新潮社看板のあのヘイト本落書きは誰が書いて場所はどこ?アートと言えるのか?

スポンサーリンク

いま話題の?新潮社ですが、そのそばの新潮社の看板パンダの顔と「Yonda?」に落書き?とも見えるように「あのヘイト本、」と書き加えられている?と騒動になっています。これは落書きなのか?誰がやったのか?など気になることをメモしておきます。

Sponsored Link

新潮社の看板に落書き?

東京・新宿区の新潮社近くにある看板に24日、ある落書きがされているのが発見された。新潮文庫のキャッピコピー「Yonda?」という文字の上に「あのヘイト本、」と書き加えられ、合わせると「あのヘイト本、Yonda?(読んだ?)」と読むことができる。

東京・新宿区の新潮社近くにある看板に24日、ある落書きがされているのが発見された。 - Yahoo!ニュース(AbemaTIMES)

Yonda?(読んだ?)とはパンダの顔でおなじみの新潮社のキャッチコピーですね。

このキャッチコピーのそばに今回の新潮45の杉田水脈さん擁護等々のことを指してか「あのヘイト本、」と付け加えられているということ。

続けて読むと「あのヘイト本、読んだ?」となるんですがどうですかね…?

あのヘイト本、は落書きなの?誰が書いたの?

誰がやったのか?気になりますね。

アートか落書きかなんて話になっていますが、普通に犯罪といったところでしょうね。

もうブルーシートがかけられてしまったようですが…。

誰がやったのか、書いたのかはわかっていないようですが。

あのヘイト本、の看板の場所は?

新潮社のとなり、神楽坂のショップla kaguのところみたいですね。

la kaguはもともと新潮社の書庫だったところをリニューアルしてオープンしたようです。

Sponsored Link

新潮社看板落書きへの声

実際に見たらちょっと笑えないもののようですね。

主張はもっと違った形でするほうが、いいようです。

それでは。。

Sponsored Link
スポンサーリンク