子どもの名付けに失敗して改名はできる?後悔しないために考えることとは

スポンサーリンク

子どもが生まれるとなったら、出産準備よりもなによりももっと大変なのが名前を考えることですよね。

大切な我が子が一生使うものだから、いろいろ調べて、話しを聞いて懸命に考えるわけですが、考えすぎてわからなくなってしまうことも…。

考え抜いて決めた名前でもし後悔している…という人がいらっしゃったら、少し一緒に考えてみませんか?これから名付けをするという方もどうぞご一緒に、子どもの名前それでいいの?ということについてお話していきませんか。

Sponsored Link

子どもにつけて後悔した例は

・読めない、読んでもらえない

人が読めない名前は、毎回「なんとお読みするのですか」「○○です」「△△さん」「○○です」というやりとりを一生何百何千回と繰り返すことになり、結構めんどうくさいです。

「名乗り」として辞書に載っているれっきとした正しい読みであっても、使用する人が少ない場合は読まれないので辞書に載っているからいいだろうというのは気をつけたほうがよいですね。

・性別がわかりにくい

漢字を見ると男の子っぽい、読みがどちらでもいける感じ…などは思わぬ不具合を生じることもあります。

男の子がほしかったけど女の子だったとか、その逆の場合にもそのまま考えていた名前をつけてしまうというパターンもあるようです。

・漢字の意味をあとで知った

漢字には思わぬ意味や由来があることがあります。

なんでもない漢字にちょっと嫌な意味や不吉に思える由来があったりと、こういうことをあとで知ってしまってきになってしまうということも。

・別の単語になってしまう

「海月」で「くらげ」、「心太」で「ところてん」、は定番なのでご存知の方も多いと思います。

また少し違いますが、音だけで決めると、別の意味になること、例えば「きょうせい」君が「矯正」君になるなど、思わぬほかの言葉になってしまうことに気づかなかった…などということもあります。

・ハイになって決めてしまった

赤ちゃんが生まれることが嬉しすぎて、あるいは自分が子どものころに憧れていたとか、なりたかった名前をつけたという場合に起きやすいです。

想像の上ではよかったものの、現実に使用する名前としてはなんとなく地に足がついていない感じがするという名前ですね。いわゆるキラキラネームもこれにあたるでしょう。

・年齢を取るごとに違和感

名前がかわいらしすぎて小さい頃はよかったけれど、だんだん大きくなってきて似合わなくなってきた…。

おっさんやおばさんになったときにどうしよう?と思ってしまうということはよくあるそうです。

・雅号のようで違和感

響きのきれいな名前、壮大な雰囲気の名前、おそらく名前としてはとても素敵でよいものなのでしょう。

どうも書家や画家、作家のように思えるて何でもない人間にとってはちょっとプレッシャーに感じる…。これもよくあることではあります。

・有名人と同じ名前で悪影響

たまたまにしろ、あやかったにしろ、有名人と同じ名前になった場合にあることです。

よくある名前ならよいですが、少し珍しい名前だったり、同性同名であったりすると、呼ばれるだけで反応されたりからかいのたねになったりすることも…。

その有名人が良くも悪くも話題になる度に嫌な気分になったりするのではつらいですよね。

・姓名判断で悪い結果

これも多いパターンでもっともやっかいです。つける時には気にしなかった、あるいは気にしたけれど他の方法で悪い結果だった…という場合ですね。

日常生活であきらかに不便のある場合は改名ができることもありますが、姓名判断で悪いから…というのは理由にはなりませんので。

後悔している場合どうしたらいい?

文房具と名前シール

理由にもよりますが、改善できるところはして、そのまま使っていくのが一番よいでしょう。

・読めない、読まれない、性別不詳

出来る限りふりがなをうっておき、ひらがなで構わない場合はひらがなにするなど、面倒な場面が予見される場合は対策して減らしましょう。

性別不詳の場合も同様です。また、読みだけであれば役所に届け出るだけで変更できます。

・漢字の意味や由来、別の単語になる

漢字の意味や由来に気になることがあっても、それは一生を左右することではないと考えるのが妥当です。別の単語になる場合も同様と考えるものです。

・キラキラネーム

意味や名付けに込めた思いがしっかりあるのなら恥じることはありません。

あまりにも日常生活に不具合が生じているというのならそれはそれで対策のしようがあります。単に気が変わったというだけで後悔するのはよくありません。

・年齢を取ると違和感、雅号のようで違和感

これも最初の名付けのときの思いを振り返ってみてください。懸命に子どものことを思って考えた名前であればよいのではないでしょうか。

お子さんが何か嫌がっているのなら対策が必要ですが、親が思っているだけなら気にしないほうがよいですね。

・有名人と同じで悪影響

これは、程度によりますね。あまりにも事件性のある事柄で同姓同名、そしてそれが現在、または将来にわたって不利益を被ることが予見されるというのであれば考えることも必要でしょう。

しかしたいていは一過性のことで、思うほどの不具合はないことがほとんどです。慌てず様子を見てはいかがでしょうか?

・姓名判断で悪い結果

これも、気にしないようにとしか言いようがありませんが、もしどうしても気になって仕方ない場合は、一度徹底的にすべての姓名判断のやりかたで確認してみるとよいでしょう。

そうするとどうしたってすべてのやりかたで吉というのが無理だとわかるのであきらめがつくことと思います。

Sponsored Link

改名は最後の手段です

どうしても、気になって、何も手に付かない…というのであれば、改名について考えることも必要かもしれません。

理由によっては認められる場合もあるでしょう。しかしそれは少々複雑な手続きも必要ですし、周囲の理解を得たりするのには時間もかかります。申請するまでに数年を要することもあります。

日々使って暮らしているうちに気にならなくなってくることもあります。せっかく心をこめてつけた名前ですから、後悔するポイントばかりではないですよね?

いずれ馴染んでくるかもしれませんので、できるならずっと使って行きたいですよね。思いつめる前に、冷静になってくださいね。

こちらもどうぞ

赤ちゃんが生まれたら、まず最初にしてあげる大仕事がありますね。そうです名付けです。一生気に入って使ってほしいから、素敵な名前を考えてあげたいですよね。赤ちゃんの名付けのときに、注意したいポイントをいくつか考えてみました。
赤ちゃんや子供の名付けに後悔して、改名したい。でも理由はどうする? 具体的に何をすればいいのかわからない。手続きはいつするのがいい? ...

Sponsored Link
スポンサーリンク