台風21号で関空連絡橋タンカー衝突の原因は?海運会社の責任や賠償額は?

スポンサーリンク

台風21号の被害のひとつとして関西空港連絡橋にタンカーが衝突したことがありますが、これが後々結構影響が大きいのではないかと思います。タンカー宝運丸の関空連絡橋への衝突事故はなぜ起きたのか、事故の原因や海運会社の責任は?損害賠償が大変なことになるのでは?と気になりましたのでメモしておきます。

Sponsored Link

関西空港連絡橋にタンカー宝運丸衝突

9月4日午後13時すぎ、風速60m近い暴風が吹き荒れていた大阪湾でコントロールを失ったタンカー「宝運丸」が空港連絡橋に衝突しました。

非常に強い台風21号による強風の影響で、大阪湾に停泊していたタンカー「宝運丸」が風に流され、大阪府泉佐野市のりんくうタウンと関西国際空港を結ぶ連絡橋に衝突、橋の一部が破損した。

非常に強い台風21号による強風の影響で、大阪湾に停泊していたタンカー「宝運丸」が風 - Yahoo!ニュース(THE PAGE)

このような光景は想像もしたことがありませんでしたので、びっくりしました。

ともかく、乗組員の方たちが無事で良かったです。

タンカーはなぜ衝突してしまった?原因は…

テレビ番組(ひるおび)内でついて解説していました。

海の条件と台風の風向き

かつてない規模の高潮、これは悪条件が重なったと言えるのではないでしょうか?

和歌山沖から、大阪湾に向かってだんだんと潮が満ちてくるのですが、9月4日当日のこの通常の満潮の時刻が和歌山で午後2:15、大阪湾で午後17:10ということでした。

台風が大阪付近に上陸して、低気圧の影響による高潮が最高潮になったタイミングと、潮が満ちてくる満潮のタイミングが重なってしまったこと、さらに今回は台風による猛烈な南風により付近の海水面が上がってしまう悪条件が3つも重なってしまいました。結果として3m29cmという超高潮の状態を生じてしまったということでした。

アンカー(錨・碇)が外れてしまった

このような海での悪条件の重なりによる高潮の影響と、風に船が煽られて回転するなどしたことで。適切に打たれていたアンカーが外れてしまった。

積荷である燃料の油を下ろしたところで船が軽かった

バラストなどあまり入れていなかったのでは…?ということはテレビで触れていましたが実際のところは不明です。

停泊場所は適切だったのか?

当時、関西空港の東側、連絡橋の中心よりやや南東の沖に停泊していたタンカーですが南からの満潮の流れ、強い南風に押されて連絡橋まで流されてしまったということです。

停泊場所は空港が指定することはないものの、自由に決められるというわけではないので、海運会社や船長さんの判断がある程度入るようですが、海運の通常の事情をよく知らないものが停泊場所が不適当だったのではということはできないという感じでした。

その後のニュース記事ではこのようになっていました。

「関空からタンカーに停泊位置など細かく指示が出ていたはずですが、仮にその指示などで関空側にも過失があった場合、過失相殺が認められ、タンカー会社の賠償負担が減る可能性もあります。もっとも、自然災害という不可抗力によるものと認められれば、賠償責任そのものが免除されます」

近畿地方を通過した台風21号は、その爪痕を大きく残した。9月4日、高潮で滑走路が冠水 - Yahoo!ニュース(NEWS ポストセブン)

船のエンジンが故障していた?

その後、エンジンを始動させることができるも、時すでに遅く、流れに逆らえず衝突…。

事故にはよくあることですが、いくつかの悪条件が重なってしまった結果といえます…。

海運会社の損害賠償責任と賠償額は?

気になる人も多いようです。

どこまで責任があるのか?

この海運会社の責任を問う声もあるにはあります。

タンカー衝突事故の「宝運丸」を所有するのは日之出海運さんという会社ということです。

事故とはいえ、タンカーが衝突して橋を壊してしまい、空港の利用に影響を与えてしまったことは確かです。ただ、この船会社にどこまで責任があるのかということは慎重に考えなければなりません。

大阪府の松井知事は人災だって言ってますが…。

「(連絡橋への)タンカーの衝突さえなければ、今の時点で復旧がかなっている。関空が今の状況に至っているのは人災と思う」と述べた。

台風21号で大きな被害を受け、全面復旧が見通せない関西空港について、地元・大阪府 - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

橋の損傷と空港閉鎖による被害額は別

橋の損傷については、海運会社も保険(PI保険:船主責任保険)に入っているでしょう。

しかし、今回の事故の原因において、海運会社側にも過失があるという話になってしまうと全額が補償されるかどうかはわかりません。

「船舶一般において、船長にはアンカー(錨)をおろして船が流されないように守錨をする義務があります。その義務を怠った場合の事故などは船長の過失であり、その賠償は船主(海運会社)が支払うことが民法の特別規定によって定められています。船舶はPI保険(船主責任保険)に入っているのでそこから補償に充てられますが、上限は通常、数十億円に設定されています」

近畿地方を通過した台風21号は、その爪痕を大きく残した。9月4日、高潮で滑走路が冠水 - Yahoo!ニュース(NEWS ポストセブン)

また、道路を管理する西日本高速道路(NEXCO西日本)、特急を運行するJR・南海などの電鉄会社、航空機の運行に関わり航空会社、関空の施設運営会社、旅行会社、個人など影響の及ぶ範囲が大きすぎて、賠償額は現時点では想定もできません。

天災ではあるものの、予測できたこと、予測不可能だったこと、タンカーを所有する開運会社や運行を受け持っている会社にどこまでの責任があるのかということも、かなり難しい話と思われます。

国はどこかだけの責任にしないで、助けてあげてほしいと思います。

Sponsored Link

まとめ

タンカー衝突により、関西空港の連絡橋は破損してしまいました。

通行止の解消には相当の月日がかかることでしょう。国際線を主に、一日500便ほどの発着がある空港ですので、影響は計り知れません。

ただ、数十年に一度あるかないかの規模の台風により、また想定できなかったような悪条件が重なって起こったということも事実なので、あまりこのタンカーの海運会社が責められるばかりでないことを願います。

Sponsored Link
スポンサーリンク