入学祝いの相場は?孫や甥姪に贈る時期と気をつけることとは

スポンサーリンク

新入学を控えたお子さんに、入学祝いを贈りたい…。お金で贈りたいとき、どのくらいの金額を贈ればいいのでしょうか?だいたいの相場を知っていれば考えやすいですよね。自分がもらうときはあまり気にしないのですが、いざ渡そうと思うとあれこれ考えてしまいます。

そこで、内孫・外孫、甥っ子姪っ子と親戚たくさん、お友達たくさんのうちの母の友人たち、百戦錬磨のおばさん衆にたずねてみました。

Sponsored Link

入学祝いの相場とは?

いざとなると意外とわからないお祝いの金額、どのくらいなら負担にならず、がっかりされない?相手と年齢別に聞いてみた結果を書いてみます。

・幼稚園入園 1万円~3万円

・小学校入学 1万円~3万円

・中学校入学 1万円~5万円

・高校入学  3万円~10万円

・大学入学  5万円~無限

孫は、一緒に住んでいる、または近所に住んでいる孫は金額は少なめになるようです。普段からお小遣いをあげたり、あれこれ買ってあげたりしているからだそうです。遠くに住んでいるなどであまり顔をあわせない場合はこういう機会しかないので少し多めになるそうです。

小学校だとランドセルを買ってあげるのは祖父母の役割だったりする場合もあるので、そういうときは改めて渡さないこともあるようです。小学校や中学校は義務教育でみんな入るんだからとくにお金はあげないという意見もあるそうですが…。

中学でばらついているのは私立中学の場合で合格祝いの意味合いがあるときに少し多くなるようです。高校や大学は合格祝いもかねているらしく金額は多めですね。大学の無限というのはちょっと怖いです。知り合いに200万円というのがいたそうですが、それは例外中の例外かもしれません。

甥姪

・幼稚園入園 5千円~3万円

・小学校入学 1万円~3万円

・中学校入学 1万円~5万円

・高校入学  1万円~5万円

・大学入学  3万円~5万円

これは孫と違って贈る側の年齢も様々になってきますので、関係によって個々のケースになるようです。でも孫みたいに無限大ではなく多くとも5万円を超えないようですね。

例外はもちろんあるでしょうけれど、もとの関係がきょうだい間ですから義理の関係も入るので一番悩むところかもしれません。

友人の子ども

・幼稚園入園 5千円ほど

・小学校入学 5千円ほど

・中学校入学 5千円~1万円

・高校入学  1万円ほど

・大学入学  1万円ほど

友人の場合は、お金というより品物や商品券のほうがいいとのお話…。あえて金額をいうならということです。

いつごろ贈る?

3月に入ったら、という感じなようです。暖かくなりはじめたころが感じが出ていいのではとの意見ですが、確かにそうかもしれません。逆にいつまでに、というのは入学式前後までならいいのではないかとのこと。

高校や大学の場合は合格発表が終わってから。大学だと結構遅い場合もありますね。そうすると、3月~4月上旬くらいの間ということでしょうか。

Sponsored Link

贈るときに気をつけること

花束を持った猫

・のし袋はどんなもの?

会って渡す場合、郵送する場合、親に渡す、本人に渡す、どんな場合もお祝い事ですのできちんとのし袋に入れるということです。のし袋は、何度あってもよいお祝い事に使う蝶結びで紅白の水引とのこと。

金銀の水引は結婚のときなんですね。家を新築するなど大きなお祝いのときも金銀でもよいそうです。金額ごとでのし袋のグレードが変わります。

1万円に満たない場合 印刷の紅白水引

1~3万円      普通ののし袋で紅白の水引

3~5万円      ちょっと豪華なのし袋で紅白水引

貰うときってあまりそんなこと気にしてなかったので(私だけ?)贈る方は気持ちをうまく伝えるのにこれだけ気を配っていたのだな改めて思いました…。

・偶数の金額ってどうなの?

結婚式などでは偶数は「割れる」と言って嫌うそうですが、入学祝いであればそれほど神経質になることはないようです。

1万じゃ少ないし、3万じゃ多いという場合、2万円を1万円札+5千円札2枚で奇数枚数にするという方法もあるようですが、「そこまでするなら1万円とちょっとした品物、あるいは3万円にしてしまうわ!」とのことでした。

・表書きは?

「これは気をつけとき!」と言われたのが表書きのことです。

「御入学祝」と書くと4文字になるので、四文字=死文字といって気にする人がいるらしいです…。どうするかというと「御入学 御祝」として5文字にするのがいいそうです。

または「祝 御入学」と「祝」と「御入学」の間を空けるとか…。でも5文字が無難とのことです。そうなんですか…。

・メッセージを贈りたいときは

便箋だとご大層でかたくるしくなるので、「一筆箋」というのを使って、お祝いのメッセージを書くそうです。2枚までにするのがよいそうです。

手書きのメッセージがついていると嬉しいですよね。とくに郵送の場合は必ずつけておきましょうとのことです。

・親と本人どちらに渡すの?

これも関係によるのですが、それぞれの親の考え方があるので、親に確認するのが無難だということです。

ご本人に会える場合でも、その家庭の方針とは違った額かもしれないのでいきなりお子さんに直接渡すのは避けた方がいいとのことです。

やはり気持ちが大事

贈る方は金額やマナーが気になりますね。せっかくのお祝いで相手によけいな心配や不安をかけたくないですからね。

でも最低限のことを守っていれば、ちゃんと伝わりますし、気にかけてくれたというだけで嬉しいものです。いろいろ気にして機会を逃さないようにしましょう。

Sponsored Link
スポンサーリンク