ホワイトデーのお返しはチョコ・クッキー以外で!男でも簡単すぐできる!

スポンサーリンク

高校生の息子が、なにやら台所でガサガサしていたので見に行ったところ、ホワイトデーのお返しのお菓子を作っているとか。

卵焼きもまともに焼いたことがないのに、お菓子なんて作れるのか?しかも女の子にあげられるようなものなんて?と思っていたら、作業は1時間ほど、あとは放置で完成していてびっくり。

料理もできない不器用男でも簡単ですぐできたので報告します。熱も火も使わないので、幼稚園くらいのお子さんとでも楽しめますよ。

Sponsored Link

カラフルなラムネを早速作ってみましょう

用意するもの

0,材料

・粉砂糖     50g

・コーンスターチ 10g

・クエン酸    小さじ4分の1

・重曹      小さじ2分の1

・レモン果汁   小さじ2分の1

・水       小さじ2分の1

・着色料     適量

口に入れると、シュワッとはじける食感のラムネ菓子です。

レシピそのものはクックパッドで見たそうですが、途中で不器用男のアレンジが入ります。

1.粉

1:粉砂糖とコーンスターチを入れて混ぜます。

2,色

2:着色料とクエン酸と、レモン果汁と水を入れて混ぜます。

3,混ぜてできたもの

3:あらかた混ざったら、最後に重曹をいれてさらに混ぜます。

4,ラップにとる

4:適量をラップにとります。

ここからがレシピと違うところです。

レシピでは計量スプーンの一番小さいものを2つ合わせて球形を作るのですが、同じ大きさのスプーンが2つないことと、難しそうだというのでラップで丸めることにしたようです。

5,ラップで丸める

5:ラップで丸めます

6,丸めたもの

6:丸めたものがこれです。直径2センチくらいでしょうか。

最初の分量でこれが8~10個くらいできます。

7,何色か

7:色を変えて同じように作ります。その後3時間ほど乾燥させます。

ラッピング

8:ラッピングして完成です。見えにくい袋を選んだのはわざとでしょうか…。

味は、まあ、ラムネだなという感じです。でも口溶けはよかったです。

そのぶん衝撃には弱いので持ち運びには注意が必要です。

Sponsored Link

小さい子にも簡単

オーブンを使わないので、うちの次男でも作れそうです。ひとつもバレンタインは貰ってはいませんが。特別なときでなくても、普段のおやつにもいいと思います。

ラップで丸めるのであれば衛生面でも不安はそうありませんので、幼稚園くらいの男の子でも楽しく作れますよ。もちろん、女の子はきれいな色を喜んで作ってくれると思います。

テーブルに座ったままでできるので、準備も見守りも楽です。

色を混ぜて他の色をつくるという色の勉強にもなりますし、丸める過程では手先を使う練習にもなるのでおすすめです。もっと器用にできる子であればクッキー型などもよいですね。

お子さんたちとのイベントなどでも危険がなくて、手も服もたいして汚れませんので、片付けも楽でよいかと思います。次男も興味を持っていたので、今度一緒にまたやってみようと思います。時間がなくても、不器用でも簡単にできるのでおすすめです。

Sponsored Link
スポンサーリンク