浪人するときょうだいで同時に大学受験になる。

2歳差

メリット
・幼稚園にや保育園に同時に行ける期間があるので行事などのときに助かる。

・学校の入学卒業のタイミングがかぶらないので、準備がしやすい。

・姉弟、兄妹の七五三が一緒にできて、うれしい。(これは本当に羨ましかったですね)

・子どもが一緒の遊びができることも。

デメリット
・上の子が歩き出したり、走り出すので妊娠中の体調との相談になる。

・1歳代という、発達面での結構大変な時期に重なる。

・ちょうどオムツを外したい時期にかぶると、世話が大変。結果上の子のオムツはずれが遅れることも。

3歳差

メリット
・3歳になると1,2歳児よりはやりやすくなる。

・1,2歳差よりお下がりが使える可能性が増える。

・上の子が兄姉の自覚が出て来る。

・受験が一度に終わる。

デメリット
・入園、入学、卒業のタイミングがかぶるので、日程調整や書類や費用の準備が大変。

・受験の時期が重なり、塾費用や、それぞれへの気配りが大変になる。

4,5歳差以上

メリット
・上の子がだいぶ物分りがよくなるので、検診や妊娠中も楽。

・入園、入学、卒業のタイミングがかぶらないので落ち着いて対応できる。

・まとめてお金がかかるようなことが少ない。

・きょうだい喧嘩をあまりしなくなる。

デメリット
・上の子の時の経験があまり役に立たない。忘れてしまう。

・お下がりもそんなに取っていなかったりして、買い直しが増える。

・喧嘩もしないけど、一緒に遊んだりもしにくい。

・育児期間が長くなり、人生設計や経済的な計画がたてにくい。

Sponsored Link

結局、家庭それぞれ

色々書いては見ましたが、これは結果であって、目的でありません。

それに家庭事情や環境によってまた変わってくるものですので、あくまでも一般的な傾向にすぎません。

うちでは学年で8歳もあいてしまいましたので、やはりふたりで一緒に遊ぶというのはなくて、歳の近いきょうだいがお揃いの服を着たりして仲良く遊んでいるのを見るといいな~と思ったりします。

それになにより、本当に上の子のときのことを忘れてしまうので、下の子にもかかわらずなんでも初めてみたいな気分がしています。

子育ての常識や制度って、結構変わりますからね。

育児期間が長くて疲れてきたのも確かですし(笑)でもどんな場合でもそのお家それぞれのベストタイミングなんだと思いますので、良いところもちょっと不便なところも楽しんでいけたらいいなと思っています。

Sponsored Link
スポンサーリンク