軽減税率で弁当やファーストフードの税率が?テイクアウト・持ち帰りで外食が減る?

スポンサーリンク

消費税増税まであと1年になってしまいました。10%…キツイですねえ。でも軽減税率を導入するということで、飲食料品は8%のまま維持されるということです。店内での食事だと10%、持ち帰り、テイクアウトだと8%ということに。ではフードコートとかはどうなるの?お弁当は?食べる場所によって税率が違ってしまう?ということで問題になりそうな予感…。いろいろ疑問に思ったことをメモしておきます。

Sponsored Link

お弁当を食べる場所で税率が違う?

来年10月1日、消費税率が現行の8%から10%に上がる。これに伴い導入されるのが軽減税率制度。市販の弁当は「酒類・外食を除く飲食料品」として税率は8%に据え置かれる。少しでも家計負担を軽く、と考えるのが消費心理。改定後はこのお得感にひかれ、弁当族が増えそうな気がする。問題は弁当を食べる場所。状況次第では「外食」となり、軽減税率の適用外となる。

今日のランチは何にしよう? 昼休みはサラリーマンにとって、午後以降の仕事を乗り切 - Yahoo!ニュース(qBiz 西日本新聞経済電子版)

食料品は毎日買わざるを得ませんからね…税金が据え置きにしておいてもらえるならそのほうがいいです。

しかし、食べる場所で税率が違うとなると、買う方もお店の方も面倒くさいですよね。

とくに、ファーストフードの店なんて、大変ではないでしょうか?

キッチンカー・屋台

持ち帰りの場合は8%。店が用意した椅子やテーブルなどで食べる場合は10%。

ファーストフード・カフェ

持ち帰りの場合は8%。店が用意した椅子やテーブルなどで食べる場合は10%。

海外ですでに導入されているところもあるようですが…。

フードコート・イートイン

持ち帰りの場合は8%。店が用意した椅子やテーブルなどで食べる場合は10%。

ホテルのルームサービス・冷蔵庫

ルームサービスを頼むと10%。冷蔵庫のものを飲んだり食べたりは8%。

電車・列車の食堂車

食堂車で食べる場合は10%。駅弁を買って車内で食べる場合は8%。

国税庁消費税軽減税率制度の手引き

相当面倒くさいですよね、これ…。

Sponsored Link

食料品軽減税率への声は…?

というか、そのつもりがなくても、席が空いてないから持ち帰りにして、会計が終わってから席が空いたからやっぱ店内で食べたいというとき、会計しなおすのでしょうか?

決定当初から言われていましたが、施行まで1年を切ってこの先どうなるのでしょうね。

面倒だな、ますます外食しなくなるかなというのが感想ですね。

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク