ゲームボーイ型スマホケースの使い方は?スマートボーイとの違いや価格・発売日についても

スポンサーリンク

スマホをゲームボーイ化するスマホケース・スマホカバーが開発中とのこと。一体どういうことでしょうか。どうもスマホをこのケースにセットすると、ゲームボーイとして遊べるということなんですがどうやって使うのでしょう?ゲームボーイ型のスマホケースの使い方や、似たような商品であるスマートボーイとはどう違うのか?発売日はいつ?値段や価格は?など気になることをメモしておきます。

Sponsored Link

スマホのゲームボーイ化とは?

それだけ聞いてもなんだかイメージがわきません。

取得とありますが、正確には「出願中」ですね。

つまり、スマホに専用ケースを装着することでゲームボーイとして遊べるようになるということなんです。

スマホゲームボーイ

これの特許をこのたび任天堂が出願中であることがわかったということで、発売が近いのではないか?と話題になっています。

ゲームボーイとは1989年に任天堂が発売した携帯ゲーム機です。白黒の小さな画面でしたが持ち歩けるゲーム機として累計1億台を売り上げた大ヒット商品です。

それまで任天堂が発売していたゲームウォッチではひとつの機械でひとつのゲームしかできませんでしたが、ゲームボーイはソフト入れ替えでいろんなゲームができたのがよかったですね。

そしてそれから30年を経て、今度はスマホをゲームボーイにしてしまおうというもの。

面白いですね。

ゲームボーイ型スマホケースの使い方は?

じつは、アメリカですでにスマホをゲームボーイとして遊べる「スマートボーイ」というものが発売されています。

アメリカのハイパーキン(Hyperkin)社が発売しています。

スマホをスマートボーイに装着して、専用アプリをダウンロードして遊ぶかたちですね。

(結構大きな音が出ます)


おそらく、使い方はこれと同じような感じになるのでしょうね。

日本では売っていないので、入手できるのは輸入品になりますね。

こちらはプラスチックでごっつい感じしますが、手帳型ケースであれば手にもなじみそうですし、これよりもっと携帯しやすいかもしれませんね。

ゲームボーイ型スマホケースの発売日や値段は?

このスマートボーイは、最初エイプリルフールのネタだったというのが本当に商品化してしまったということらしいんですが、その間2年足らず。

技術的には可能なことがわかっていてもう特許も出願中ということ。

特許取得までには2~3年かかるかもしれませんが、出願中でも商品化はできないわけではないですからね。海外の人が日本でお土産に買っていってくれるかもしれない東京オリンピックまでには?なんて期待しています。

値段は、スマートボーイが約60ドル、日本円で6000円ほど?ということなのでそのくらいになるのかな、と予想します。

ゲームボーイ型スマホケースへの声は?

これについて人々はどう思っているのでしょう?

確かに、スマホが大きくなったから可能なのかもしれないですね。

問題というか心配はそこですよね…。機種別に出すのか、アタッチメントを付録するのか?

Sponsored Link

まとめ

ゲームボーイと聞いても知らない世代もいるでしょうね。

そんな方たちも新鮮に思えるゲームがたくさん遊べるようになるといいですね。

親子世代で一緒にプレイできそうです。

機種ごとに大きさが違うことなど課題はあるかもしれませんが、もうすでに類似品であるスマートボーイはアメリカで発売されているので、実現自体は可能と思いますので早く発売されたらいいなと思います。

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク