成人年齢引き下げでいつからどうなる?年金・税金・成人式・結婚・お酒・タバコは?

スポンサーリンク

米朝首脳会談の話題で盛り上がる中、成人年齢を18歳に引き下げる民法改正法案が参院を通過し、ついに成立することとなりました。

そうなると、成人年齢の引き下げが適用になるのはいつからなのか、一体何が変わるのか?どう変わるのか?

結婚は何歳からできるのか?お酒は?タバコは?少年法は?年金や税金は?少年法は?はたまた成人式はどうなるのか??などなど気になることがいっぱいなのでメモしておきます。

Sponsored Link

明治時代以来の大変化

成人の年齢が20歳と決められたのは、1876(明治9)年。その後、現在まで約140年にわたって「20歳で大人」というのが維持されてきた。今回の「18歳で大人」という変更は、歴史的な見直しだ。

 18歳以上が成人になるかもしれない。成人年齢引き下げで変わることと、変わらないことはなんだろうか? 小学校で4月から道徳が教科になった。中学校で教科になるのは来年からだ。道徳の教科化で、どんな問題が...

成人年齢の18歳への引き下げはいつから?

2022年4月1日の施行を目指して整えられることとなっています。

ということは2022年に18歳~20歳の人はまとめて成人することになるんですね。歴史的な大事件ではないでしょうか…。

何が変わって、変わらないのか?

このことによって変わることと変わらないことがあります。つまりすべてのことが18歳になるとOKというわけではありません。

選挙については改正公職選挙法によってすでに2016年の夏の選挙から18歳となっています。

20歳から18歳になること

・旅券法 10年パスポートの取得

・国籍法 外国人の帰化

・性同一性障害特例法 性別の変更の審判請求

・社会福祉法 社会福祉主事資格の取得

・水先法 水先人要請講師

・船舶職員および小型船舶操縦者法 海技免許講習の講師

・改正船舶安全法および船舶職員法 電子通信移行講習の講師

・改正公職選挙法 民生委員・人権擁護委員資格

18歳のままのこと

・未成年者喫煙禁止法 法律の名前が変わります

・未成年者飲酒禁止法 法律の名前が変わります

・たばこ事業法    文中の法律名称

・酒税法       文中の法律名称

・酒類業組合法    文中の法律名称

・アルコール健康障害対策基本法 アルコール健康障害の定義

・競馬法              馬券購入年齢

・自転車競技法(競輪)       車券購入年齢

・小型自動車競争法(オートレース) 車券購入年齢

・モーターボート競争法(競艇)   船券購入年齢

・児童福祉法 小児慢性特定疾病医療費の支給年齢

児童福祉法では小児慢性特定疾病医療費に関連し、18歳以上は保護者ではなく本人が受給する旨の規定を新設する。

「福祉新聞」のWEBサイトです。福祉に関する記事や、書籍を紹介しております。

その他

・消費者契約法 契約の取り消し規定追加

成人年齢が引き下げられると、18、19歳でもローン契約などが可能となり、トラブル増加が予想される。このため、改正案は「社会生活上の経験が乏しい人」を対象に、不安をあおる説明や、恋愛感情を利用した「デート商法」による契約について、取り消しを可能とした。

・児童虐待防止法 親権者への指導・命令規定削除

児童養護施設などで措置延長となった人も成人になるので、その監護者に関係する児童虐待防止法の規定を削る。

「福祉新聞」のWEBサイトです。福祉に関する記事や、書籍を紹介しております。

・出会い系サイト規制法 サイト運営の例外削除

・改正恩給法 重度障害遺族の扶助料加算特例削除

参考・引用

グラフィック・図解:  政府は13日午前の閣議で、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案を決定した。飲酒や喫煙の禁止年齢を20歳未満に据え置くなどの関連法案22本と合わせて今国会に提出する。今国会で成立すれば、2022年4月1日に施行される。成人年齢引き下げは、明治時代以来続く「大人」の定義を変える大改革で、...

成人年齢引き下げで結婚はどうなる?

女性の結婚可能年齢を16歳から18歳にし、男女同一になります。

年金・税金はどうなる?

国民年金法では「日本国内に住所を有する二十歳以上六十歳未満の者」は被保険者となる資格を有するとなっています。これは年齢の要件であって成人かどうかではありませんので、現行のままということでしょう。

税金については相続税の未成年者控除が引っかかるかと思いますが今後検討されていくでしょう。

成人式はどうなるの?

これってかなり気になることだと思うのです…。

多くの地方自治体では、成人の日に合わせて成人式を行っているため、成人年齢が18歳になれば高校3年生の成人式が大学入試と重なるのではないかとの懸念が出ている。
そこで政府内に浮上したのが、成人式を数カ月前倒しするアイデアだ。一部地域では8月の夏休み中に成人式を実施しており、これに倣えば成人式と受験・就職活動の時期をずらすことができる。祝日法改正で成人の日自体を動かす案もある。

 成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案が4月に審議入りした。今国会で成立すれば2022年4月に施行される。卒業間近の高校生の進学・就職に対する悪影響も想定されるため、政府は関係省庁連絡会議で近く成人式の在り方について検討を本格化させる方針だが、妙案を見いだせるかは不透明だ。〔写真特集〕成人式 成人式は埼玉県蕨町(現蕨...

少年法はどうなるの?

第二条 この法律で「少年」とは、二十歳に満たない者をいい、「成人」とは、満二十歳以上の者をいう。

少年法では20歳未満のものを対象としています。

もともと少年法は更生を目指すことを目的にしていますので、なんでもかんでも年齢を引き下げればよいというものではありません。

すでに刑事処分可能な年齢は2001年より16歳から14歳になっています。

平成27年6月に選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法が成立。付則で「民法や少年法などについても検討する」と明記された。

金田勝年法相は9日、少年法の適用年齢を現行の20歳未満から18歳未満に引き下げることなどについて、法制審議会(法相の諮問機関)に諮問した。引き下げの是非と同時に…

しかしこのように、今後の検討課題となっています。

Sponsored Link

成人が18歳になることについて

お酒やタバコが20歳のままで18歳で大人と言われることに違和感がある方もいるようです…。

心の準備ができてないって人もいるかもしれませんね。

成人が何歳かが変わるということで、成人ということの定義から再構築されていくことになるでしょう。

急に何がどうなるというより時間をかけて変わっていくものだと考えますので、うちもそうですが、これから大きくなっていく子どもがいるような家庭では親も一緒に考えていかねばならないことではないかと思います。

大学生になってお酒が飲めるかと思ったのにまだ飲めないのか~残念~なんて言ってるうちの子みたいなのはいっぱいいそうですが(笑)

年齢の区切りも考えつつも、ゆっくり大人になっていくのを見守りたいものです。

Sponsored Link
スポンサーリンク