専業主婦で育児中って暇?旦那から言われたムカつく言葉とは

スポンサーリンク

子どもが小さい間は、専業主婦でいる人も多いと思います。

事情は色々ですし、一概に言えないですが、最初から仕事を持っている人でないかぎり、子どもがいる状態で新たに探して仕事に就こうと思うと、なかなか難しかったりしますからね。

お子さんと一緒にいたいから、お仕事をやめたという方もいると思います。

私も、子どもたちの年齢があいてしまったことや、引っ越しなどから、長らく専業主婦でいました。

長男のときは、まだ若かったこともありのんびりと過ごしていましたが、次男のときは、求人票を見てはため息をついていましたね。

そんなときに、理解者だと思っている夫から意外な本音をぶつけられたら…。

Sponsored Link

専業主婦は暇で楽?

お仕事して、家事も育児もして…という方よりは時間は自由になることも多いです。

それだけに、やるべきことはきちんとやらないと、というプレッシャーもあります。

しかし、何をどれだけやっても、誰も見ていなかったりしますから、どうしても家にいる=暇だと思われてしまうのですね。

他人が言うならまだしも、夫までそう思っているのです。

私は、自分は専業主婦なのだから、夫が会社で仕事をしている時間は、自分も家事をその時間内に済ませるように気をつけていました。

帰宅して私がバタバタしていたら、夫がゆっくり休めないと思ったからです。しかしそれが裏目に出ようとは全く思っていなかったわけですが。

長男が小さかった頃はとくに、夫の帰りは遅くなることが多かったので、寝かしつけしながら自分も寝てしまっているということもよくありました。

それが気に入らなかったのかもしれませんが、ある日「いいなお前は」というようなことを言われてしまいました。

今となっては夫も余裕がなかったのだなと思えますが、当時は腹が立ちましたね。

私は夫に感謝しているのに、夫は私を一方的に食わせてやっているとしか思っていないんだ…とがっかりもしました。

そんなことを母に愚痴を言ったら、「そんなものだ。自分も同じようなことを言われたことがあるから、わざとお父さんがいる間にやることを少しは残していたよ」というのです。

「え?」と思いましたが実際そうすることで「忙しそうだな、何かあるか?」と聞いてきたことがあるらしいので、目に見えないことが想像できない夫の場合はそれくらいしてみるのもありかもしれません。

専業主婦が実際に暇かどうかは個人差がありますが、問題は、育児中には仕事に就きたくてもなかなか就けないこと、暇だと思い込まれること、やっている家事育児に重みを感じてもらえないことではないでしょうか。

Sponsored Link

夫の本音が出た瞬間

ある日、ささいなことで喧嘩になりました。

私が夫に「あなたにものを頼むのは非常に気を遣う」ということを言ったかと思います。そうしたら、「俺は働いているんだ!」と言われました。

「働いている…」そうか私は「働いてない」のか、としばらく悶々としていました。

夫婦ケンカ

家事や育児は働いていることにはならないのでしょうか?

外からお金を持って帰ってこなければ働いていることにはならないのでしょうか?

そんなことをしばらく考えていたように思います。家族を持つ決定をしたのは夫と私ですから、その結果生じる生計の手段や、家事や育児で出てくる課題は2人で分担しているものと思っていました。

しかしそう思っているのは私の方だけで、夫は自分が養ってやっているとどうも思っているらしいと知ったのは大変残念でした。

もちろん、お金がなければ生活出来ませんから、稼いで来てくれることには感謝もし、だからこそ家事や育児は自分のやるべきことと考えてやってきたつもりだったのです。

家事育児を仕事と考える事はなかったし、その議論はここでは置いておきますが、「働いていない」と言われてしまうとそれは違うと感じました。

ですので、考えた末に「俺は働いている」ではなくて「俺は会社に行っている」にしてくださいとお願いしました。

在宅で仕事をする夫であれば「俺は生計のための作業をしている」とでも言ってもらったかもしれません。屁理屈かもしれませんが私にとっては大事なことでした。

専業主婦で子育てをしていると、どうも暇だとか楽だとか思われてしまったり、食べさせてもらっているという気持ちになったりということがあるかもしれませんが、大事なのは家族がそれぞれやっていることを大切だと認め合うことです。

それには伝えないとわからないこともあると思いますので、もし「俺は働いているんだ!」「仕事しているんだ!」と言われたら、自分も大切なことを受け持っているのですからそこは伝えたほうがいいと思います。

Sponsored Link
スポンサーリンク