ダムセイバーテーマの曲名と歌手は誰?下久保ダムは心霊スポット脱却できる?

スポンサーリンク

埼玉県と群馬県の県境にある下久保ダム。

すっかり心霊スポットや肝試し場所として有名になってしまっているのを憂慮した関係者の皆様が、ダムを明るく楽しい場所にしようと助けを求めたのがご当地ヒーローダムセイバー。

ダムセイバーにはテーマ曲があるのですが、曲名やその曲を歌っているのは誰なのか?この取組みで下久保ダムは心霊スポットの汚名を返上できるのか?気になったのでメモしておきます。

Sponsored Link

下久保ダムとは?

埼玉県と群馬県の間にある、大きなダムなんですね。

アドレス上は群馬県になり、神流湖から発する神流川に流れる水を制御しています。

神流川は県境を進みながらやがて利根川に合流します。

下久保ダムは心霊スポット?肝試し?

利根川水系の重要なダムなんですが、なぜか心霊スポット、肝試しの場所として夜になると集まってくる人たちがいたそうで…。

“鬼神戦隊ダムセイバー”は、下久保ダムを守るご当地ヒーロー。闘う相手は、夜な夜な自撮りする若者グループです。そのうちの1人がこう話します。

「赤い橋っていう真っ赤な橋なんですけど、そこが“心霊スポット”らしくて」

SNS上では、霊が出るという根拠のないウワサが流れていました。「作業服姿の男性を見た」という書き込みによって、肝試しに訪れる若者が続出。

埼玉・群馬の県境にある下久保ダムでは、夜中に若者が集まり迷惑行為を繰り返している - Yahoo!ニュース(日本テレビ系(NNN))

ダムにありがちなことではありますが、周囲の迷惑になっていたようですね。

そこで、ダムセイバーの出番だったということ。

地元の方曰く、「心霊スポットとして、夜、若者が度胸だめし等に来だし、花火などをあげて騒いでいる事に、近隣住民が大変迷惑😖を被っている。」 そこで、 行政が考えたのが、夜間ダムに来ると、マスコットキャラクターの音楽を鳴らす‼️という事でした。 ご当地は、 心霊スポットではありません。 残念ながらお化けも出ません。 明るく💡行きましょう。 展望台からの絶景を是非体験したいです。 いつか行ってみたいなあ。

下久保ダム口コミより

ダムセイバーのテーマ曲、明るく勇ましい音楽を鳴らして、肝試し気分を萎えさせようということだそうです。来るなというより効きそうですね。

ダムセイバーテーマ曲とは?

ダムセイバーテーマ曲の曲名は「ウォーターファンタジア」というんですね。

確かに、こんな曲が流れてきたら、肝試ししようという気はなくなってしまいそうです。

ニュースの特集では、ぶち壊すとは言っていませんでしたが。たしか「台無しにする」と言っていましたね。肝試し気分は、そうとう台無しになりますね。

ちなみに、このダムセイバーのテーマ曲は群馬県側のダム入り口で聴けるとのこと。

埼玉県側ではまた別の曲「ジョージマン音頭」が流れるそうです。ダム好きな人が作ったそうですが、曲名からしても楽しげで、これもまた同じように肝試ししたくなくなる歌のようです。

ダムセイバーテーマ曲を歌うのは?

ご当地ヒーローダムセイバーの主題歌?を歌っているのは、こちら村上賢一さんという方です。キマってますね。

どこかのシンガーソングライターかと思ったら、神川町観光協会の会長さんだというから驚きです。自ら作詞作曲をして、歌っています。すごい。

軽快な曲調と歌詞で、気を風評被害を一掃する切り札としてスピーカーから流れる「ウオーターファンタジア」を作詞・作曲し、ボーカルも務めた神川町観光協会会長の村上賢一さんは「ダム周辺を通るときにこの曲が舞い降りてきた」と話し、「水は大事というテーマで作詞をした」と振り返る。

「ダム湖の下に集落が沈んでいる」「ダム建設作業で犠牲になった作業員の霊が出る」「昔、付近の廃屋で一家惨殺事件があった」-。群馬県藤岡市と埼玉県神川町の県境にある…
Sponsored Link

まとめ

下久保ダムは心霊スポットではありません(笑)

夜、こちらに出かけていって肝試しをしようとしても、ダムセイバーテーマ曲に雰囲気を台無しにされます。

ダムセイバーテーマ曲を作詞作曲し、自ら歌うのが地元の観光協会会長さんというのも面白いなと思いますね。

下久保ダムに限らず、ダムには、噂話ときには実話によるいろいろな伝説がつきものだったりしますが、ここにはそういったコワイ出来事はなかったようです。

子どもも喜ぶヒーローがいるということで、また違った話題ですね。

肝試しスポットになってしまったのもSNSから、こういった楽しい話題もSNS、ダムにまで時代の流れを感じたニュースでした。

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク