山口もえさんのいじめ発言はなぜ問題か?謝罪コメントもなお言葉足らず?

スポンサーリンク

山口もえさんが番組中でしたいじめについての発言に対して、さまざまな意見が飛び交っているようですね。どのような発言で、何が問題だったのか?あらためて考えてみました。

Sponsored Link

山口もえさんの発言内容とは?

山口もえさんは28日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」内でいじめについての意見をこのように語られたということでした。

山口は学生のいじめを取り上げたVTR後に「人生が90歳までだとして中学3年間は90分の3年。人生長い意味で考えたら、この時間すごくつらいけど頑張ろうと思える。つらいけどそれも一瞬」とコメントし、SNS上で一部ユーザーから批判の声があがっていた。

一見、何の問題もなさそうなコメントに思えますよね。

しかし、よく考えてみると気になる点はいくつかあります。

山口もえさんの発言についてどのような批判があったのか?

まず、私がこの発言のここだけを見てですが思うことです。

・15歳のときに90歳のときに振り返れば小さいことと思えるか?

・いま現在辛いことの根本的解決にはなっていない

・いじめで辛いときそれに耐えて頑張らなければいけないのか?

・いじめはいっときのものではなく、その後の人生を変えるのでは?

・山口もえさん自身がいじめを乗り越えた上での意見ならまだわかる

ということですね。

山口もえさんいじめ発言についてのツイッターの声

やはり分母が違うということ

・41歳の山口もえからしたら3年は短いかもだけど、単純計算しただけでも15歳からしたらその3年は比重が比べ物にならないの分かんないのかな

・ザ!世界仰天ニュースの山口もえの発言、3/90年とか一瞬とか言うが
全く違うぞ。全く違う。

こっちからすりゃ3/18年だし下手すりゃ6/18年なんだよ
正直、そんな軽くねぇんだよ・・・体験者としてはな。

仰天ニュースで山口もえが「中学3年間いじめられてても人生90年分の3年だから頑張れると思う」的な話をしたってTLに流れてきたけど、40歳のおばさんが言っても響くわけないだろ
あなたにとっては40年生きた中のたった3年かもしれないけどその子たちにとってはたった15年の中の3年なんだよ、重さが違う

人生を変えてしまうということ

・仰天ニュースで山口もえが「中学3年間いじめられてても人生90年分の3年だから頑張れると思う」的なこと今言ってたけど、実際中学3年間ずっといじめられてた私からしたらたかが3年でも地獄だった。
26歳になった今でも地元には住めない地元から離れた地でしか働けないくらいに人生狂わされた3年だったよ

・山口もえが叩かれてたけどこれか
思春期に心に傷を負ったら人生変わることもあるんだよ
それでも母親かよってかんじですね

・芸能人は悪気ないのに大変だ
ただね、虐められっ子だった私から言わせて貰えれば、時間じゃないんだな。傷なの。三つ子の魂百までの様に、その一瞬と共に人生を歩んで行くことになるんだわ。傷を負った人間として成長し大人になるの。
経験しなきゃわからない。仕方ないよ

いじめって耐えて乗り越えないといけないの?

・今回の山口もえの件。ドラマやアニメなどの創作物を見てても分かるように、「いじめは乗り越えるもの」と美談っぽく考えている大人たちが少なからずいるようだけど、本来いじめは誰もが受ける必要のない人災だからな。

大事なことだから二度言います。いじめは受ける必要のない人災。

・山口もえが「いじめは人生においては一瞬」って言ってたけど、それは精神的に追い詰められるほどいじめを受けたことがない人だから言えることだと思う
いじめを乗り越えることを美化しないで頂きたい

いろいろありますが、大きく分けるとこのような感じでした。

やはりいじめられた当時者にとってはたった3年なんかではない、その後の人生を大きく変えてしまうんだ、そういう考え方がなかったのかな?という気がしますね。

それは、やはり少々つらいことはあったかもしれませんが、御本人に心に重い傷を負うほどひどくいじめられた経験がないからかもしれませんね。それは山口さんの罪ではありませんが、想像力は必要だったかも知れないですね。

山口もえさんの謝罪のコメントは?

山口もえさんは自身のブログで、言葉足らずで真意が伝わらなかったとした上で、

彼女のいじめられた三年間を
ほんの一瞬だと言いたかったわけでは決してありません。

辛い経験を乗り越えたのちに
その期間も長い人生の中で見るとほんの一瞬だったんだなと思えたら
心が少しでも楽になるのではないのかなと思っての発言でした。
ただ その瞬間を乗り切れる人ばかりではないと言う事をうまく伝える事が出来ませんでした。

傷ついた心はすぐには戻らないと思います。
辛い思い出も消えることはないのかもしれません。
だからこそほんの少しでも楽になってほしいと思い発言したつもりでした。

と仰っています。

言いたいことはわかりますけれどね…。確かに、今だけを見るとすべてが辛いことに思えるだろうけれど、先を見てみようよってことだとは思いますが。

人生はよくお天気にたとえられます。晴れている日ばかりではなくもちろん雨の日もありますね。しかし実際の人生はお天気と違って、雷雨の後いきなり青い空が広がるわけではありません。

たとえそうだとしても、いじめに遭うということは大雨でびしょ濡れになる、場合によっては落雷に遭うことで、その後がいくら晴天でも負ったダメージがどのような影響をもたらすかはわかりませんので。

また、「ただ その瞬間を乗り切れる人ばかりではないと言う事をうまく伝える事が出来ませんでした。」とありますが、やはり、乗り切らないといけないの?という疑問は残ります。

そういった意味で、真意が伝わったとしても、そういうことではないのかな?まだ少し伝えきれていないのでは?という気はします。

ただ、ネット社会になって、少し落ち度があったり、ミスがあったり、そこまででなくても気になる発言や行動があるとすぐ炎上する…ということについても問題では?とは思います。

Sponsored Link

まとめ

いじめはとてもデリケートで根深い問題です。

ですから発言には気遣いが必要ではありますが、炎上を怖れていては何も言えないというのもよくはないと思います。

ただ、一般の人々にもツイッターといった影響力のあるツールで発言できる機会があることも今の時代らしくいいことだなと感じます。

お互いに思いやりながら意見の交換ができるといいですね。

Sponsored Link
スポンサーリンク