民間療法と代替医療の意味の違いとは?何が問題なのかや補完医療についても

スポンサーリンク

さくらももこさんが闘病中に民間療法を実践していたと話題になっています。昨年に小林麻央さんが亡くなった時も同様の話がされていたと記憶しています。がんに限らず、病気や体調不良のとき人によっては民間療法に頼ることもあるとは思います。

民間療法とは何なのか?よく聞く言葉で代替医療という言葉がありますが、民間療法と代替医療との違いは?といったことなど気になることをメモしておきます。

Sponsored Link

民間療法と代替医療の意味とその違い

民間療法とは

民間療法(みんかんりょうほう)とは、古くから民間で見出され伝承されてきた方法によって行う治療法のことである。戦前の昭和期から広く使われるようになった言葉で、通常医療に含まれない「療法」群を指すもので、健康術(体制の容認しない医学システムを用いた健康法で、一つの体系を持っているもの)や健康法(健康術よりずっと単純なもの)、呪術的療法をその内容とする。

民間療法は、主に経験則に基づいた医療(もしくは医療の類似行為)である。

伝染病や負傷などの各種疾病や特定の症状や負傷に対応したものもあれば、慢性疾患や更年期障害に対するものも存在している。

治療効果の程はまちまちである。よく効くものもある。あまり効かないものもある。反対に健康被害を招くものもある。

Wikipedia

さくらももこさんも、水虫をお茶の葉(カテキンの抗菌作用を期待した?)で治そうとしたとか、割とそういうのが好きだったというお話があります。

代替医療とは

代替医療(だいたいいりょう、英: alternative medicine)とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」を指す用語である。Medicineは医療とも医学とも訳されることがあるので、代替医学とも呼ばれる。近代ドイツ医療社会史専攻の服部伸は、代替医療(オルタナティブ医療)とは、科学的・分析的な近代医学の限界を指摘し、時には霊の力を援用しながら、患者の心身全体の調和を取り戻そうとする医療であり、中国医学や漢方医学、アーユルヴェーダもこれに含まれると述べている。今のところ、通常医療に取って代わるような代替医療は存在しない。

Wikipedia

通常医療に取って代わるものはないということですから「代わり」というと誤解がありそうですが、通常病院で受ける治療ではないということですね。

そういった意味では、民間療法というのは、代替医療の一部に含まれると言えます。

ですので、このように言葉はわりと混同して使われているという印象がありますが、その事自体は大きく間違っているというわけではなさそうです。

補完医療とは

ちなみに、似ている言葉に補完医療というものがあるようですが、補完医療とはその言葉通り通常医療を補完するという意味です。ただ、補完というと足りないものを補うという意味になりそうですが、通常医療にはないものという意味では代替医療と同じと考えられますので、この2つはまとめて代替・補完医療と言われることが多いようです。

こちらは民間療法より、より医学に近いものとして学会も組織され、研究が進められています。学会の正会員には医師を始めとする医療関係の資格者であることが条件となっています。

正会員は、本会の目的に賛同し会費を納入する医師、歯科医師、薬剤師、栄養士、看護師、臨床検査技師、理学療法士、鍼灸師、柔道整復師等で公的資格を有する者や自然科学者および理事の推薦を受けた者とする。

日本補完代替医療学会会則より

民間療法は何が問題か

民間療法というと何かいけないもののように言われがちですが、それはなぜでしょうか?

医師や医療関係者が行うものではなく、全くの民間人がお金をとって行うことは注意して選択するべきとは思います。

まったくおかしなもので騙しているというのは論外として、そうではないものも概ね費用が高額になりがちなことと、標準治療ほどの効果が見込めないということはあると思います。

ただ、病院で受ける治療で思うような効果がなかったり、副作用が辛かったりなどそういった理由から実践してみようということになるという点は無視できないですね。

ですから、余計に弱みにつけこむ…などといった話にもなりますし、ただ、提供側に悪意があるとは言い切れないところも難しく、当事者でないと、なってみないとわからないところもあります。

Sponsored Link

まとめ

民間療法と代替医療には明確な意味の違いはなく、言葉レベルの定義に限れば民間療法は代替医療の一部に含まれるということです。

ただ、効果や弊害といった面を考えれば、一部に含むのではなく、全く別のものとしたほうがいいのでは?と個人的には思います。

また、人の体がまだ謎が多いように、標準治療・通常医療のすべてが正しくて、民間療法、代替医療、補完医療がすべて効果がなくて間違っている、ということではないというのが難しいところです。

あくまでも、標準として、通常使われている(もっと狭い意味で言えば保険適用されている)というだけであって、効果が証明されていない=効果がないということではありません。

ですので、がんに限らず病気や体調不良でどのような対処をとるかということと、結果の良し悪し、これらを結びつけて考えることはデリケートな問題ではあると思います。

選択肢は多いほうがよいですから、本当によくないものはなくして、少しは効果があるもの、気持ちが楽になれるようなものなど、いろいろ選べるようになるといいと思います。

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク