予約の取れない伝説の家政婦志麻さんが登録のタスカジって?料金や利用・依頼方法は?

スポンサーリンク

予約の取れない家政婦さんがいるって読みました。

最近テレビでも話題になっているタサン志麻さんというそうです。

なんでもプロの料理人から家政婦さんに転身したとか。

けど家政婦さんって予約するものなの?ってちょっと不思議に思ったのでそこもメモしておきま~す。

Sponsored Link

伝説の家政婦志麻さん

大阪のあべの辻調理師専門学校を卒業後、同グループのフランス校を卒業されて、ミシュランの三ツ星レストランでも研修されました。

その後、日本のフレンチレストラン2箇所で15年のキャリアを積まれました。

でも、フランス留学中に接した家庭的なフランス料理や、ゆったり和気あいあいと楽しむ食事の時間が志麻さんの理想としてあったそうです。

キッシュ

家族や身近な人との食事をの時間を大切にするフランスの家庭とシンプルな料理、その理想をどう形にするか、ずっと模索されていました。

ずっとフランス語の勉強は欠かさず、ついに店をやめてフランスの一般家庭を知るために再び渡仏されました。そこでフランス人のご主人と知り合い、結婚。

参考:https://mainichi.jp/articles/20180520/mog/00m/100/012000c

そしてあたためてきた理想を実現するために、家事代行サービス「タスカジ」に登録。

訪問先の家庭のキッチンで、料理をしたり、作り置きを作ったりするお仕事。

冷蔵庫にある食材や、買い物から担当したり、その場その場でのアレンジ力が要求されます。

家庭料理の作り置き、という仕事に迷いはないのか。ぶしつけな質問に、志麻さんは少し間を置いてから「お客さまとの距離が本当に近い。私がやりたかったのは、これなんだって、今は確信しているんです」と答えた。

 「伝説の家政婦」と呼ばれる人がいる。家事代行サービス「タスカジ」で働く志麻さん(39)。フランスの三つ星レストランで修業し、人気フレンチレストランの料理人として15年のキャリアを持つ。めったに予約が取れないほどの人気で、自身のレシピ本の出版やテレビ番組への出演など活躍の幅を広げている。出たとこ勝負

その後はまたたく間に予約の取れない家政婦さんに。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀でやっていたみたいですね。見たかった…。

タスカジって?

家事代行サービスをマッチングしてくれるサービスで、会社は2013年設立とのこと。

独自テストにパスした多様性豊かで経験豊富なハウスキーパー(=タスカジさん)と家事を依頼したい人が出会えるシェアリングエコノミーシステムです。あなたにピッタリのハウスキーパーと出会えます。

家事代行/家政婦マッチングサイトなら1時間1500円からの『タスカジ』|共働きをお助けします

タスカジさん登録の家政婦さんには「掃除・洗濯」「料理・作り置き」「整理収納」「チャイルドケア(保護者同伴)」がお願いできるそうです。

タスカジ公式サイトはこちらです https://taskaji.jp/

Sponsored Link

タスカジの気になる料金と依頼方法は?

タスカジ料金

家事代行/家政婦マッチングサイトなら1時間1500円からの『タスカジ』|共働きをお助けします

共働きの方にはリーズナブルなのではないでしょうか?

ただ志麻さんは有名になりすぎてしまったので、なかなかお願いできないかもしれませんね。

また、サービスを利用するには、最寄り駅からの検索になるようなので、志麻さんがどのエリアの担当なのか、さらにそこから来てくれる範囲なのか?など制限があるので誰でもというわけにはいかないようです。

一流フレンチシェフが一般家庭の台所で作り置き…庶民からするとなんだか夢のような話ですが、フランスのあたたかい家庭を知っている志麻さんだからこその視点なのですね。

タスカジさんのようなサービスは、これからどんどん必要になってくるでしょう。

各家庭のニーズは様々ですから、いろいろな個性を持ったタスカジさんたちが活躍されると思います。

家事が外注サービス化されるにしたがって、いままで見えていなかった家事の力が再認識されていくというのはなんとも面白いことです。志麻さんとタスカジさんのこれからに注目です。

Sponsored Link
スポンサーリンク