尾畠春夫さん著書出版延期トラブルはなぜ?アチーブメント出版の評判は?

スポンサーリンク

尾畠春夫さんが著書?面白そう、読みたいなと思っていたら出版延期?しかも尾畠さんが怒っている?というのです。トラブルとなっているアチーブメント出版とはどんな出版社なのか?尾畠さんの著書は今後出るとしたらどこの出版社から出るのか?またなぜ延期なのか延期理由や、などなど気になったのでメモしておきます。

Sponsored Link

尾畠春夫さん著書出版延期とは?

あのスーパーボランティアと呼ばれた、尾畠春夫さん。周防大島で迷子になり行方不明だった2歳の男の子を見事見つけ出したことで一躍有名になりました。

また、徹底したボランティア精神の持ち主であることもわかり、その人柄に日本中の人々が感動しましたね。

その尾畠春夫さんが初めて著書を出版されるというのなら、ぜひ読んでみたいと思う人は多いでしょう。

そんな中、出版延期のトラブルとはなぜなんでしょうか?

予約受付している本屋さんもあるのに、どうなるの?

尾畠春夫さん著書出版延期の理由は?

どうも、尾畠春夫さんは、著書の出版を了承したわけではなかったようですが…。

「出版の了解については、サインして判を押すことが法律的に必要だと聞いている。私は、それは一切していません」

そう憤るのは、当の尾畠さんだ。

「出版社は『これは違反本です』と書くべきです。私は、自分で本を出すことは考えていません」(同前)

山口県周防大島町で行方不明だった2歳男児を救出し、一躍時の人になった“スーパーボラ - Yahoo!ニュース(文春オンライン)

そんなことあるんでしょうか?

尾畠さんの本を出版しようとしていたアチーブメント出版という出版社はこう言っています。

「8月下旬に出版のお話をしました。その時に(尾畠さんから)『印税も契約書も不要』と伝えられました。もちろん、(尾畠さんから出版の)承諾も得ています」

同ヤフーニュース

なぜこうなる?という気はしますが、勝手に出版しようとした?誰が書いたの?

アチーブメント出版とは?評判は?

1999年に設立された東京の出版社です。ビジネス書をメインに、健康、生き方、哲学までさまざまなジャンルの本を幅広く手がけています。

聞いたことがなかったので評判を調べてみると…好き勝手ですが結構な言われようです。

◯◯する技術
◯◯する方法
幸せになるための◯◯
◯◯になるための体

アチーブメント出版って
大勢が抱えてる悩みを解決しますよ的な
ビジネス本、健康本、実用本を金太郎飴のごとく
出し続けて儲けているところだった気がする

ヤフー記事コメントより

何がどこまで問題なのか、今回のトラブルとどう関係があるのかはわかりませんが、悪意はなかったものと思いたいですね。

尾畠春夫さんの本はどうなるの?

尾畠さんは出版そのものを嫌っているわけではないようです。

要望があって、きちんとした手続きがあれば考えるとおっしゃっています。

改めてアチーブメント出版に確認を求めたところ、「12日の発売日は延期します」として、以下のように回答した。

「尾畠さんからは『出版を希望する各社が足並みを揃えた形なら、契約する』と言われたので、尾畠さんの望まれる形にしたい」

同ヤフーニュース

さて、このまま出版されるのか、あらためて他の出版社と契約するのか、もしくは出版されないのか?すでに印刷されているであろう本はもったいないですね…。

Sponsored Link

尾畠春夫さん著書出版延期についての声は?

このヤフー記事には多くのコメントが寄せられていますがおおむね、尾畠春夫さんが自分から本を書こうと言ったり、出版して欲しいとは言わないだろうという意見ですね。

・尾畠さんが本を執筆して印税を受けとるっていうイメージがない。これまでの言動を見ている限り。お金より実直にボランティアに励んでおられるのでは?。聞いたこともない出版社が利用したのか?

・インタビューや発言、語録を文字起こししただけの気もするね。本人が積極的に書きましょうなんて想像がつかない。

・救助した男の子の家族からのお礼やお風呂の提供すら断った尾畠さん。
ボランティアに対価を求めない姿勢が徹底している方が望んで本を出版するとは思えない。
本の印税が不要と尾畠さんが言ったのなら、それを明記した契約書を作るのが筋だし、要らないと言われてもそこは説得すべき。
一刻も早く出版して稼ぎたいという魂胆から当たり前のことも考えられない、程度の低い出版社と担当なのがよく分かる。

・読みたい気もするが、尾畠さんが自分で本を出すことはないと思う。無断で出版するつもりだったなら当然回収すべき。私も尾畠さん関係の報道は見たいけどご本人の邪魔になる行為はやめてほしい。

出版社についての意見は、ちょっと言い過ぎな部分もあるようですが、もし、本当に尾畠さんの了承なしに勝手に出版したのであれば意図がわかりません。単純な行き違いであることを望みますが、契約書をきちんと交わしていればそういったことも起きないはずで…。

これから詳細は明らかになっていくと思いますので、経緯を見守りたいですね。

それでは。。

Sponsored Link
スポンサーリンク