卒園式・卒業式で泣かない方法は?親が涙をこらえるコツ

スポンサーリンク

もうすぐ卒園式、卒業式ですね。私は自分のときは泣いている友達を見てもなぜ泣いているのかわかりませんでした。でも子どもの卒園式や卒業式って、泣こうなんて思っていないのに勝手に涙が出て来るんですよね…。

長男のときに懲りたので、次男のときは泣かないでおこうと思って、とりあえず幼稚園では泣かなかったです。

無理に我慢することもないんですけれど、泣くと化粧がぐちゃぐちゃになってしまいますし、鼻水は出るし疲れるしで、せっかくの良いシーンを見逃すわでいいことがないですからね。

Sponsored Link

自分のときはなぜ泣かなかった?

あくまで私の場合ですが、幼稚園のときは実感がなかったです。あまり記憶もないですし。

しいて言えば、卒園式の本番で卒園証書を貰いに行くときに歩く場所を間違えてしまったんですね。そのことにその場で気づいて、保護者席の母をチラッと見たら、「ちがうでしょ!」と言いいたげなすごい怖い顔でこっちを見ていたのでそれどころではなかったんです…。

小学校の卒業式でも泣いている子はいましたが、理由がよくわかりませんでしたね。高学年になってからは友人関係で悩んだりと学校がそれほど楽しいとも思っていなかったので悲しくはなかったです。

中学の時は、もう学校が嫌いでしたのでせいせいしたという感じだけでした。高校では、学校の勉強がひたすらしんどかったので懲役を終えたような気分だった覚えがあります。大学のときは、就職が決まっていなかったので、なんとなく放り出される気分だったですね。

こうして思い出すと私ってろくな人生送ってないですね。母はどうだったかというと、卒園式では怒っていたし、中学・高校の卒業式に来ても、一度も泣いてなかったですね。子育て楽しくなかったのかな…。

長男の卒園式・卒業式

教室

こんな感じでしたから、私はそういう場面でも泣くわけないわって思っていました。それが長男の卒園式で、不覚にも?泣いてしまったんですね…。

朝は正装が面倒くさいと思っていたし、靴で足が痛いや、式場狭いな、と不平しか感じていなかったくらいですが。式が始まっても最初はなんともなかったのですが、園児が入場してきただけで泣けてきてしまって。

緊張ぎみの顔で並んで入ってくる子どもたちを見て、赤ちゃんからここまでよく大きくなったね…とわが子だけではなく誰を見ても泣けるので、本当に大変でした。謝恩会でのコーラスもだめで、練習は嫌ほどしたはずなのに当日は歌えませんでした。

小学校の卒業式ではそこまでではなかったですが、ハンカチがいる程度には涙が出てしまい、涙がでると鼻水もセットなので目と鼻を赤くして汚い顔で、写真を撮れるようになるまで時間がかかりました。

次男の卒園式

その後の次男の卒園式では泣かないでおこうといろいろ対策して行きました。成功したのかどうなのか、涙は出てこなかったです…。

・泣きそうな場面を前もってイメージしておく

長男のときに泣いてしまった、園児入場・卒業生入場の場面を先にイメージしておくと本番のときも、二度目に見る感じになって感情の揺れが軽減されます。

・卒園、卒業ソングも先に聞いておく

これも同じ理由ですね。私の場合、不意にやってくる感情の揺れがどうもだめなので、こういうことがあると先にわかっておくことが効果的でした。

・先に泣いておく

前の日に、長男の卒園式、卒業式で泣いてしまった場面を思い出して、また泣いてしまったのです。結果的にこれも対策になりました。

イメージトレーニングというか、シミュレーションというか、前もって泣きそうな場面を思い浮かべてそのときの感情を先に体験しておくことはけっこう有効です。

もっとも、私の場合は二度目だったからというのもあるので、卒園式そのものが初めての場合は、そう思い通りにはいかないかもしれませんが、できるだけ泣きたくないという場合は試してみてください。

Sponsored Link

もう一つの理由

次男の場合は、ようやく終わった…という気持ちが先にたっていて、これからの小学校生活への不安の方が大きかったからかもしれません。次男に関しては、幼稚園の入園のときからいろいろあったり、園生活でもめんどうなことをやってくれたりと大変だったから「なんとか通過した」という気分だったんです。

つまり、終わった…という安堵感が結果的に泣かない対策になっていたのです。私の親もそうだったのかもしれませんね。泣きたくない人は「疲れることが終わった」というふうに考えておけば泣かずに済むかもしれません。

え、冷たい?そうではないですよ…。自分のときに泣かなかった理由もそうですが、必死だったり疲れていると泣けないものです。冷たいかどうかはわかりませんが、少なくとも卒園式、卒業式で泣くかどうかとは関係ないです。

泣いてしまうのは自然なことなので、別にいいんですよ。問題はお化粧と鼻水ですね。泣いても崩れないメイクの対策をして思いっきり泣いてしまうのもいいでしょう。でも、できれば泣きたくないというときは、ぜひこれらで対策してみてくださいね。よい日になりますように。

Sponsored Link
スポンサーリンク