カラオケで歌以外の利用がしたい!ママ会女子会や勉強に定額利用サービスも

スポンサーリンク

カラオケで歌わない利用って怒られる?って昔は思っていましたが、いまはむしろママ会や商談、勉強、そういった利用もOKってところが増えていますね。最近高校生長男も友達とカラオケ屋さんで勉強してるみたいです。

暑い夏や寒い冬、冷暖房完備の快適なカラオケルームは助かりますよね。

カラオケで歌う以外で何をする?気楽に使っていいんだなと思ったのでメモしておきます~。

Sponsored Link

カラオケで歌わない利用って

昔からあったって言う方もいますが、ちょっと後ろめたかったりしませんでしたか?

近年は堂々と歌わない利用もできるようです。

とくに部屋が空いている日中のママ会などは、キッズルームなどを用意しているところもたくさん。もちろん歌ってもいいんですが、歌メインの目的でなくてもいいところはどこ?ちょっと調べてみました。

ママ会・女子会ができるカラオケ屋さん

パセラ

デザート食べ放題女子会

もりあがる女子会プランはこれ!おしゃれなルーム写真あり!料理ももちろん女子会向きにえらべる料理プラン!と食べ放題スイーツできまり♪

床フラットルームもあるママ会

お子様無料でゆったりの子連れママ会( ランチ会 )なら、カラオケパセラへ!

おむつ各サイズ無料とかすごいですね!

コート・ダジュール

カラオケするならコート・ダジュールへ!歓送迎会・宴会・二次会・女子会・ママ会などにも☆居心地にこだわった、他店にはないコート・ダジュールだけのコンセプトルームがおススメ!本格的なお料理や、おトクに楽しめるセット&サービスも充実

ファミリールームがありますね

ジョイサウンド

JOYSOUNDで歌えるカラオケ店舗をご紹介。全国のカラオケ店舗を地図や目的、駅名、希望条件等から検索することが出来ます。最新機種で全国採点、うたスキ動画、楽器練習ができるカラオケ店舗もバッチリ見つかります。

キッズルームがある店舗もあります

シダックス

レストランカラオケシダックスが提供するサービスのご紹介です。シダックスでは「おいしい料理」と「きれいで広い部屋」、「質の高い音響」に力を入れています。幅広い年齢層の方に愛されるお店を目指していきます。

こどもだけで遊べるスペースが広く取ってある「大きなキッズルーム」や自宅のリビングのようなおもちゃもあるくつろげるキッズルーム、和室やレディースルームがあります。

カラオケの鉄人

★カラオケの鉄人でご利用いただける様々なルームをご紹介★

キッズルーム、フラットルーム、レディースルームはくつろげそうですね。

店舗に目的のお部屋があるかどうかは、調べてからおでかけくださいね。

月額利用できるカラオケルームも

ランチ、仕事、休憩、時間つぶし、いろいろな利用ができるので、日常的に利用する人にはいいですね。月額1500円なら、コーヒー3杯分です。

打ち合わせの合間にオフィスへ戻る時間が惜しく、カラオケルームで事務作業。さらに個室によって作業に集中できるというメリットも。他にもママ友パーティーや楽器演奏で利用する客もいました。

こうしたカラオケ以外の利用増加を背景に、今月から月額1500円で利用し放題のサービスが開始。一部対象時間さえ除けば、1日1回チェーン全店舗で何時間でも利用できます。

昼時、あるカラオケ店をのぞいてみると3人の男性客が――カラオケ店の“いま”を取材しました。
カラオケチェーン「カラオケの鉄人」でこのほど、月額1,500円(税抜)でカラオケ店舗が利用し放題のサブスクリプションサービス「カラ鉄ホーダイ」がスタートした。音楽や動画を中心に、さまざまなジャンルに進...
Sponsored Link

でも本当になにをしてもいいの?

カラオケ店っていうからにはやはり歌わなくていいの?と古い人間なので思ってしまいます。

でもカラオケ店の利益って、部屋の利用料と、飲食物からだといいますから…。

「室料1時間280円」など安さが売りのカラオケボックスは多い。その利益を支えているのはやはりドリンクとフードだという。

「ソフトドリンクの原価は1杯あたり5~10円。ポテトやたこ焼きなどのフードは冷凍物で原価は相当安い。それを300円くらいで提供しているので、利益率は高いですね」(大手カラオケBOX店店員)

 世の中には「どうして潰れないのか」と疑問になる価格やサービスを展開しながらも、着実に利益を出し、成長拡大しているビジネスがある。 「室料1時間280円」など安さが売りのカラオケボックスは多い。…

さきほどのニュースのカラオケチェーンの担当者さんもこう仰っていますし…。

担当者「使い方は常識の範囲内でお客様に決めていただいて、こういうことは絶対にやめて欲しいということは弊社としては思っていない」(上羅さん)

昼時、あるカラオケ店をのぞいてみると3人の男性客が――カラオケ店の“いま”を取材しました。

なので、ありがたいサービスを「常識の範囲内」でゆったり利用させてもらいましょう。

Sponsored Link
スポンサーリンク