子どもの身長が低くて心配?長男の事例紹介と身長が低いとなれない職業とは

スポンサーリンク

子どもが小柄…で心配している方は多いのではないでしょうか?とくに男の子の親は、我が子の身長については気になってしまいますよね。

うちも長男は小柄でずっと心配していました。病院に行くほどではないけど、このまま大きくならなかったら?と思って、あれこれするんですが伸びないんですよね。

こればかりは待つしかないようですが、心配なまま待っているのもしんどいものです。うちの長男の小学校から高校1年までの記録が残っていましたので、とりあえず書いてみます。

記録は学年ごとになっていますが、長男は3月の早生まれですので、4月ごろの誕生日のお子さんは1年ほどずらしてみていただければと思います。

Sponsored Link

小学校のころの身長の推移

【1年生】

4月:110.3 9月:114.4 1月:115.0

【2年生】

4月:116.2 9月:119.0 1月:120.8

【3年生】

4月:122.2 9月:124.8 1月:126.8

【4年生】

4月:128.3 9月:129.7 1月:131.0

【5年生】

4月:132.9 9月:136.1 1月:137.2

【6年生】

4月:138.5 9月:141.6 1月:143.7

6年間で33センチ伸びています。この頃は年間4~6センチ伸びていればよいとのことですから、こんなものなのでしょう。ただ、周りの子も伸びていますから小さいままではありました。

中学校~高校1年の身長の伸び

ここからは計測が年に1回になるので4月の記録のみです。

【中学1年生】4月:146.1

【中学2年生】4月:157.5

【中学3年生】4月:164.3

【高校1年生】4月:166.6

3年間で20センチ伸びています。

ただし、中学3年から高校1年までの1年間では2センチほどしか伸びていません。現在高校2年ですが、記録は本人が紛失したため不明ですが、見た感じそれほど変わっていません。これで打ち止めといったところでしょう…。

子どもの身長はどう決まる?

よく身長は両親の遺伝である、つまり両親の身長が高いと子どもも同じように身長が高くなると言われていたりしますよね。

とくに男の子は母親の身長に影響されるということで、私が結構大きいものですから、長男もこれから伸びるよ、大きくなるよと言われ続けてきましたが、それほどの伸びはないままここまで来ています。

小学生の頃は、心配して両親の身長を入力して子どもの予測身長を出してくれる計算サイトなどを試しては、これくらいにはなるはずだと思ったりしていました。いま改めて計算サイトで出してみたらなんと180.5センチ…ですが遠く及ばずですね。

遺伝の要素のほかには、食事や睡眠も大事な要素であると聞きますね。

うちの場合はこれが原因ではないかと思います。長男は偏食でいまでも食べる量も少ないですから。

3高にはなれない?

もう死語かもしれませんが、イケメンの要素、3高(高学歴・高収入・高身長)ってありましたよね。今でも言うのでしょうか?

やはり男の子はスラッと背が高いほうがいいというのは根強くありますね。服も似合いますし。でもこれって本人の努力でどうすることもできませんからね。

本人を見ている限り、ほかの要素である高学歴、高収入も無理そうですね~。3高にはもうなれそうもありませんが、本人もそこまで気にしていないようですし、まあいいでしょう。

Sponsored Link

身長なんて気にしない

色鉛筆背の順

身長によってなれない職業があるのでしょうか。採用時の身長制限と聞いてまず思い浮かぶのが警察官ですね。ちょっと調べてみました。

「身体用件」として身長は「男子:おおむね160センチ以上あること」「女子:おおむね154センチ以上」となっています。

警視庁警察官・職員の採用試験(選考)受験希望者向けのサイトです。

長男に関しては、身長以外のほかのところ(性格面)で警察官に適性がありませんし関心もないようですからまあ目指すことはないでしょう。

また長男の場合は、裸眼視力が両眼とも0.6以上、又は矯正視力が両眼とも1.0以上であることという視力用件の方が問題ですね。

けれどなりたい職業があるのに本人にどうしようもない事柄の条件でなれないということがあるのは悲しいですが現実にあることなのす。

ほか身長制限があることで有名なのは力士や自衛官、SP、消防士、キャビンアテンダントなどでしょうか。

次男にも本人特有の問題はありますし、この先どうなるかわかりませんから、そういったことのフォローについては他人事ではなく考えていかねばなりません。

人には多様性がありさまざまなところでなんでもやっていこうと思える気持ちを持てるようにすることと、生きていくことそのものへの考え方を柔軟にしておくことですね。

自分の身体すら自分の意思や努力ではどうにもならないのです。

人生には思い通りにならないことなんて嫌ほどあるのですから。

子どもの身長の話から大げさな話になりましたが、親も多様な感覚を持って子どもの人生を見守っていきたいものです。

Sponsored Link
スポンサーリンク