とんねるずファンクラブ閉会はなぜ?解散より前に閉鎖する理由は?

スポンサーリンク

とんねるずさんが公式ファンクラブを閉会するというニュースがありました。とんねるずといえば、もう小学生のときからテレビで見ない日はないという感じでしたので、なぜ今ファンクラブを閉鎖してしまうのか?と理由が気になりました。まさか解散はないでしょうね?とは思いますがいろいろ気になるのでメモしておきます。

Sponsored Link

とんねるず公式ファンクラブ閉会

30年以上の歴史に幕…。

お笑いコンビ「とんねるず」が公式サイトで、今年12月31日をもってオフィシャルファンクラブを閉会すると発表した。

1日にサイトを更新。「とんねるずオフィシャルファンクラブTN Loungeより大切なお知らせ」というエントリーで「いつもとんねるずを応援いただき、ありがとうございます。とんねるずオフィシャルファンクラブTN Loungeは、今後の運営について協議した結果、2018年12月31日(月)をもって閉会することとなりました」とし、「10月1日13時をもちまして、新規入会の受付を終了させていただきます」と受付終了も報告した。

お笑いコンビ「とんねるず」が公式サイトで、今年12月31日をもってオフィシャルフ - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

とんねるずファンクラブ閉会はなぜ?

とんねるずといえば、長寿番組「みなさんのおかげでした」が今年の3月に終了してしまいましたが、それは関係あるのでしょうか?

前番組の「とんねるずのみなさんのおかげです」から数えれば実に30年に渡って放送されていた番組が終わることで話題になりましたね…。

テレビには、視聴者と制作者の“お約束ごと”がある。1988年に番組が始まった頃、とんねるずは“偉そうに振る舞うキャラクター”と認識されていた。視聴者は彼らが高卒からのし上がってきた背景を知っているから、石橋貴明さんの横暴に見せる振る舞いを楽しめた。しかし、今の20代にとってみれば、物心ついた時にとんねるずは既に大御所。出自を知らないため、企画で後輩芸人に時計を買わせる姿を受け入れられなかったのではないでしょうか

長寿番組の後枠は鬼門なのか──。21年半にわたってフジテレビの土曜夜8時台を守ってき - Yahoo!ニュース(NEWS ポストセブン)

マツコさんと有吉さんが勢いを増すのと入れ替わりのようですが、なぜマツコと有吉は受け入れられる?と言っても単純に時代の移り変わりなのでしょうか。。寂しいですね。

今の30代、40代が子どもだったころ、すなわち80年代から90年代。テレビはキラキラと輝いていた。これから何が起こるのか。ワクワクしながらテレビの前で胸をときめかせていた人は多かったのではないだろうか。今の

とんねるず解散はある?

もともと、2人での活動というよりは、すでにそれぞれでの活動もしておられるイメージですので、いまさら解散する意味はあるのかな?という気はしますが。

しかし、こういう話があることも心配ですね。

春から始まった「たいむとんねる」という番組がどうも上手くいっていないようですが。

「じつは『たいむとんねる』も、当初はとんねるずの2人にオファーがあったそうなんです。ところが、その出演依頼を木梨は拒否し、所属事務所の社長でもある石橋は『だったら、俺一人でやってやるよ』という感じで激怒。そんないわくつきのスタートだったそうです。結局、『たいむとんねる』の不調は石橋一人の責任になってしまいました。今後はウッチャンナンチャンばりにコンビとしての活動は減っていき、そのうち、とんねるずはテレビで見られなくなっていくのではないでしょうか。業界内では以前から解散の危機が囁かれ続けてるのは事実です」

心配するファンの声もあるにはあります。

仮に解散するとしても、ファンクラブを先に閉会してしまう理由は何なのでしょうか?

解散の発表があってから、ファンクラブも閉会するという順番でもいい気はしますが。

これは今日の発表の文章にヒントがあるのではないかな…?と思います。

「10月1日13時をもちまして、新規入会の受付を終了させていただきます」

ここですね。知らずに入会したばかりの人にショックを与えたくはないということではないでしょうか?

また、ファンクラブの会費(会費があるとしたら)はたいてい年会費で1年分などをまとめて払うでしょうから、そういったことの混乱も避けたかったのではないかなと…。

Sponsored Link

まとめ

なんだか、今年になってこういうニュースが続いて寂しいですね。

解散はないと思いたいですが、それならファンクラブを閉鎖する意味もないので、もしかしたらとんねるずは解散してしまうのかもしれないな…という気もします。

今後の情報が気になります。

それでは

Sponsored Link
スポンサーリンク