吉澤ひとみドラレコ事故動画の値段はいくら?視聴者提供・投稿映像に謝礼はあるの?

スポンサーリンク

吉澤ひとみ容疑者の飲酒ひき逃げの事故、本人の供述があいまいなこともあって日々憶測が収まることがありません。中でも事故の一部始終を記録したドラレコの動画の提供者に高額の謝礼を支払われたのでは?との噂まで出ています。動画や写真の視聴者投稿や提供はもう報道に不可欠のものとなっていますがそれには謝礼ってあるのでしょうか?気になったのでメモしておきます。

Sponsored Link

吉澤ひとみのひき逃げ事故のドラレコ動画

もうすでに何度も見たかもしれませんが、この動画のおかげで吉澤容疑者の供述が嘘であったことが明らかになっているので、役には立っているのでしょう。

警察の調べに吉澤容疑者は、事故には気づいたものの「道路にたくさんの駐車車両があったので車を止められず、その場から去ってしまった」と釈明。自ら110番通報したのは事故の15分後だった。

 だが、映像を見る限り道路の左側車線に停車している車両は、ほとんどない。つまり停車するスペースは、ごまんとあった。そればかりか、次の信号で停車している最中、一部始終を目撃した男性が吉澤容疑者の車に追いつき、窓を叩いて事故を知らせたが、それを無視して発進。映像には、その様子まで克明に残されている。

 うそがバレた吉澤容疑者には批判が集中。事務所関係者も「まさか、こんなモノが流れるなんて…」と絶句するしかない。

元「モーニング娘。」吉澤ひとみ容疑者(33)の“ひき逃げ動画”を巡り、思わぬ騒動が - Yahoo!ニュース(東スポWeb)

でも本来これは警察だけが知っていればいいこと。なぜテレビで連日放送されて私たちも目にすることができるのでしょうか?

この動画を撮影したのは大手コンビニチェーンの配送の車のドラレコであるといいます。

それを当該車のドライバーが会社に無断でフライデーに売ったと言われています。

ワイドショー関係者は「あくまで業界内の噂だが…」と前置きした上で、次のように語る。

「あの“ドラレコ映像”には3桁の値がついたそうだ。ドライバーが得意げに自慢していたらしい。フライデーはそれを各局、番組ごとに、それ相応の値でレンタルしているとか。そうでもしないと元が取れないからね」

同ヤフーニュース

3桁、とは?このドラレコ事故動画に一体どのくらいの値段がついたのでしょうか?

搬送業者は会社に報告せずに、フライデーにドラレコ映像を勝手に売り飛ばしたという。気になるお値段は「一説には200万円以上。業者側がふっかけたといいます。フライデー側も価格交渉したようですが、それでも高値買い取りさせられたのは間違いありません」(スポーツ紙記者)という。

画像は、吉澤ひとみ モーニング娘。 テレカ  元「モーニング娘。」吉澤ひとみ容疑者の「嘘」を暴いた“ドラレコ映像”のお値段は――。今月6日に過失運転致傷と酒飲み運転、およびひき逃げの疑いで逮捕された吉澤容疑者。自ら110番通報したのは事故から15分後で、その間の行動は謎のまま。警察の調べに「道路にた…

なんとも、、凄いなあという感じです。

視聴者投稿や提供の写真や動画に謝礼はあるの?いくら?

よくニュースなどを見ていると「視聴者提供」と書かれた動画や写真が使われていることがあることに気が付きます。日本全国で日々起きる事件や事故の記録がありますので、貴重な映像であると思いますね。取材できない所やこれまでなら手に入らなかったり、私たちが見ることのなかったような場面があるので、時代の流れって凄いと思わざるを得ません。

でも、やはりこれもタダじゃないんだろうな~?いくらで売れるんだろう?なんて一度は思ったことはありませんか?

スクープ映像の投稿や提供はどうやってするの?方法は?

ちょっと気になったので調べてみると、視聴者提供や投稿については各マスコミに専用窓口が用意されています。さすがですね。

・日テレ投稿ボックス

・NHKスクープボックス

・TBSスクープボックス

・テレビ朝日みんながカメラマン

・FNNビデオポスト

などなど。一例ですが、各社サイトやアプリなどから投稿できるようになっています。視聴者が気軽に動画や写真を提供したり投稿できる体制が整えられています。

でもこれも昔からあったようではあります。これほど気軽ではなかったですけど。

提供動画や投稿写真の値段は?

どの局も提供者に対して「無償」を原則にしているが、実は金品がもらえるケースも。一方、わざわざ提供しても塩対応という局もあり、対応が分かれるようだ。

中略

「番組を録画したDVDを送ってほしいが、無理なら家人に録画を依頼するので、放送時間を教えてほしい」と伝えると、日テレ側からは「使用するかどうかわからない」という理由で拒否された。

スマートフォンの普及で、台風や豪雨、電車の火災まで、テレビ局のニュースでは視聴者からの映像提供が当たり前になっている。投稿だけでなく、各局ともTwitterにアップされた動画を巡回する“特捜班”を創設し、

もらえるケースも…ということは場合によってはないということですね。

提供時点ではオンエアされるかわからず、それによるといったこともあるのでしょう。

別の局の話では、オンエアされなかったけれど謝礼があったとも。

丁重なお礼とともに、オンエアを見送った旨の連絡もくれた。しかも「ささやかながら粗品をお送りさせていただきます」と、数日後にクオカード500円分が届いたというのだ。

同ライブドアニュース

また、これについてはこのようにも。

「対応はケースバイケース。映像のバリューによる」と明かすが、テレビ局にボランティアで映像提供する義理はない。スクープ映像を押さえたら、複数の局と交渉してみる価値はありそうだ。

同ライブドアニュース

言わないと貰えないのね…。

この交渉の結果が、今回の吉澤ひとみ事故動画の3桁の値段ということでしょうか…。

別件ですが、なかったという人もいます。やはりケース・バイ・ケースということなのでしょう。

視聴者提供・投稿動画や写真の謝礼が気になる?ツイッターの声

やはり気になりますよね…。

Sponsored Link

まとめ

みんながいつも携帯で動画や写真を撮れるので、どんなときもたいていは様子がよくわかる動画や写真が手に入りますね。証拠映像として貴重である反面、その利用にはモラルも大切になってきますね。

どんな動画・写真なのか、もはや商品となっているようで、その提供や投稿により謝礼があるかどうかは交渉しだい、ケース次第といったところであるようです。

お金をもらうことは悪いこと、とは思いませんがあまりに高額だったりするとちょっと複雑な気分にもなりますね。

しかし無償で利用しよう、というのも何だか違う気もします。

そのあたり、どう考えますか??

それでは^^

Sponsored Link
スポンサーリンク