こくばん先生の歌育(うたいく)で教師の副業解禁?曲やプロフィールについても

スポンサーリンク

3年3組こくばん先生という名前で現役の小学校教諭が歌手・シンガーソングライターとしてCDデビューするというニュースを見ました。なんでも川崎市の公立小学校の現役の教師ということですが、公務員って副業してもいいの?などいろいろ気になりましたのでメモしておきます。

Sponsored Link

3年3組こくばん先生とは?本名や勤務先学校は?

現役の小学校の先生で、川崎市立小学校に勤務しているということです。

山下達郎にあこがれて、高校時代は軽音楽部、大学でも音楽活動を続け歌手を目指していたそうですが、親や祖父母も教師の家庭に育ったため、やはり教師になることに。

教師として働きながらも、子どもたちとの生活のなかで思いついたことなどを歌にしてきたそうです。

そんな中、2年前に担任したクラスの保護者に、もとレコード会社の社員がいたことから今回のデビューにつながったということです。

現在5年生の担任ということですから、2年前、3年3組の担任だったってことなんでしょうね。

そんなこくばん先生のプロフィールは…。

現在29歳。川崎の公立小学校の教師ということまでわかっています。

川崎のどこの学校にお勤めなのかなどは不明ですが、転勤もあるのでそこはまあこだわることもないでしょう。本名も非公開となっています。

まあ、生徒さんや学校関係者は周知のことでしょうから、すぐに広まるかも?

こくばん先生の曲はどんな歌?

すでにYoutubeチャンネルもお持ちです。

子供の成長を温かい目で見守るやさしい人柄があふれていますね。

その他、発売になるアルバム「小学校の先生から教わること」には以下のタイトルが収録されています。

こくばん先生

M1 「はがぬけた」
M2 「できるよのうた」
M3 「おかえりのうた feat. 図工の先生」
M4 「やる気ダンス」
M5 「いただきますのうた」
M6 「えんぴつのうた」
M7 「友だちのうた with 小学校の先生たち」
M8 「かえりの会のうた」

「Sony Music Shop」は、CDやDVD・Blu-rayはもちろん、各種アーティストグッズや雑誌・書籍まで通販できるSonyMusic直営オンラインショップです。

小学校教師としての生活やご経験がこんな形で活きるとは、感動です。

教師が副業してもいいの?

今回、川崎市教育委員会もOKを出したということですがなぜ?

公務員でも全く禁止されているというわけではないようです。

してもかまわない分野の副業というものがあるようで、

1.家業の手伝い

2.不動産賃貸業

3.株やFXなどの投資

4.本業との関わりからのもの

この4に該当すると川崎市教育委員会は判断したということでしょうね。

おそらく先生の理念である「歌うことは心を豊かにする」を子どもたちに伝えるために必要な仕事であると、期待されているということですね。

「歌うことは心を豊かにすること」、その信念を持って、児童の情操教育のために作曲を始めたこくばん先生。
児童それぞれが「特別である」「必要とされている」と思えるような自己肯定感を持ってもらいたい、「楽しいね!」「嬉しいね!」という感動を友だちと分かち合える共感性を持ってもらいたい、そんな想いのこもった歌は、大人にもふと大切なことを教えてくれる。

「Sony Music Shop」は、CDやDVD・Blu-rayはもちろん、各種アーティストグッズや雑誌・書籍まで通販できるSonyMusic直営オンラインショップです。

歌育(うたいく)はあらためて評価されるか

歌が心を豊かにするというのは経験的に知っていても、歌育という言葉であらためて言われたことはそういえばない気がします。

食育という言葉はだいぶ馴染みができていますが「歌育」で検索しても出てきません。

食育基本法なんて法律も平成17年からあります。それで学校給食の栄養士さんとは別に学校の授業に栄養のことを教える先生が置かれるようになりましたね。

もしかしたらこのこくばん先生がきっかけで、音楽の授業とも一緒に、歌育というのもあらためて注目されるかも知れませんね。音楽の先生とミュージシャンがコラボして授業をするようになるかもしれません。

学校の先生はそれぞれ得意分野を持っていますから、工作や体育、理科や社会も外部講師が入って協力してやっていくようになると面白いですね。

教育の新ジャンルを作るかも知れないこくばん先生の活動に期待です。

Sponsored Link

まとめ

川崎市が現役の公立小学校教諭の歌手デビューを許可したのは、子どもたちにいい影響があると考えたからでしょう。

そんな3年3組こくばん先生はこれから忙しくなりますね。

周囲の先生たちもコーラスで参加するなど歓迎ムードということで、学校の先生が苦手な子供も苦手意識がなくなるといいですね。

歌育、広めて欲しいです。。

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク