育児・家事・仕事で毎日余裕がない!人生がつまらないときに

スポンサーリンク

毎日の仕事、家事、その他いろいろに追われてキツキツだなあと思うことってありますよね。

私も、ふと気づいたら、空も見ていないなというくらいゆとりのない毎日になってしまっています。

でも、それは少し気をつけてゆとりをみつけたり作ることで、乗り越えられるかもしれません。無理をしないで、といってもそれが無理と言わず、少しお寄りくださいね。

先日古本屋さんで見つけた本がとてもよかったので紹介しています。今回はその5回目となります。

言葉の冒頭の番号は通し番号で、本を手にとったときにわかりやすいようにそのまま載せています。

暮らしのヒント集

暮らしの手帖編集部 『暮らしのヒント集』 2009 暮らしの手帖社

疲れた心に沁みる言葉::小さなことから編

317.一日に一回は、声を出して、心から笑ってみましょう。楽しいことやおかしいことに興味をもつことは、健康法にもなります。 p153

心から笑う、いつからできなくなったのでしょう。ごくごく、たまに面白くて笑うことはありますが、年に数回となってしまっています。楽しいから笑うのではなくて、笑うから楽しいのだとどこかで聞いたことがあります。まずは、なにか笑えることを探して笑ってみることから始めて行けばよいのですね。

337.お金がない。時間がない。このふたつを口にするのは絶対やめましょう。そう言っているうちは、いつまでもそこから抜け出せません。p161

これは言わないように気をつけるようにはしています。このふたつのそのどれもは自分の責任だからです。以前はよくこう思っていましたが、誰も私からお金も、時間も奪ってなどいないのだと気づいたので、言うと自分を追い詰めるからです。工夫でなんとかするか、できないなら受け入れるかしかないのですからね。

341.どんなに忙しくても、一日に一回、自分や家族の未来を考えましょう。自然と元気が出てきて、やる気も出てきます。 p341

今のことに精一杯で、先のことを考える余裕は正直ありませんでした。なるほどそうですね。たまにではなく一日に一回、毎日考えることが大切なのですね。未来のことを考えると不安になることが多いのですが、それも気をつけたいと思います。

342.星を見ることを忘れてはいけません。寝る前のほんのひとときでも、星を見つめていると、心がやすらぎます。 p163

忙しい日などは、ベランダに出ることすら忘れている日があります。普段も、洗濯物や布団を干すなどのとき以外は出ないことも多いです。外を歩けば目的地まで急いでいるので、ゆっくり空を見ることもありません。今晩から星を見にベランダに出ます。

360.一日の予定を立てるとき、必ず何もしない時間を作りましょう。何もしないときこそ、自分自身に立ち返れる時間なのです。 p171

何もしない時間…作れるでしょうか。何もしないことがいけないことみたいに思ってしまっているので、あえてそうするのは少し抵抗がありますね。何もしていないように見えても頭の中も忙しく動いていたりします。でも、時間をとったほうがよいのは確かです。

361.簡単にいかないことは無理をしないで、いつかと決めて、置いておきましょう。まずは簡単にできることから始めていけば、必ずいつかはやってきます。 p171

ちょっと耳が痛いですね…。うまくいかないと意地になってしまってあれこれとやってしまいます。そのまま置いておくということがとっても苦手なんです。今わからなかったり、できないことでも、あとになってふと思い出してやってみるとわかったり、できたりすることってありますからね。わかってはいるのですが…私には待つことも課題なようです。

370.自分の都合で他人を変えようとするのはやめましょう。もしどうしても変わってもらいたいときは、まず自分を変えることが先決です。 p175

他人を変えるまで強引でなくても、つい自分の都合で動いてしまうことはあります。すぐに解決したいという自分の悪い癖です。これも耳が痛いです、反省しなければいけないところです。それも小さなゆとりがないからですね。私はいつもどうして、あわてているのでしょうか?

376.仕事や家事の合間に、一人になれる時間を作りましょう。ぼうっとするだけでもいいし、誰かのことを想ったりするだけで元気が出ます。p177

なかなか意識しないと一人になれる時間は作れないし、あったとしてもボーっとすることは難しいですね。つい、今日の夕飯のことや明日の買い物のことを考えてしまいます。あえてボーっとしてみる、これは本当にやっておかないと、ただでさえ容量の少ない頭がいっぱいいっぱいになってしまいますね。

381.疲れたときには少し昼寝をしましょう。10分寝るだけでも、すっきりして元気になります。無理をせずに、のんびりとやることです。 p178

これは私だけでなく、すべての人にも伝えたいですね。この10分の昼寝も取れない人がとても多いと思います。毎日分刻みだからこそ、10分のゆとりを持ちたいですね。つい無理してしまうものですが、無理を重ねると、本当に大事なときに踏ん張れなくなります。のんびりやりましょう。

小さなことを大切に

誰も私を追ってはいないし、時間も、気持ちも、そのゆとりも、誰も私から奪いに来てはいないのです。けれどなぜか毎日何かに追われていて、いつもなにか足りなくて焦っている気がします。それは毎日できる小さなことを、忙しがってしていないからです。隙間がないように見えるところでも、整理していらないものを捨てたり、並べ替えてみるといがいにスペースがあるものですよね。そこに無理に何かを入れるより、隙間はそのまま置いておいたほうが、今あるものの出し入れもしやすいし、見た目もすっきりするのと同じことかもしれません。日々できる小さなことを、忘れずにするゆとりを持って暮らしていきましょうね。

Sponsored Link
スポンサーリンク