お盆は7月(旧盆)か8月(新盆)どちら?7月に行う地域の理由や場所は?

スポンサーリンク

お盆休み真っ最中ですね。昨夜、教えてもらう前と後という番組で、お盆はなぜ7月のところと8月のところがあるの?というのをやっていました。なんとなくは知っている人も多いかとは思いますが、改めて面白いなと思ったのでとりあえずメモしておきます。

Sponsored Link

お盆は7月?8月?地域によって違うお盆の時期

あなたの住む地域ではお盆は7月にやりますか?それとも8月にしますか?

子供の頃からずっと8月でしたね。今住んでいる場所も8月のようです。

関東での分布図が紹介されていました。これがびっくり。東京のお盆は7月っていうなんとなくの認識があったんですが、東京の中でも7月の地域と8月の地域がありました。

画面をそのまま載せることはできないので書き出してみますね。

お盆が7月の地域(MBS「教えてもらう前と後」調べ)

【東京都】

江戸川区・葛飾区・墨田区・台東区・江東区・中央区・千代田区・港区・品川区

足立区・荒川区・文京区・新宿区・渋谷区・目黒区・北区・中野区・杉並区

板橋区・練馬区

西東京市・武蔵野市・三鷹市・小平市・国分寺市・小金井市・東大和市・立川市

武蔵村山市・福生市・昭島市・瑞穂町・羽村市・青梅市・日の出町・奥多摩町

【神奈川県】

川崎市

川崎区・幸区・鶴見区・中原区・港北区・高津区・宮前区・都筑区・多摩区

麻生区・青葉区・緑区

相模原市

【埼玉県】

三郷市・草加市・川口市・所沢市

それ以外の関東や日本の他の地域は8月、ということでしたね。

7月に行う地域の方が、少数派といった感じです。

もちろん、例外はあるのでしょうが、とりあえず地図の分布はこんな様子でした。

なぜお盆が7月の地域ができたのか?

明治5年の改暦のさい、それまで使用していた旧暦から、新暦に変更されました。

28日周期の月のみちかけと太陽の運行を組み合わせた旧暦では、3年に1度閏月を加えて1年を13ヶ月にしなければなりませんでした。

番組内では言っていませんでしたが、旧暦から新暦への変更の理由は、明治維新後、財政難に直面していた政府が、明治6年の閏月を加えねばならない年回りを迎えるにおいて、13ヶ月分の給料を払いたくなかったから…という嘘のようなトンデモな理由だったと言われています。

また、旧暦と新暦では約1~2ヶ月のずれが起こります。

新暦と旧暦の日付のずれは、太陽暦と太陰太陽暦の違いが原因ではなく、1年の始まりの日の違いに起因する。

新暦では325年の第1ニカイア公会議において、春分の日付を3月21日と定めた。1月1日はその79日前(平年)か80日前(閏年)に当たる。一方、旧暦では元来雨水を含む月を1月とし、その直前の新月の日が1月1日となる。雨水は新暦では2月19日前後に当たり、旧暦の1か月の長さは29日か30日であるため、旧暦1月1日に当たる新暦の日付は1月19日から2月20日の間に来ることになる。他の日付も概ね同様であり、旧暦の日付は新暦の同じ日付の19〜51日後となる。

そこで、新暦でまる1か月(28〜31日)遅れた日付を取ればこの中に収まり、旧暦の日付と季節が大きくずれることはないのである。

Wikipedia

お盆についてはもっと詳しい説明が色んな所でされているので簡単にですが…。

もともとお盆は盂蘭盆会という仏教行事で、盂蘭盆経には地獄に堕ちた釈迦の弟子の母親を救うための供養をしたのが7月15日であったということが書かれています。

また、7月1日に地獄の釜の蓋が開き、祖先が子孫の待つ家に帰ってくる。それが閉じるのが15日という言い伝えもあります。

禅宗において夏の籠り修行が開ける解夏の日が7月15日となっています。

これら仏事と祖先供養が融合したのがお盆だということだそうです。

旧暦の7月15日というのは特別な日だったんですね。

そんなお盆の行事ですが、明治政府は、行事などの日付をずらさずに、旧暦と新暦で同じ日付でするようにと言いました。

しかし旧暦の7月15日に行われていたお盆を、新暦の7月15日に行おうとすると、どうにも稲作の繁忙期に重なってお盆行事まで手が回らないという問題が生じたそうです。

そこで、稲作の地域ではそのサイクルに合わせた時期にお盆を行う、ということで従来の時期、つまり旧暦7月、新暦の8月ということになった、という話でした。

こちらにも同様の説明がありました。

現在、新盆は東京を中心とした一部の地域のみで、大多数の地域は旧盆です。東京は新盆、その他は旧盆と、お盆時期のずれが定着した理由は諸説あります。例えば、農業が盛んな地方の7月は農繁期で忙しいため、1ヶ月遅らせてお盆を行った説などです。

(中略)

新盆の地域は東京をはじめとした一部の地域のみです。具体的には、多摩地区の一部を除く東京、函館、金沢の旧市街地が7月にお盆を行っています。

(中略)

8月にお盆を行う地域は、新盆の地域と変わり盆の地域(旧暦の7月15日にお盆を行う地域など)を除くほぼ全国で、日本では旧盆の方がスタンダードです。

暦の変更から、お盆の時期まで、政府に振り回されてしまったわけですね…。

私が今回初めて知ってへ~となったのは、東京(関東)のお盆は7月、となんとなく思っていたのが、東京でも7月なのは一部だということですね。

絶対のものではないとわかっていますが、分布図は面白かったです。

これもきっちり境目があるわけではおそらくなく、やはり混じっているようですが。

東京(関東)以外の地方でもおそらく、ですが農作業が忙しい地域とそうでない地域とで、わかれたのでしょうね。その名残が7月か8月かの違いになっているのでしょう。

Sponsored Link

まとめ

お盆やその由来は諸説あります。日付やその変更の理由についても同様ですね。

お盆が7月だったり8月だったりというのを漠然と関東地方は7月だ、と思っていたのが実は、関東でも7月のところと8月のところがあるんですね。それをはっきりと知ることができたのは面白いことでした。

お盆そのものは仏事と祖先への信仰の合わさった風習として受け継がれていて、地域によりさまざまな過ごし方があるでしょう。

いずれにしても、立秋のこの時期に、静かにご先祖さまを思うのはよいものです。

(とはいってもまだまだ暑いですが…)

Sponsored Link
スポンサーリンク