子供の名付けに後悔?戸籍改名に成功する理由や適した時期とは?

スポンサーリンク

赤ちゃんや子供の名付けに後悔して、改名したい。でも理由はどうする?

具体的に何をすればいいのかわからない。手続きはいつするのがいい?

赤ちゃんや子どもに一生懸命に考えてつけた名前でも、あとから変えたいと思うことはあるかもしれません。

でも赤ちゃんや子どもの改名ってできるの?戸籍から変えられる?

できても大変ではないのか?と思いますよね。

名前は社会生活にとって重要なものですから、なんとなく気に入らなくなったから変えられるという安易なものではありません。

でもどうしても変えたい、という場合は方法がないわけではありません。

うちの経験談をもとにお話します。

Sponsored Link

子供の名前を戸籍改名するには

戸籍名を改名するには、家庭裁判所に「名の変更許可」を申し立てして認められる必要があります。

子どもが15歳未満の場合は法定代理人が必要ですが、子どもの場合は親権者となり、たいてい親がなります。父でも母でもよいですが、両親揃っていたほうが、考えも揃っているとみなされやすいでしょう。親権者がいない場合は後見人となります。

申し立ての理由という欄には

(1)奇妙な名である

(2)難しくて正確に読まれない

(3)同姓同名者がいて不便である

(4)異性とまぎらわしい

(5)外国人とまぎらわしい

(6)神官・僧侶となった

(7)通称として永年使用した

(8)その他

参考:裁判所「名の変更許可」

とあり、改名したい理由を選択して記入します。

命名の後悔というので改名したい場合はたいてい(7)の永年使用を理由とすることになります。永年というのが何年になるのかは個々のケースによりますが、成人で8~10年、子どもで5年程度と聞いています。

もちろん裁判所が明確な回答をしているわけではありませんので、経験などをもとに積み重ねられた話です。成人でも5年程度分の資料を持参するように言われた人もいます。

奇妙な名であるとか、難しくて読めないも最近はあるかもしれませんが、それでも、新しく作った名前を昨日の今日ですぐ改名できるということはほぼありませんので、使用実績を作って馴染んできてからということになり(7)の永年使用となることが多いです。

うちの場合は赤ちゃんから使っていて、幼稚園での1年での実績で改名が認められました。幼稚園などの名簿が決め手になったのではないかと思っています。

注意するのは、改名の申し立てそのものの理由が「永年使用」ということで、「姓名判断で悪い名前だから」とか「後悔したから」いうのではないということです。

ただ、子どもの場合はその永年が多少短くても済む場合があるというだけです。

大事なのは社会生活に支障があるから必要ということであり、個人的な心情などではないからです。

改名の手続きの流れやかかる期間は?

まずは、家庭裁判所で名の変更の申立書を入手します。

これは以前は家裁に出向いてもらっていたので面倒でしたが、いまは裁判所のサイトで簡単にダウンロードできます。裁判所のサイトにアクセスし、サイト内検索窓に「名の変更」と入れればPDFが出てきますのでそれを印刷するだけです。

この申し立て書に記入して、印紙と連絡用の切手などと必要書類を用意して住所地の管轄の家庭裁判所に提出します。郵送でもよいそうですが不備があったりするといけないので、持参したほうが確実かもしれませんね。

提出すると呼び出しの日時の連絡が来ますので、その日時に資料などを持って出向いて担当官と面談します。

そしてその内容をもとに家庭裁判所の家事審判官が許可かそうでないかの審判を決定します。

資料というのは新しい名前を使った証拠というか証明のできるものです。名簿や郵便物になりますので、(数年分を)きちんと取っておく必要があります。原本と写しを両方持っていって、必要であれば写しを提出する場合もあります。

印鑑

許可はその日のうちに出る場合がほとんどですが、そうでない場合もあります。

どんな事情を突っ込んで聞かれるのかとドキドキしながら行きましたが、非常に事務的に進みました。そうですね、感情の問題ではありませんから。

許可が降りた場合は、その審判書を持参して住所地または本籍地の市区役所に届け出ます。

本籍地の役所に届ける場合は不要ですが、住所地と本籍地が違う場合は戸籍謄抄本などが必要になる場合がありますので、手続きを滞りなく行うためには予め問い合わせて必要なものをそろえておきましょう。

注意点は、改名の日取り(縁起の良い日がいいとか、ほか手続き上必要になる日)が重要になる場合は、審判書の日付ではなくそれを役所に届け出た日が改名の日になるということです。戸籍には許可書を持って役所に届け出た日付が記載され、その日を境に名前が変わったことになります。

審判から役所への提出には期限はとくにありませんが、あまり日があかないほうがよいとは思われるので、よい日を選んだらすみやかに届け出ましょう。

改名そのものに要する期間は、時期や場合によりますが、1ヶ月から3ヶ月かかると思ってください。

小学校や中学校の入学を機に、という場合は、逆算して手続きを進めるか、どうしても間に合わない場合は、入学予定の学校に相談しましょう。その過程も決定に考慮してもらうよう正直に呼び出しのさいに話しましょう。

Sponsored Link

子どもの戸籍改名は不可能ではないけれど

このように、改名は不可能ではありませんが、非常に精神的にも時間的にも疲れるものですので、できるだけしないにこしたことはないですよね。でもどうしても…というのであれば正しい手続きを踏めばできないことはありません。

戸籍にも改名の履歴は残りますので、子どもへの説明もいずれ必要になるでしょうから、そういった先のことまできちんと考えておくことも大切です。

赤ちゃんや子どもの名前についてこちらもどうぞ

赤ちゃんが生まれたら、まず最初にしてあげる大仕事がありますね。そうです名付けです。一生気に入って使ってほしいから、素敵な名前を考えてあげたいですよね。赤ちゃんの名付けのときに、注意したいポイントをいくつか考えてみました。
子どもが生まれるとなったら、出産準備よりもなによりももっと大変なのが名前を考えることですよね。 大切な我が子が一生使うものだから、いろ...

Sponsored Link
スポンサーリンク