障害者バブルって?Co-Co Life(ココライフ)☆女子部タレント事業部が誕生

スポンサーリンク

障害があるから何も出来ない?そんなことはないはずです。

できないと思わせてしまっている社会を変えていかないといけないですね。

ニュースを見ていたら、いいなって思った話がありました。

東京オリンピック・パラリンピックを間近に控えこれはもっと広がるといいなと思ったのでちょっとご紹介したいです。

Sponsored Link

障害者専門タレント事務所が発足

日本で初となる障害者専門のタレント事務所が誕生した。母体となったのはNPO法人 施無畏(せむい)が発行する、難病や障害のある女性向けの季刊フリーペーパー『Co-CoLife(ココライフ)☆女子部』(2008年創刊・毎号1万部発行)。

「いま日本は障害者バブル」 初の専門タレント事務所誕生

ということだそうです。

プロデュースやマネジメントをするにも、理解がある方がしたほうがいいですものね。

活動する方にとっても、安心ではないでしょうか。

『Co-CoLife(ココライフ)☆女子部』って?

東京のNPO法人さんが発行しているフリーペーパーですね!

NPO施無畏(せむい)は、さまざまな障がいや病気を持つ人たちと、
『こころのバリアフリー』をめざすコミュニティ団体です。団体のフラッグシップメディア「Co-Co Life(ココライフ)☆女子部」は
『オシャレ』『恋愛』『グルメ』など、普通の女性が好むカテゴリーに
障がい当事者ならではの必要情報をプラスして編集。
一歩踏み出すための「きっかけ」や、一緒にやりたいという「共感」を提供するメディアです。

雑誌で人気のある分野に、障がいのある当事者の方の視点が加わったものだということです。

ココライフ

表紙もおしゃれです。

2008年創刊ということで歴史がありますね。

けれど、私はこういったことには関心があったほうですが、手にとったことはありません。

読んでみたいです…。一体どこで配布されているのでしょうか?

と思って調べてみましたらウェブサイト(http://www.co-co.ne.jp/)にありました!

配本場所はこちらで紹介されています。

『Co-Co Life☆女子部』の配布先をご紹介しています。 ※現在、設置場所のある県は以下のとおりです。 ご覧になりたい県名をクリックしてください。 北海道  岩手県  宮城県  福島県  新潟県  富山県  山形県 群馬県  茨城県  栃木県  千葉県  埼玉県  東京都  神奈川県 石川県  福井県  長野県  ...

まだまだもっとたくさんの場所に置いてほしいですね。

「Co-Co Life☆女子部」タレント事業部の所属タレントさんは?

こちらで紹介されています!

「Co-Co Life☆女子部」タレント事業部 専属タレントです。

『Co-Co Life女子部 タレント事業部』には現在13人と3組が所属し、事務所開設から間もないにも関わらず既に多くの問い合わせや依頼が寄せられている。講演や商品開発に加え、テレビやラジオへの出演、メディア取材、大手企業のCM撮影、UD(ユニバーサルデザイン)商品のPV出演などなど。
所属タレントは今後増やす予定で、近日開かれるオーディションには、これまでに全国から8歳から65歳まで約70人が応募している。

阿部知代 日本初の障害者専門のタレント事務所が誕生 13人と3組が所属 代表は「2020に向けてビジネスチャンス」と手ごたえ語る 「おもしろいからやっている」…障害者タレントの個性が魅力 日本初の障害

車椅子不良ユニット「BadAss Sores(バッドアスソアーズ)」さんとかカッコイイです。

Sponsored Link

障害者バブル?

でも、取り立てて、障害者タレント?というと違和感があるのは私だけではないようで…

実は、事務所開設に当たり声をかけた読者モデルの中には辞退した人もいた。理由は「『障害者タレント』のジャンルではなく、『一般のタレント』として勝負してみたい」から。他の芸能事務所を受けるという彼女を、岡安さんも守山さんも喜んで送り出したという

同記事

障がいがあるかないかにかかわらず、自分のしたいことが自由にできるそんなふうになって欲しいです。

「Co-Co Life☆女子部」タレント事業部のタレントさんたちの活躍で、それが当たり前になって欲しいと心から思います。これからの活動に注目していきたいです!

Sponsored Link
スポンサーリンク