ミシン縫い始めの返し縫いで裏で糸がグチャグチャになる時の対処法

スポンサーリンク

子どもの小物を作ったり、園や学校で使うものを手作りしたりでミシンを使うことがありますよね。

縫い始めに返し縫いからスタートすることが多いと思うのですが、そのときに裏で糸がグチャグチャになってしまって困ることってないですか?

私が下手だからかもしれませんが、これの解決法が地味にわからなかったんですよね。

でもひょんなことから解決したので書いてみます。

洋裁などが得意な方からしたら、なーんだというか当たり前のことなのかもしれないのですが、私のように子どものものを作るのに必要に迫られて…という方には実は結構悩みのタネだったりするかもしれませんよね?

え、しない?とりあえずせっかくなので…。

Sponsored Link
Sponsored Link

縫い始めに裏で糸がグチャグチャ…

っと、こうなるんです…。

くちゃくちゃ

返し縫いで縫い始めると、裏でなぜか糸がくちゃくちゃと絡まってしまいます。

毎回ではないのですが、こうなると糸を切って縫い直すしかなく、結構いやなんです。

何が悪いのかわからず、色々試してみたのですが、最終的に失敗がほぼなくなった方法は

上糸をしっかり抑えで踏む

です。

おさえる

いままで、上糸は、上に向けていました。そうすると、裏で絡まることが多かったんです。

絡まる時に、上の糸がおかしな動きをしていることに気がついたので、ちょっとこうやって踏んづけてみました。

そうすると100%ではないものの(踏み方が甘かったり?)失敗がほぼなくなりました。

結び目なし

ミシンや洋裁、手芸に詳しい方にはアホみたいなことなのかもしれませんが私にとってはちょっとした発見でした(笑)

返し縫いもゆっくりやるといいですね。

縫い物苦手だけど、作らないといけない方

頑張りましょうね~。

Sponsored Link
スポンサーリンク