使いかけ化粧品をなぜ買うのか?売り買いするリスクとメリット・デメリット

スポンサーリンク

使いかけの化粧品をフリマサイトなどで売買しているというのは以前から知ってはいました。

そう思っていたらこんなニュースが。

気分がどうかというより品質が保証できないという話ですけれど。

そういったデメリットを差し置いてでもメリットがあるってことですよね。

気になる話をメモしておきます。

Sponsored Link

使いかけ化粧品を売り買いするリスク

えーっと、中古品、使いかけとわかっていて購入するわけですが、お金を払っている以上ある程度の状態を期待するのは当然ですよね。売る方も最低限の注意は払っているべきです。

使いかけの化粧品の売買については、売る側としては、自身の行動に対する責任、買う側には品質や不測の事態への補償がないことなどのリスクを理解した上で成立するものですね。

とはいっても、中古品の売買も市場の一部と考えれば国民生活センターへの苦情はまあ仕方ないでしょう。でも、メーカーには責任はないと思いますが…。

なぜ使いかけの化粧品を買うのか?メリットとデメリットは

メリット:節約のため

値段は高くても質の良い化粧品を使いたいと思ってはいるが、なかなか『これだ!』と思えるものと出合えない。でも、それを見つけるためにいちいち新品を買っていたらおカネがいくらあっても足りない。

メリット:試したい

試供品ではダメなのかと尋ねたところ、「1回使って好感触だと思ったものでも、1週間使ってみると『違うな』と思うことは往々にしてあるから、一定期間使わないと本当にいいかどうかわからない」とのこと。

メリット:最新のものを使いたい

また、コスメの流行の変化のスピードが速いため、つい最近まで新作だったマスカラを1本使い切る前に、新しい機能を備えたマスカラが誕生している。つねに最新の良い商品にキャッチアップしていくには、使いかけで十分事足りるのかもしれない。

引用:「使いかけの化粧品を買う今どき女子の事情」https://toyokeizai.net/articles/-/215932

デメリット:安全・衛生面での不安

・誰が使ったのかわからない

・悪意または過失による異物混入の危険

・保管状態も不明

デメリットはこれらに尽きると思いますが…。

Sponsored Link

使いかけ化粧品を売り買いする注意点

でも、一定の注意をして売買するならば、双方にはよいこともあるはずです。

使いかけの化粧品を購入する側の注意点

・売っている人の評価を注意深く観察する

・気になることは質問する(購入時期や保管状態など)

・使用する際は少量から、目立たない範囲から、など気をつける

使いかけの化粧品を売る側の注意点

・購入者の不安や質問に付き合うこと

・はじめから売ること前提なら使用や保管に注意を払う

・使用する前や使用する際に注意して欲しいことを明確に伝える

注意点はたくさんあるとは思いますが、双方細心の注意を払って、ものを大切にするという観点からうまく利用できるとよいですね…。

Sponsored Link
スポンサーリンク